*

ハンドドリップの途中で、お湯が入っている粉をまぜまぜした結果

プロローグ

ペーパードリップをする時、コーヒーポットを使いドリッパーの上に濾紙であるペーパーを敷き、分量の粉を置く。
1湯目は、蒸らしと呼ばれる作業。「の」の字を描く様に粉の上にお湯をそっと置くような感じで注湯し、粉全体を湿らせるくらいのわずかなお湯を染み渡らせます。

IMG_9374

 

そうして約30秒ほど置いておきます。これはコーヒーを抽出するにあたっての準備体操。
繊維質を含ませ、よいエキスを出すためです。

 

そこからまた何回かにわけて「の」の字を描く様、そして螺旋状のなるように注湯し、一定量がくればそれを止めドリッパーを外して終了となります。

IMG_9376

 

これが一般的なやり方なんですが、その途中、粉にお湯が入っている状態の時、それをスプーンで混ぜたら一体どんな味になるのか、やってみました。

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

混ぜる発想はどこから来たのか?

サイフォンのやり方を見ていると、下のフラスコのお湯が上に上がりコーヒーの粉とお湯が合わさった時、頃合いを見計らってトンボと呼ばれる棒で混ぜます。

じゃあ、ペーパードリップでそれをやるとどうなるんだろう?
そう思ったのがきっかけでした。

 

で、やってみました。

蒸らしと呼ばれるところまでは、一般的と言われるハンドドリップと同じようにし、そこから今回のテーマ「混ぜる」を実行しました。

 

どんな味になったのか?

今回は初めての試みでしたので、コーヒーの粉18グラムで2杯分のドリップをコーノ円錐式1~4人用の大きめの器具を使い、混ぜやすい環境をつくりやってみました。

IMG_9388

 

蒸らしが終わり、1湯目「の」の字を書くように、注湯して良い加減にお湯が溜まったところで、スプーンで混ぜる!

IMG_9377

更に2湯目、お湯が溜まれば混ぜる!

IMG_9382

 

そして3湯目、更に混ぜる!

で、240ccくらいで今回は止めまして、味見しました。

 

お味はというと、普通に美味しく出来上がりました。
ハンドドリップして飲むのと比べ、少しだけ薄くなったように思いましたが、問題の無いレベルです。

これによって分かったことがありました。

 

エピローグ

これを突き詰めて行けば、難しいと思われているテクニックがいらないのじゃないか、そう思ったのです。
つまりですね、お湯を優しくジャーッと入れて、粉がお湯に浸ったらスプーンで混ぜる、これを3回繰り返せば美味しいコーヒーが出来上がる、簡単じゃないですか。

 

今回は実験だったので、次回はもうちょっと突っ込んで研究してみたいと思います。
今、繁忙期なので、いつやるかはわかりませんが、お楽しみに!

 

今回はマイルドのブラジルコーヒーで試しました。
あっさりして飲みやすい、甘めのコーヒーです。
通販はこちらです。

 

http://www.shima-coffee.com/mrs-0001/
いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

イチバーン簡単なコーヒー器具、淹れ方はこれ

さて、あの芸能人 短パン社長 奥ノ谷圭祐さん監修 TANPANCOFFEEがいよいよ発送されました。

記事を読む

お店によって違う、細挽き・中挽き・粗挽き

プロローグ コーヒーが難しいと思われる理由の一つ、定まった基準がないことが挙げられると思います。

記事を読む

究めるコーヒー道!コーヒーを淹れるお湯の温度は何℃が良いのか。

プロローグ 仕事も大事ですが、最近は娘と遊ぶ時間をどう捻出するか、が僕の大きな課題になっています。

記事を読む

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。   というのも島珈

記事を読む

カッピングスプーン

                                             カッピング

記事を読む

昨夜の「アイスコーヒー塾」大盛況でした!そこで得たヒントから新たなメニューを増やそう!

プロローグ 昨晩は今年2回目のアイスコーヒー塾っを開催しました。アイスコーヒー教室と言った方が伝わ

記事を読む

コーヒー豆(粉)を保存するときに気をつけたいこと

プロローグ コーヒー豆の保存のことはコーヒーの質問において、僕の経験上で最も多い質問です。

記事を読む

おまたせいたしました

島珈琲オリジナル コーヒーシロップ 無糖タイプ 明日早朝 此花区にある工場へ 生豆48キロ相当のコー

記事を読む

ブログを書き続けることは 何かメリットあるのか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 嫁さんとカフェをしながら表

記事を読む

コーヒーを愉しむ為に必要な2つのこと

プロローグ 僕は「続ける」ということが苦手でした。 えっ?と思われる方もいるかと思いますが、ほん

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑