*

厚手のカップ、薄手のカップ、どっちがコーヒーは美味しいの?

プロローグ

今回はカップついてのお話です。
陶器のカップ、いろいろとオシャレなデザインのもの、沢山ありますよね。

 

重厚感のある厚手のカップと、軽くオシャレな絵柄がある薄手のカップ、あなたはどちらが好きですか?
そして、どっちでコーヒーを飲むのが美味しいと思いますか?

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

IMG_9338

 

どっちがどっち

カップについてもいろいろありますが、結論から言わせてもらうと「好み」です。厚手だから美味しいとか、薄手だから美味しくなる、と言うことは自分自身が飲み比べ、たぶんないように感じています。

 

ですから、ご自身がどちらかが好きかになるのですが、お商売的にどういう風に両方を捉えているのか、ちょっと書いてみますね。

 

厚手のカップの良いところは、保温性に優れていると言うところです。それは温かいコーヒーを注ぐ前に、そのカップを湯煎などして温めて置くことが条件になりますが、温かいもののなるべく温かい状態を持続する力が、薄手のカップよりあります。

 

あとは耐久性。丈夫です。比較的安価のものが多いので、お店など沢山客席があるお店は耐久性と安価であることから、こちらを選ぶことが多いかもしれません。

 

僕が感じる短所は、厚手は重いところです。特に女性やご年配の方はこの重いのが嫌と言われる方もおられました。

 

薄手のカップは?

僕の好みもどっちかというと薄手の方が好きです。好きなところはカップに口を付けた時の感覚や、カップの軽さ、などです。

 

厚手のカップに比べると、耐久性が弱い事。特に落とした時などは割れますが、厚手は割れないこともあります。価格も高価になりますので、お店などカップを消耗品として考えるとき、経済的に見て薄手のカップを選択しにくいと言うところがあります。

 

以前にも書きましたが、コーヒーそのものは見た目では美味しさが伝わりにくいので、カップが華やかですと味覚にプラスされる点がありますので、色彩豊かな絵が描かれている薄手のカップなどは、その点で得点は高くなると思います。

 

エピローグ

個人的に思うことはステンレス製のマグカップでコーヒーを飲むと、陶器のカップで飲むのと若干味の違いがあるように思ってます。これはどうしてなのか、よくわかりません。

IMG_9341

 

もうひとつ、取っ手のないカップで飲みものを飲むと、より多く唾液がよくでるらしくその結果、飲むものが美味しくなる、と聞きました。実際、自分で試してもそのように感じました。

 

この中で科学的に分かっているのは、取っ手の無いカップは美味しくなる、ということです。

でも、僕は自分が好きなカップで、好きなコーヒーを飲むのが一番幸せなことなんだと思いますので、あまりカタチにこだわらず、自分の好きなスタイルで飲んで欲しい、と思っています。

 

ちょっと心を落ち着かせ、心を温めたい時にはこのコーヒーがオススメです。
お気に入りのカップでどうぞ。
http://www.shima-coffee.com/drs-0001/

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

いつもの豆が切れた!プロはどんなふうに同じ味わいを作るのか

コーヒー豆はご存じの通り、植物のタネです。   豆と言っていますが、それは「コ

記事を読む

ハンドピックとは1杯のコーヒーへの愛

通販のご注文が沢山あり、ドタバタな島珈琲です。 いやでもほんと、ありがたいです。  

記事を読む

焙煎道

 剣術と剣道 柔術と柔道 道という字がはいることで それは生きる道 つまり哲学をも 考える

記事を読む

仕込みはオッケー!

  ということで 2日間にわたるコーヒーシロップ&カフェラテ小町の 無糖バージョン

記事を読む

やっぱ新しいほうが美味しいねん

プロローグ 今朝 上宮天満宮にお詣りし 神棚にあった去年のお札をお返しし新しいお札を頂きに行き

記事を読む

いつもコーヒーの味が違うんだけど、いれ方が悪いのかなぁと思うあなたへ

プロローグ 今年はほんとに気候が不安定ですね。 お身体の調子、崩されていませんか?朝晩まだまだ肌

記事を読む

世界で唯一のあなたギフト、そんなご提案です。

プロローグ 先日、何気なくコーヒーシロップのラベルを貼っていました。 島珈琲オリジナル・コー

記事を読む

ペーパードリップするのに大事な3つの注意点

昨日は仕事もはやく片づき 家路を急ぎまして 晩ご飯を食べてから 2歳の娘と沢山遊びました 娘の笑

記事を読む

ハンドドリップを上達させるために

プロローグ 8月の終わりを迎え、朝が少し過ごしやすくなっている高槻です。 焙煎が少し楽になってき

記事を読む

カフェオレとカフェラテ、違いはそこだったのか

プロローグ 昨日の晩、僕がバイクで家に帰ると、その音で僕が帰ってきたのを気づいた4歳の娘が、ダダダ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘

冬は濃いコーヒーが欲しいもの アイスコーヒー用の豆をホットで飲む

8月6日、夏生まれの僕です。 最近の暑さにはめっぽう弱くなりましたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑