*

ブログ祭り

公開日: : お知らせ

いきなり夏がはじまった そんな暑いさすような日ざしが
そう言わさずにおられない 7月のはじめですが
ご機嫌いかがでしょうか?

夏といえば 祭り 祭りといえば
島珈琲 ブログ祭り わっしょい!

ということで 以前から思っていました
カフェBeのスタッフブログをスタートすることになりました

スタッフがかわりばんこに書いていきます
当然 僕が現場に入っているときは
僕も書きます

昨日は障がい者支援施設ぷれいすBeに通所し
カフェで就労支援B型で働く Kさんの仕事ぶりを
ブログに書かせてもらいました

こういった記事やランチの写真など
カフェBeのちょっといいとこを ふらっと書いて
いきたいと思います

よろしくお願いしまーす!

カフェBeのブログはコチラ http://cafe-be.jugem.jp/

焙煎はアートだ!

焙煎アーティスト 島 規之

中村の 月イチ コーヒー教室入門編
7月は25日 木曜日 午前10時より に開催です
定員は6名様 お一人様2000円 おみやげ付き

詳しくはコチラ
http://shima-coffee.jugem.jp/?eid=1351

島珈琲 フェイスブックページはこちら

http://www.facebook.com/shimacoffee2002

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

11’ 4/23 ありがとう祭りだよ! vol1

  ということで 今日から2週間近くにわたり  4月23日に行われるイベント ありがとう祭

記事を読む

忘れていた・・・

 わけでもなかったのだが その日程だけぴよーんと飛んでいた そうです 11月3日はセミナー

記事を読む

テラス席~♪

 豚インフルエンザに負けずに営業しております!カフェBeは! もうじきに島珈琲の公式HPに

記事を読む

凱旋!島珈琲のコーヒーセミナーは、こんな感じでした!

プロローグ 昨日は高槻・上牧にある二十四節記さんの中にあるイタリアンレストラン リストランテ・コン

記事を読む

comecomeはにコット

  4月21日に高槻今城古墳で イベントがあります その名も comecomeはにコット

記事を読む

no image

はじめまして しまこーひーです!

はじめまして こんにちは♪ 島珈琲 プロ焙煎士 島 規之 このたび新しくホームページをリニューアルし

記事を読む

no image

原地区へ行こう!

 明日は カフェBeを島はお休みさせて頂きます が、お店は営業していますのでご安心を 営業

記事を読む

no image

朝一で朝市だよ!

 土曜日の朝一はカフェBeの朝市で よろしくおねがいしまこーひー 最近 「顔が怖い」と言わ

記事を読む

で アップしました

  担当のYさんが 早速データを送ってくれたので アップしました セミナーの講師 はたして

記事を読む

気をつけて!2月18日(日)は岡町本店2月の最終営業日です!

2月25日の日曜日は高槻店の前の道路が歩行者天国となり、露店がずらりと並びます。 そうです、1年に

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
たった10グラムの感動

幼い頃、母がよく映画に連れってくれました。 記憶が正しかったら、見た

料理は心やで

昨晩は中学時代の友達とご飯を一緒にしました。  

アイスコーヒーに向くコーヒー、向かないコーヒー

昨晩は仕事で遅めの帰宅。 僕以外の家族はご飯が終わり、一人で晩酌をし

障がいのある方から学びを得る

障がいのある方と関わり、こうしたところで何かを記事にする時にいちいち「

焙煎技術を高め、味わいを良くしたの方法は実は○○だった

なんとなくこいうタイトルを付けるのは嫌なんです。 なんか思わせぶりで

→もっと見る

PAGE TOP ↑