*

コーヒーを粉にして1年間冷凍保存したものをドリップした結果

プロローグ

島珈琲では、お客様が家で飲む為のコーヒー豆をご購入の際、都度計り、都度お聞きして粉にしています。
ですので、豆か粉にするかは間違えないために、必ず確認をします。

 

でもたまに豆でお渡ししないといけないのに、うっかり粉にしてしまうこともあります、だって人間だもの。
その時は、どうしようもないのでお店で飲む自分用のコーヒーになるのですが、それをそのまま冷凍庫にいれてしまう時もあります。

 

なぜか。
冷凍庫にいれて保存方法を聞かれた時、コーヒーの粉は冷凍保存してくださいねー、とお話し、その冷凍庫に保存しているコーヒーを実際に持ってもらい、コーヒーの粉がカチカチに固まらない事実を知ってもらう為です。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。
IMG_9502

 

そうして冷凍庫に入れて置いたコーヒーの粉が・・・

1年保存しているもの、と、2年くらい保存しているものがあります。
今回は1年冷凍保存したものを飲んでみようという企画です。

 

焙煎はもちろん僕、焙煎アーティスト島規之が行ったものです。
1年ものはマンデリン、しかも封を切ってくるくると開け口を丸めてクリップを止めただけです。

では実際にドリップして飲んでみましょう。

 

まずは香りから

袋のクリップを外し、鼻を近づけて鼻から大きく息を吸い込む。
はい、香りはやっぱり飛んでますね。
この香りだと、味わいは期待できないなぁと思いつつ、ドリッパーをカップの上に置き、ペーパーをセットして
粉を10グラム、コーヒーの粉は冷凍保存していても固まりませんので、常温に戻さずにそのままドリップをはじめてください。

IMG_9503

 

いざドリップ。
IMG_9506
全然粉は膨らみません。
力を感じません。

そしていつも通り完了させました。
ちなみに焙煎してすぐのコーヒー豆を挽いてドリップすれば、これくらい膨らみます。

IMG_8037

 

お味の方はいかに!

 

感想はなんと美味しかったです!
但し、カップから立ち上がる香りは弱く、味わい自体も力を感じませんでした。
手前味噌ですが、焙煎でコーヒー豆にちゃんと火を通せているので持ちが良く、雑味もなく、すっきりした味わいで、香りが弱いのと味わいに力がちょっとないくらいで、たぶん普通に奥様にだしても違和感なく飲んでくれる程度の劣化でした。

 

エピローグ

だからといって、そうして下さいとは口が裂けても言えません。
やっぱり僕が情込めて焙煎したので、味わいがしっかりしているうちに飲んでもらいたいのが、焙煎アーティスト島規之としての親心です。

 

コーヒー豆を粉にしたら、できれば3ヶ月くらいで、もちろん冷凍保存した上でお飲み頂けたら嬉しいです。

今度、機会があれば、2年冷凍保存したコーヒーをドリップして報告したいと思います。
お楽しみに。

 

今回、冷凍保存したコーヒーは、マンデリンでした。
フルーティな感じの味わいも持っており、異国情緒溢れる味わいです。
僕はこのコーヒーを飲むとお部屋の中で旅しているような気分になります。
マンデリンはこちらから。通信販売もしております。

http://www.shima-coffee.com/drs-0002/

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

こちら100万円のコーヒーミル。粉で買うか、豆で買うか、どっちが良いの?

プロローグ さて今回も質問コーナーです。 いやぁ助かります!笑 ブログネタに困りませんからね、

記事を読む

粉の量をいつもと同じで濃い味を作るドリップ方法

プロローグ 今日は1月2日、明日は1月3日日曜日ですが、岡町本店はお休みしまして高槻店を営業します

記事を読む

マグカップに直接ドリップして美味しく飲むコツ

今4歳の娘がいるのですが、最近なんというか気遣いができるようになってきたのですね。 「今これしたら

記事を読む

儲かるから?なぜ僕は喫茶店ではなくコーヒー豆屋を選んだのか

プロローグ 日曜日は、日曜日だけが営業のお店、岡町本店で営業です。 こちらのお店はコーヒー豆の量

記事を読む

知らなかった コーヒー豆にもグレードがあったのか!

プロローグ コーヒー豆には各国の格付けがありまして、それがコーヒー豆の大きさだったり、採れた場所の

記事を読む

そもそもコーヒー焙煎とは、なんなのか?

プロローグ つまりコーヒー焙煎とは、男の浪漫 なんちって。 こんにちは 焙煎アーティスト 島規之

記事を読む

店舗デザイン

  ありがとうございます 皆様からたくさんのお祝いのお言葉を頂きまして 感謝感謝です さて

記事を読む

家でコーヒーを楽しむとき、ミルクは何を使うべきか?

プロローグ 昨日、奥さんが用意したアイスコーヒーが美味しかったー。こんにちは 焙煎アーティスト島規

記事を読む

なぜコーヒー豆は購入する都度に挽くのか?

プロローグ コーヒー屋、コーヒー専門店にとって基本中の基本であり、その都度挽かないってどうなん?と

記事を読む

季節の変わり目に選びたいコーヒー豆

プロローグ 僕は大阪の高槻で生活をしております。 大阪と京都のちょうど真ん中くらいの位置で、都会

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
マグカップに直接ドリップして美味しく飲むコツ

今4歳の娘がいるのですが、最近なんというか気遣いができるようになってき

ただ ただ 感謝 ただ ただ ありがとう

    おかげ様で 島珈琲は開

中煎りと深煎りのコーヒー豆 どっちが人気があるの?

昨日は休日でしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボしているカフェBe

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェ

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。 &n

→もっと見る

PAGE TOP ↑