*

コーヒーメーカーで美味しくコーヒーを淹れるためのポイント

プロローグ

今回はコーヒーメーカーについて書いてみようと思います。

お店ではコーヒーを淹れるのに、ほとんどペーパードリップでしている僕ですが、家ではコーヒーメーカーを使ってコーヒーを淹れています。

 

コーヒーメーカー便利ですよね。ペーパーを敷いて粉をセットして、お水を入れてスイッチオン。
と言っても、家では全部、奥様がやってくれているのですが・・・あはは。

 

さてそこで、家でコーヒーメーカーを使っている方も多いと思いますので、美味しく淹れるためのポイントを書いてみます。

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

IMG_9358

 

ちょっとしたことです

これをする事によって劇的に味わいが変わる事はありません。でも、知っとくと良いかなぁと思うものをピックアップしますね。

 

コーヒーメーカーはだいたい一般家庭では4~5杯分のモノが多く使われていると思います。
5杯用の場合、1杯分140mlほどをコーヒーメーカーで淹れると、その力を十分に発揮できないことがあります。
ですので、1回で2杯以上を淹れることがオススメです。

 

1杯コーヒーの粉10グラムで1杯分だけをコーヒーメーカーで淹れると、味わいが薄くなることが多いです。
お一人で飲む分を作る場合、マグカップ一杯飲むつもりで、できれば2杯以上から使うのをオススメします。

 

ペーパーをセットする時、角をつぶす。
そうするとペーパーがしっかりとフィットするので、ペーパーの役目をキチンと果たしてくれます。写真のように横の部分を折、底の部分を折って、その出来た角の部分を指でちょっと押しつぶすような感じです。

IMG_9361

 

サーバー(受けポット)をあらかじめ温めて置く。
ガラスや魔法瓶タイプの受けサーバーがありますが、もしできればティファールなどで沸かしたお湯を少し入れて温め、そしてコーヒーメーカーの粉のセットなどができれば、そのサーバーのお湯を捨て、スイッチオンする前にはめ込んで下さい。

 

そうすれば、ポコポコと出てきた温かいコーヒーの温度低下を阻止できます。冷たいままですと、それでちょっとコーヒーの温度が下がってしまうのですね。ですから、サーバーを温めてそれを防ぐ、と言うことなのですね。

 

カップを温めておく

最後に、コーヒーを注ぐカップ。コーヒーメーカーのスイッチを入れたら、先ほどのサーバーを温める際に沸かしたお湯の残りをカップを温めるために、カップへ注いでください。

 

そうしてカップを温めておいて、コーヒーを注いだ時に起きるコーヒーの温度低下を防ぎます。

 

特に冬場は気温が低くなっているので、カップや器具はそれと同じくらいに低くなっています。
ですので、せっかくの温かいコーヒーですから、温かく召し上がるためにちょっとだけ手間をかければ、美味しい時間を過ごせると思います。

 

プロローグ

寒い冬は暖かくなることも、美味しいの一つですよね。
参考にしてもらえると嬉しいです。

 

只今、島家ではコーヒーメーカーで飲んでいるのは、ブレンド花です。
こちらのコーヒーはどちらかというと軽い味わいですので、ブラックで飲むのがオススメかなぁと思っています。
これを飲みながら家族で団らんし、クッキーを頂きながら娘とアンパンマンの塗り絵なんかして遊んでます。
1日のほっとする一時を。

 

ブレンド花はこちらで通販していますので、よろしければどうぞ。
http://www.shima-coffee.com/ble-0001/

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーが瞬く間に世界に広がっていったワケ

プロローグ コーヒーが瞬く間に世界に広がっていた理由とは。 1600年くらいからの大航海時代。コ

記事を読む

隠しブレンド 鱗雲(うろこぐも)

 前の日曜日 岡町本店の焙煎機 桜号の温度計がなにやら変だと書いた わからないことは わか

記事を読む

コーヒー豆の中に茶色い「皮」が入っていた。異物なの?

プロローグ 先日、岡町本店に友達が来てコーヒー豆をストックケースからビンに移し替えている時に、「何

記事を読む

no image

cafe Beとは

 はじまして こんにちは 店長のしまこーひーです あなたのハートをキャッチするコーヒーを焙

記事を読む

水出しアーティスト

今日の大阪は雨の一日となりそうです冬の雨 どうぞ皆様お風邪などお召しにならないようお気をつけ下さいま

記事を読む

花は生き方を迷わない

最近 寝れない 目が覚めれば考え事をしてしまう そうなんです 1年に1度くらいの頻度でくるアイ

記事を読む

パートナーシップ を考えてみた

これは仕事だけに関わらず 私生活面でもいえることかなぁ なんて思っています パートナーシップ この言

記事を読む

コーヒーシロップの仕込みだ!

 どちらかというと 夏の方がメインと言えるこの商品 島珈琲オリジナル コーヒーシロップ 夏

記事を読む

「癒し」と「集中力」コーヒーの香りのち・か・ら

朝晩がだいぶと寒くなってきましたね 僕は自宅から高槻店まで いつも自転車で通っているのですが もう

記事を読む

コーヒーの抽出温度

 毎日当たり前のように接しているコーヒーだけど コーヒーはほんとに繊細でデリケートだ(同じ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑