*

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~自分のお商売の敷居を決める~

公開日: : カフェオープンに参考になる話

プロローグ

先日、ツィートした投稿です。

僕なりですが、良い反応を頂けました。

 


 

お商売における自分の敷居を決める。
お商売を始めた時はその敷居というのがどんなものなのか、どんな高さなのか手探り状態でもありましたが、今までは言葉で表現できなかったけど、今ではちゃんと言葉で表現できるようになりました。

 

今回はそんなことを綴りたいと思います。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

IMG_4226

 

自分の敷居とは

お客様が気持ち良くなって、気持ち良く帰ってもらい、その上で「ありがとう」という言葉が貰えたら、僕はお商売をする環境でそれは最高の環境だと思っています。

 

このシリーズの前の記事に書きましたが、万人にうけるというのは難しい事ですし、万人にうけようと思えば自分の個性を殺さないと受け入れられない場合の事の方が多々あると思います。

 

例えば、島珈琲はコーヒー豆の販売をメインにしていますが、コーヒー豆なんて正直、今の世の中どこででも買えますよね。
スーパーでもネットでも。

 

岡町本店なんかは、日曜日だけの営業です。
週一回だけの営業に関わらず、多くの人がコーヒー豆だけを買いにわざわざ御来店してくださります。
ほんとうに心から感謝しています。

 

食の仕事で、食を販売する事ではもう「美味しい」というのは当たり前の事です。
美味しい以外に何があるのか、たぶんそこに僕の個性と言うものがあり、スーパーやネットではない何かがあるからだろうと思います。
自分の事なので僕もまだあまりわかっておらず、まだまだ勉強ですが、何か理由があるからお客様は御来店してくださるのです。(涙が出るほど感謝してます。)

 

妥協するところと妥協しないところを見極める

自分の敷居というのは、結局、お客様からのご依頼で出来ないことは出来ないと断る、そこではないのかと思うのです。

 

出来ない事を出来ると言ったばかりに、結局お客様の期待に応えられず、お客様を失望させる。
またはお客様がして欲しい事でも、自分の本意では無い事。

 

これが自分の敷居を決める2つの事なんだと思います。
時に妥協する事も必要ですし、妥協しない敷居の高さを守る事も必要があるので、そこを見極めないといけませんが、そこはたぶん歩きながらじゃないとわからない事だと経験上思っています。

 

エピローグ

どれだけの事を提供する事なのかを考えた上で決める。
そしてそれ以上を考えて行動する、をプラスする事が付加価値になるんだと思います。

 

この付加価値に対して「ありがとう」と言ってくれるお客様と楽しくお商売ができたら良いと僕は思っています。
自分が楽しいと思うから、楽しいが伝わる。

 

だから楽しいと思える人と、一緒にお商売をして行く、そんな感じで良いと僕は思っています。
それがお客様にとってもお店にとっても、とても良い関係性を作ることができて、結果良いお店に育っていくのかな、と思います。

 

僕の、島珈琲の敷居はお客様とお店が「楽しく、笑顔のある関係」たぶん、今はこれだと思っています。
あなたの敷居はどんなものにしたいですか?

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

お店が閑古鳥の時、僕はどんなことを考えているのか

お商売を長くしていると、季節によって流れがあるのを知り、この月は繁忙期になる、この月は閑散期になると

記事を読む

そんな簡単なこと?僕が個人経営のお店でこれ大切!と思っていること

僕勘違いしていて、高槻店は6年目だと思っていたら、今は5年目でした。 次の11月21日で高槻店は5

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~お店の立地~

プロローグ 年に何回か、将来カフェをやりたいと相談を受けます。 重なるときは重なるようで、ここ数

記事を読む

職人とSNSと仕事と

先日、東大阪からわざわざ高槻店に、パティスリーモンガトウのシェフ「とーるさん」こと長尾徹シェフが来て

記事を読む

カフェ・コーヒー店、お店を出すのに、いくらくらいの予算がかかったの?

先日は中学時代の友だち、今日は高校時代の友だちがお店に来てくれて、なんかむちゃむちゃ嬉しい僕です。

記事を読む

カフェオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~関係性つくり編~

プロローグ 土曜日は妄想ブログ、コーヒー戦国時代劇。日曜日はアドバイスブログと最近パターンをつくり

記事を読む

どうして僕はコーヒー「豆屋」を選んだのか

日曜日は豊中・岡町本店での営業です。 こちらのお店は毎週日曜日だけの営業でコーヒー豆の販売のみ。

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス ~経営や技術と同じくらい大事な1つのこと~

プロローグ 自営業を初めてから、一つよく分かったことがあります。 基本、全ては自分でやらなければ

記事を読む

なぜ コーヒー豆屋に「喫茶スペース」を設けたのか

先週日曜日のブログで高槻店になぜ喫茶スペースを設けたか、これを覚えていたら書きますね、と書きまして、

記事を読む

やっぱり「好き」が大事のお話

日曜日は岡町本店での営業日です。 高槻店は火曜日から土曜日が営業で、日曜日・月曜日が定休日。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
僕は珈琲のプロですが、最近家でプロペラミルを使って粉にしています

って、タイトルを書くといかにも僕がしているような感じですが、奥さんです

コーヒー豆・粉を保存するのに気をつけたいこと

昨日は娘の幼稚園が代休で、1日お休みに。   日

障がい者支援施設とコラボカフェ カフェBeってどんなカフェ?

カフェBeを運営する社会福祉法人 北摂杉の子会さんから、このカフェを手

いつもの豆が切れた!プロはどんなふうに同じ味わいを作るのか

コーヒー豆はご存じの通り、植物のタネです。  

島珈琲のネット通販でクレジット・コンビニ決済ができるようになりました!

通販に力が入り出したのは、2年程前から。   そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑