*

コーヒーはどの温度で飲むと1番美味しいのか?

プロローグ

コーヒーのことを書いていますが、たまに前に書いたようなことを改めて書いている事もあると思います。
ネタがくるくる回っているのですが、その時その時の思いや、感情も含めて進化していると思いますので、それ前に読んだなぁと思わないで、読んで貰えるとすごく嬉しいです。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

出版するコーヒー本も第2章の後半まで原稿を仕上げました。書く時間を確保するのは少々大変ですが、原稿を書く作業は実に面白く、ブログを書く文にもかなり影響されていると思います。

表現することの楽しさ、面白さを満喫している僕です。楽しみにしていてくださいね。

 

コーヒーの美味しい温度帯

寒い時期ですと温かい飲み物は、心身共に温かい味わいが染みますよね。
温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに、召し上がるのが美味しいですよね。
コーヒーももちろんそうですよね。

 

美味しいコーヒー。これをプロの目線ではどういう判断で美味しいとしているのか。
今日はここを書いていきたいと思います。

 

コーヒーの味のテイスティングをする時は、まずブラックで温かい時の味を見ます。カップに鼻を近づけて、両手でカップと鼻を囲い香りのチェックも忘れません。

その次はそのまま少し冷めるまで待ちます。そして冷めたところをチェックします。

 

更に完全にぬるくなったところをまた味わいのチェックをします。

温かい所だけでいいじゃん、チェックするの。という声が聞こえてきそうですが、その勝負ちょっと待った!なのです。

 

冷めたところチェックする理由は

本当に良いコーヒーは冷めたときに、温かい時には見せない味の表情を見せるんです。ベールを脱ぐといいましょうか。ちょっと冷めた時に個性を見せるのです。これはブラックで飲まないとキャッチしにくいかも知れません。

 

冷めた時にブラジルとかコロンビアとか国の特徴的な味であったり、その地方その農園で作られる個性的な味だったり、温かい時よりも表情がよく見えてきます。

 

味わいもそうですが、焙煎技術の良し悪しもここではっきりします。焙煎がちゃんと出来ていないと味にはっきり出ますので、島珈琲のコーヒーを飲む時も、他店のコーヒーを飲む時も、かならずぬるくなるまでチビチビ飲みます。笑

 

本当に美味しいコーヒーは、例えば本を読みながらコーヒーの入ったカップを手にして、本に夢中になり、コーヒーが冷めてしまってもカップに自然に手がいき、違和感なく飲み干してしまう。

 

IMG_9234

 

それが本物だと思います。逆に温かい時は飲めるが、冷めたら不味かった、もしくはカップに自然と手が伸びない、と思う時は、何かに原因があると思っています。

 

エピローグ

科学的な根拠は全くありませんが、体温や気温のプラスマイナス何℃かのところが、自然界の温度なので、味覚もその温度あたりが、味覚を適切に捉えることのできるところなのかなぁと思っています。

 

もしよければ一度、ブラックで冷めた島珈琲のコーヒーも試してみてください、何か発見があるかも!

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーはたててから どれくらいまでに飲んだらいいの?

昨日 ご飯を食べながら 嫁さんが職場でこんなこと 聞かれたけども・・・と コーヒーはたててからどれく

記事を読む

長い期間ディスプレイしていたペーパーで、コーヒーを淹れたらめっちゃ不味かった件

プロローグ マーケティングの師匠 藤村正宏先生 公認のブレンド スコットブレンドを島珈琲がお取り扱

記事を読む

お正月におすすめコーヒーと福袋のご案内

プロローグ 今日はご案内です。   まず年末年始の各店舗の営業について。

記事を読む

最後のコバン  ~ルーツ~

島珈琲といえば グァテマラいつもグァテマラのラインナップにはこだわったコーヒーを選んでおりますコバン

記事を読む

無糖 無糖 無糖!

  今年からつくっている無糖のコーヒーシロップ(コーヒー濃縮液) とっても順調にファンが増

記事を読む

コーヒーのブレンドとは、チームワークです

プロローグ コーヒーブレンドとストレート、違いは何か?ストレートとはブラックで飲む事もそう呼ばれま

記事を読む

カフェオレとカフェラテ、違いはそこだったのか

プロローグ 昨日の晩、僕がバイクで家に帰ると、その音で僕が帰ってきたのを気づいた4歳の娘が、ダダダ

記事を読む

no image

ストライクゾーンとコントロール

 就労移行支援で毎日2時間 施設側のプログラムとして コーヒーのたてかたを指導している 彼

記事を読む

ハンドドリップの「蒸らし」は何のため?

家族旅行から帰ってから、待っていてくれたかのように通販のご注文が相次ぎ、てんやわんやの僕です。 あ

記事を読む

コーヒー豆を購入する量は1回でどれくらいがいいのか?

プロローグ コーヒー豆の販売を専門にして島珈琲を立ち上げ、もうすぐ14周年を迎えようとしています。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ブログのネタに困ったら僕が手に取るコーヒーの本

基本的にブログのネタはお客さんから頂戴しています。  

焙煎とは、引き出す作業なんです

昨日は定休日。 家族でおじいちゃん、おばあちゃんに会いに行ってきまし

今まで一番臭かったものは何?

今までで、あなたの中で「一番臭い!」と思った経験はどんなものでしたか。

あの芸能人の、あのコーヒーが再販決定しました!

あっというまのことで、息をつく間がなかったというか、再販するかどうかの

ブレンドコーヒーはいつも同じ味になるのですか?

あの芸能人の、あのコーヒーが再販されるかも?  

→もっと見る

PAGE TOP ↑