*

ハンドドリップが初めて!これを知っておくと良い事

プロローグ

ハンドドリップを上手にするには、テクニックがいります。
これもコーヒーを難しくしている一つだと思っています。

 

コーヒーは原料・焙煎・挽き方・保存・淹れ方で味わいが変わってきます。
「私、上手にドリップ出来へんから、コーヒー美味しくないねん、ごめんなぁ」と言う様な会話を良く聞きますが、僕から言わしてもらうとコーヒー焙煎する原料と焙煎、鮮度、ここまでで大半の美味しさが決定しています。

 

約8割でしょうか。
ですから安心してください、淹れ方でびっくりするほど味が変わる事はありませんから。
例えが乱暴ですが、淹れ方でラーメンが焼きそばに変わるような、そんな味の変化はありません。
気を楽にしていきましょう。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

初めてのハンドドリップの場合

テクニックを向上させるには練習するか、回数を重ねるしかありません。
上手くなるにはやっぱり回数が必要です。

 

でも知っているとそのスピードが違ってくる事はあります。
まず1つめ、1杯分を淹れるより、2杯分から初めてください。

 

初めての場合、1杯分で淹れるより2杯分でする方が良い理由は、1杯分は慣れない間はブレやすく、2杯分はブレにくいからです。
まず、2杯分の方が当然、粉の量が多いのでお湯を注ぐ時、的が大きくなります。

 

的が大きいと注ぎやすいです。

次に1杯分よりコーヒーの粉の層が厚い、高さがあると言えばいいでしょうか。
層が厚いという事は、お湯がコーヒーの粉を通る時間が長い、ということになりコーヒーの成分を良く抽出してくれます。

 

逆に1杯分ですとコーヒーの層が2杯分と比べ薄くなるので、十分にコーヒーの成分を抽出しようとすると技術が必要になります。
そこそこ上手くなるまでは2杯分でした方が、上達が早いと僕は考えます。

 

ただ経済的にはどうか、ですけどね。笑

 

ポットを高く上げすぎない

人によって違いますが、僕はそう思ってます。
ポットを高い位置にして、お湯を注ぐと湯の線がねじれます。
コーヒーの粉にそっと置くような感じでドリップするのが、僕の理想なのでねじれたお湯ですると、かき混ぜる様な感じになります。

IMG_0235
写真 ポットの先から湯がでている時は湯の線はまっすぐですね。

IMG_0237

 

ちょっと見にくいですが、下の方がねじれているのがおわかりでしょうか?
この部分を粉の面に当てないようにしてください。
そうならない高さを見つけてくださいね。

お湯の「ねじれ」がでない高さまでで、ドリップするのが理想です。

 

エピローグ

初めての方は、この2つの事、2杯分からとねじれない高さを意識してドリップしてくださいね。
合わせてこちらのブログも読んでもらえると、更に分かるかと思います。

 

ドリップコーヒーを美味しく安定していれる7つのコツ
http://blog1.shima-coffee.com/?p=11340

 

参考になれば嬉しいです。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンド 島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド
師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ホットコーヒーの豆(粉)を買ってきました アイスコーヒーにも使えるの?

高槻は久々の晴天となりました。   しばらく雨が続いていたので、今週から幼稚園

記事を読む

参考にしてみて、ドリップするときの小技集

プロローグ 基本、プロというのは手の抜くところを知っているものだと思います。  

記事を読む

コーヒーを淹れる時、濃さの調節はどうしたらいい?

寒くなるとホットコーヒーがグッと美味しく感じますね。 身も心も温まりますね。  

記事を読む

ドリップするときのお湯の細さ、太いとダメなの?

昨日は娘の幼稚園で夏祭りが開催された様子。 奥さまも準備の段階から手伝い、昨日が本番。 &n

記事を読む

ペーパードリップの時、プクッーと粉が膨らむのはテクニックでできる事なのか

プロローグ ペーパードリップはほんとにいろいろな事があって面白いですよね。 世界のコーヒー文化を

記事を読む

ドリップするとき、お湯をポタポタ点滴のように落とすとどうなるか?

プロローグ 前回の続きのような記事になりますね。 コーヒーをドリップするときにお湯を細めの線のよ

記事を読む

これやっちゃだめ!ペーパードリップで気をつけること

プロローグ 昨夜は高槻店の焙煎機を掃除しました。 掃除といっても外側をゴシゴシ磨くのではなく、内

記事を読む

ドリップの時にプックーと膨れるのは、技術ではないというお話

昨日はMBSの番組の取材がありました。   catch!!という45秒の番組で

記事を読む

アイスコーヒーはなぜ深焙煎のコーヒーを使うのか?

プロローグ アイスコーヒーはなぜテカテカに光る深焙煎の苦めのコーヒー豆がいいのか? 深焙煎でない

記事を読む

溶けた氷の水で薄まらないアイスコーヒーを作るのは、どうしたらよいか?

さて、大阪は暑く、夏の入り口にさしかかったそんな気候が続いています。 朝晩は比較的過ごしやすい気温

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
あの芸能人の、あのコーヒーが再販決定しました!

あっというまのことで、息をつく間がなかったというか、再販するかどうかの

ブレンドコーヒーはいつも同じ味になるのですか?

あの芸能人の、あのコーヒーが再販されるかも?  

コーヒー豆を贈り物にするときに僕が気をつかっていること

どうでもいいことですが、今週から休肝デーを設けることにしました。 実

ドリップする時に端までお湯をかけるのをオススメしない理由

さて、昨日こんなツィートをすると沢山の方が見てくださりました。

今更ですが、水だしコーヒーポットの美味しい作り方を調べます

昨日は休日でして、家族で市民プールに行ってきました。 9時半から12

→もっと見る

PAGE TOP ↑