*

厚手のカップ、薄手のカップ、どっちがコーヒーは美味しいの?

プロローグ

今回はカップついてのお話です。
陶器のカップ、いろいろとオシャレなデザインのもの、沢山ありますよね。

 

重厚感のある厚手のカップと、軽くオシャレな絵柄がある薄手のカップ、あなたはどちらが好きですか?
そして、どっちでコーヒーを飲むのが美味しいと思いますか?

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

IMG_9338

 

どっちがどっち

カップについてもいろいろありますが、結論から言わせてもらうと「好み」です。厚手だから美味しいとか、薄手だから美味しくなる、と言うことは自分自身が飲み比べ、たぶんないように感じています。

 

ですから、ご自身がどちらかが好きかになるのですが、お商売的にどういう風に両方を捉えているのか、ちょっと書いてみますね。

 

厚手のカップの良いところは、保温性に優れていると言うところです。それは温かいコーヒーを注ぐ前に、そのカップを湯煎などして温めて置くことが条件になりますが、温かいもののなるべく温かい状態を持続する力が、薄手のカップよりあります。

 

あとは耐久性。丈夫です。比較的安価のものが多いので、お店など沢山客席があるお店は耐久性と安価であることから、こちらを選ぶことが多いかもしれません。

 

僕が感じる短所は、厚手は重いところです。特に女性やご年配の方はこの重いのが嫌と言われる方もおられました。

 

薄手のカップは?

僕の好みもどっちかというと薄手の方が好きです。好きなところはカップに口を付けた時の感覚や、カップの軽さ、などです。

 

厚手のカップに比べると、耐久性が弱い事。特に落とした時などは割れますが、厚手は割れないこともあります。価格も高価になりますので、お店などカップを消耗品として考えるとき、経済的に見て薄手のカップを選択しにくいと言うところがあります。

 

以前にも書きましたが、コーヒーそのものは見た目では美味しさが伝わりにくいので、カップが華やかですと味覚にプラスされる点がありますので、色彩豊かな絵が描かれている薄手のカップなどは、その点で得点は高くなると思います。

 

エピローグ

個人的に思うことはステンレス製のマグカップでコーヒーを飲むと、陶器のカップで飲むのと若干味の違いがあるように思ってます。これはどうしてなのか、よくわかりません。

IMG_9341

 

もうひとつ、取っ手のないカップで飲みものを飲むと、より多く唾液がよくでるらしくその結果、飲むものが美味しくなる、と聞きました。実際、自分で試してもそのように感じました。

 

この中で科学的に分かっているのは、取っ手の無いカップは美味しくなる、ということです。

でも、僕は自分が好きなカップで、好きなコーヒーを飲むのが一番幸せなことなんだと思いますので、あまりカタチにこだわらず、自分の好きなスタイルで飲んで欲しい、と思っています。

 

ちょっと心を落ち着かせ、心を温めたい時にはこのコーヒーがオススメです。
お気に入りのカップでどうぞ。
http://www.shima-coffee.com/drs-0001/

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

モカ エチオピア モカ

 明日は久しぶりにエチオピアモカ イルガチェフ グレード1 を焙煎し販売したいと思います

記事を読む

コーヒー焙煎後のハンドピックという作業って何?

プロローグ 営業中にセールスの電話が時々かかってきます。 電球の製造が打ちきりになって補助金がで

記事を読む

北海道・東北・沖縄のお客さんに吉報 全国送料一律290円 香りあふれる便スタートです!

以前にもお知らせしました、香りあふれる便スタートです。   なんだそれは!とい

記事を読む

コーヒー豆(粉)を購入し、おうちで淹れて良いことがある5つのこと

島珈琲オリジナル缶、島珈琲カンのエンボス=凹凸加工の3D図面が、先日届きました。 今の技術って凄い

記事を読む

クリスマスケーキにあうコーヒーは何?

プロローグ 月曜日は島珈琲のお休みになりますので、一足お先にクリスマスパーティを家族でしました。

記事を読む

島珈琲を開業して15年、コーヒーの状況はどう変わったか?

島珈琲を開業したのは、僕が26歳の時。 2002年3月29日でした。   開

記事を読む

隠しブレンド 鱗雲(うろこぐも)

 前の日曜日 岡町本店の焙煎機 桜号の温度計がなにやら変だと書いた わからないことは わか

記事を読む

お家で淹れるコーヒーで「美味しい」に重要なことはコレ!

プロローグ 徐々に朝が涼しくなり、焙煎が楽になってきたこの頃。 岡町本店、高槻店ともに小さなお店

記事を読む

ペーパーを濡らしてドリップするときに気をつけたいこと

プロローグ ペーパードリップの際、ペーパーを濡らす理由は以前に書きました。 そのブログはこちらで

記事を読む

コーヒーシロップ加糖 仕込み完了!

 コーヒーシロップ 無糖も加糖も 仕込みに関しての内容は 実は一緒なんです 焙煎止めの温度

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
短パンコーヒーを美味しく飲もう!おうちで楽しむコーヒーの基本的なこと

短パンコーヒーがいよいよ全国に発送され、本日より順次皆さんのお手元に届

島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

カップとスプーンの置き方に決まり事はあるのか

最近、嬉しいことに娘が「お店」に興味を持っているようで、しきりに「大き

ブラックコーヒーを飲むきっかけは何か

僕がコーヒーに興味を持ったのは、高校生の時。 チェーン店であった珈琲

→もっと見る

PAGE TOP ↑