*

この焙煎機、おいくら万円?

プロローグ

島珈琲の様にその場でコーヒー焙煎をしているお店を自家焙煎とか、ロースターとか、そんな風に呼ばれています。
お店に「デンっ!」と焙煎機が置かれていると存在感があり、お客様にその焙煎のフレッシュ感が伝わっているので、僕はお店のバックヤードに設置せず、店内の見える所に岡町本店も高槻店も設置しています。

 

従って、よく「これ、おいくら万円するの?」と聞かれます。

 

今日は焙煎機が、おいくら万円なのか?についてお話をしたいと思います。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

岡町本店と高槻店

島珈琲は2台の焙煎機を保有しています。
それぞれ日本のメーカーで国産です。
実は本店が4代目、高槻店が5代目と、先に3台の焙煎機を買いかえた後に今があります。

 

今の焙煎機は一回の焙煎で最大4キロのコーヒー生豆を焙煎できるタイプです。
初代は500g、2代目は1キロ、3代目は同じ4キロ、そして4代目、5代目が4キロです。
実際市場では、5キロタイプと呼ばれているものです。

 

さてお値段です。
岡町本店はアフターバーナーという消煙機を設置しています。
住宅街にあるので、ご近所迷惑にならないように煙を一度焼いてから、煙突で排気します。
コーヒーの煙も結構すごいんですよ。

これがアフターバーナーです。

IMG_0292

 

まずこの消煙機アフターバーナーが、なんと130万円くらい、そして今の4代目の焙煎機が220万円です。

これが岡町本店の焙煎機です。

IMG_0294

 

高槻店の焙煎機はノーマルのものに加えかなりの改良が加えられています。
火力アップ、排気力アップ、などなどかなり高性能な仕上がりで、この仕様は国内でたぶん今のところ島珈琲高槻店だけだろうと思います。
ちなみに岡町本店の焙煎機はメーカーは同じですが、互いに仕様が異なるタイプになります。

 

高槻店の焙煎機は展示の新古品で、240万円くらいだったと思います。

こっちが高槻店の焙煎機です、ボディの色が違うでしょ。

IMG_0295

 

そこに!

焙煎機には煙突が必要です。
本店は2階建て、高槻店は3階建て、その建物の高さまで煙突が必要で、煙突の高さが違うと設置料が違ってくるわけなんです。
高槻店は設置で30万円くらいかかったはずです。

 

はい、合計は皆さんでしてくださいね。
ちなみに僕、銀行の返済はまだまだ続いています。笑

 

エピローグ

結構するでしょう。
機械自体の構造は単純なのですが、そこにいろんなノウハウが詰まっています。

 

この焙煎機を買うには覚悟が必要です。
これで、この機械で沢山の笑顔を作るんだ、という覚悟です。
僕はこの機械でコーヒー豆を作っているのではなく、皆さんへ笑顔の種、心が豊かになる種を作っているのですね。

 

もっともっと沢山の笑顔を作れたら、機械の値打ちは、値打ち以上になる、そう信じて毎日焙煎頑張っています。

 

今日は焙煎機おいくら万円の話でしたー。

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンド 島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

ドリッパーは陶器製か プラスチック製か どっちがいいの?

さて 今日はペーパードリップにおいて使われるドリッパー 紙を敷いて濾すあの道具ですね それが陶器製の

記事を読む

ドリップも焙煎もする人が変われば、味は変わる

プロローグ 昨日のツイッターで何気なく思いつき、何気なくツィートしたこと、とても反応がよかったんで

記事を読む

10年前より仕入れのコーヒー豆が2倍高くなった、この先をふと未来を思ってみる

超アナログの僕です、こんにちは焙煎アーティスト 島規之です。   今朝、僕のパ

記事を読む

しまこーひーのフレンチプレス大全

プロローグ 島珈琲のお客様が、先日「フレンチプレスにはまったー!」といろいろご相談を受けましたので

記事を読む

コーヒー豆はぱくぱく食べられるのか?

プロローグ 今日は岡町本店からこんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。 岡町本店はコーヒー

記事を読む

昨夜の「アイスコーヒー塾」大盛況でした!そこで得たヒントから新たなメニューを増やそう!

プロローグ 昨晩は今年2回目のアイスコーヒー塾っを開催しました。アイスコーヒー教室と言った方が伝わ

記事を読む

焙煎と技術

 僕が思うに焙煎の技術とは マシンを知ること 原料を知ること が非常に大事ですが 一番大事

記事を読む

ペーパーを濡らしてドリップするときに気をつけたいこと

プロローグ ペーパードリップの際、ペーパーを濡らす理由は以前に書きました。 そのブログはこちらで

記事を読む

業務用卸

 島珈琲は家庭用のコーヒー豆のはかり売り 挽き売りだけでなく ショップで使われるコーヒーも

記事を読む

同じコーヒー豆でもコーヒーミルによって味が変わるという摩訶不思議

コーヒーの醍醐味の一つ、コーヒー豆を粉にする。   御家庭でコーヒーを淹れる場

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘

→もっと見る

PAGE TOP ↑