*

ぐわっと

公開日: : 日々他愛のないこと

書きたいことがあると ぐわっと書きたい文が津波のように
頭の中をどどっーんと押し寄せてくるが
ない時は 川のせせらぎのように
ただただ頭の中にのどかな音がさらさら~と流れる音がしているだけである
写真を効果的に使ってブログを書けばいいのですが
どちらかというと文主体のブログになり
たぶん写真を使うことがあまり得意でないようだ
昨晩 何気なく 徳川家康の人生訓を読んでいた
今 日経新聞の夕刊で家康伝が連載されているので
ちょと僕の中では 家康ブーム


人の一生は重荷を負(おひ)て遠き道をゆくが如し いそぐべからず
不自由を常とおもへば不足なし
こころに望(のぞみ)おこらば困窮したる時を思ひ出すべし 
堪忍は無事長久の基(もと) いかりは敵とおもへ
勝事(かつこと)ばかり知(しり)て まくる事をしらざれば害其身にいたる
おのれを責(せめ)て人をせむるな
及ばざるは過たるよりまされり


少し違うかもしれないけど
僕は般若心経の教え
「足るを知る」ということと同じだなぁと思った
過ぎたるはなお及ばざるがごとし
今足りていることをしり 今を謙虚に生きようと
この文を読むといつも思います 
明日15日祝日は高槻店営業致します!
営業時間は通常となります
では明日は高槻店でお会いしましょう!
焙煎はアートだ!
焙煎アーティスト 島 規之
中村の 月イチ コーヒー教室入門編
7月は25日 木曜日 午前10時より に開催です
定員は6名様 お一人様2000円 おみやげ付き
詳しくはコチラ
http://shima-coffee.jugem.jp/?eid=1351
島珈琲 フェイスブックページはこちら
http://www.facebook.com/shimacoffee2002

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

真の富の尺度

 生きるとは何か 幸せとは何か僕はそんな哲学なことを考えるのが好きです僕の思う幸せとは金品

記事を読む

今日も笑顔で

僕の仕事の流れは 早いときは6時半くらいからお店に来て オープン前の準備しながら焙煎 焙煎が終わる

記事を読む

no image

口コミ

 口コミは変幻自在 というか 原型がなくなっている時があるから 良くも悪くも だけど おも

記事を読む

反省

口はひとつで耳がふたつあるのはなぜか? 喋るよりも2倍 多くの人たちの話を聞きなさい と神様の配慮だ

記事を読む

休日は図書館へ

 図書館に行くつもりがなかったんだけども 図書館の前を通ったときに吸い込まれるように入って

記事を読む

三方ヶ原の戦い

日経新聞の夕刊に 徳川家康の時代小説が連載されている毎日これを読むのを楽しみにしていて夕刊配達のおっ

記事を読む

no image

スーパーマリオブラザーズ

 最近 ラジオでよく流れているんですが サルサのリズムで スーパーマリオブラザーズの音楽を

記事を読む

考えること

たくさんありすぎて 時々あたまがこんがらってしまうのですが 来週は月曜日 自身のお休みを頂きまして 

記事を読む

インプット♪ アウトプット♪

昔 所ジョージさんが インプット アウトプット と 歌っていた何かの宣伝があったのですが 何だったか

記事を読む

楽しみ

 高槻での私生活も半年が経ち だいぶん慣れてきたこの頃 ビールの自動販売機も見つけ 仕事場

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ただ ただ 感謝 ただ ただ ありがとう

    おかげ様で 島珈琲は開

中煎りと深煎りのコーヒー豆 どっちが人気があるの?

昨日は休日でしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボしているカフェBe

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェ

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。 &n

島さんは、コーヒーの味わいはどこで決まると思ってますか?

今日は娘の保育園の卒園式です。 その後は、奥さんが娘と一緒に幼稚園の

→もっと見る

PAGE TOP ↑