*

げんかつぎ

公開日: : 日々他愛のないこと

昨日のブログを書いてて思ったのですが 
焙煎がアートなら 焙煎することはつまりアーティスト活動ではないですか
焙煎をする イコール アーティスト活動をする
なんか響きがかっちょいいなぁ と思いました
こんにちは 珈琲焙煎アーティスト 島規之です

実は 僕 気がついたのです
お店の目の前に 上宮天満宮の常夜灯があるのですが
最近 朝の掃除の時間のとき 水をかけたり
ついた鳥の糞など洗ったりしていると
いいことが起こる確率高いのです!
(お店が忙しくなったり とか・・・)

ということで いいことが続くように
何がしきれいにしていきたいと思います 笑

けっこう げんかついだりする人なんですよ 僕

焙煎はアートだ!
焙煎アーティスト 島 規之

中村の 月イチ コーヒー教室入門編
7月は25日 木曜日 午前10時より に開催です
定員は6名様 お一人様2000円 おみやげ付き

詳しくはコチラ
http://shima-coffee.jugem.jp/?eid=1351

島珈琲 フェイスブックページはこちら

http://www.facebook.com/shimacoffee2002

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

アー・ユー・ハッピー?

フェイスブックを見ていたら 矢沢永吉さんの アーユーハッピー という本の中の一節をピックアップしたも

記事を読む

no image

背中を向けたヒーロー

 昨夜 仕事が終り テレビを見ながらビールを飲んでいた チャンネルは教育テレビ オーケスト

記事を読む

no image

かぶったプラグ

 どーも燃焼しきれていない 気分としてはかぶったプラグのような感じだ あしたのジョーの台詞

記事を読む

no image

酒と泪と男と女

 テレビを見ないので 世間の話に相当疎く また自分の日記で世間の出来事をあんまり書きたくな

記事を読む

no image

ぼく

 言葉つかいというタイトルの記事を読んでいて 「僕」というのは 公の場では使ってはいけない

記事を読む

美味しいお店プロジェクト

  高槻市が新しくお店を出店する人のための応援制度 明日から応募で締め切りは5月25日まで

記事を読む

来週は加賀温泉駅へゴーゴー

最近 岡町本店へ 岡山や舞鶴など遠方からわざわざ お越し頂くお客様が多く とっても感無量でうれしい島

記事を読む

no image

やりました?

 日記のタイトル やけました? やせました? ときて 次の日記のタイトルは 「やりました?

記事を読む

作る時の気持ちって大事

美味しく作る、最強のコツはそのことを楽しむこと。 美味しくなれ、と愛情を込めること。 &nb

記事を読む

落ち葉のじゅうたん あざやかに

僕が高槻店の場所をここに決めたのはいくつかの理由がある高槻駅近で払えていけるだろう 家賃だったこと(

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒーを濃い味か薄味にドリップする、基本的な方法

ご存じでしたか、カフェインは水(お湯)の温度が高いと溶けるけども、温度

グァテマラコーヒー 新しい銘柄にチェンジしました!

昨日は出来るだけ早く帰ろうと思っていましたが、なんやかんやと仕事がかさ

1日に焙煎している量はどれくらいですか?

今週は月末、スケジュール的には余裕があるつもりで居たのですが、実はそう

お店をするのに大切なことは何?

久々に飲み過ぎました。 昨晩、飲み会がありました。  

島珈琲のコーヒーが飲めるカフェ 芦屋編 ~ブックカフェ三日月と太陽~

先日、お休みを利用して芦屋に行って来ました。 芦屋には僕の友達が経営

→もっと見る

PAGE TOP ↑