*

お店で粉にしてもらうのと、家でするのと、どっちが美味しく挽けるの?

プロローグ

コーヒーの味わいはコーヒーチェリーの精製から輸送、焙煎、保存、ミル、抽出方法などなど、様々な過程で味の変化があり、どこかでダメージを受けてしまうと最後のカップで飲むコーヒーの味わいに影響がでてくる、非常にデリケートな飲み物です。

 

どこが一番大事ではなく、どこも大事です。
ですので、僕たちもコーヒー屋も全体を見て、コーヒー豆の美味しさを追求しているわけなのです。

 

その一過程である、コーヒーミル。今回はお店で挽くのと、家で挽くの、どっちが美味しいのか?を記事にしたいと思います。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

まずは刃の形状

このようなデコボコのタイプ これは臼歯と呼ばれています。
実際のところ、ミルのカッターは刃なのか歯なのか、僕はわかりません。英語でカッターっていうから刃だと思うのですが、臼歯は臼歯なのでとりあえずこれで行きましょう。

IMG_2206

 

IMG_4005

もう一つはこれはカット刃と呼ばれる形状のものです。

IMG_1395

 

あとはローラーのものなどあります。知っている限り、だいたいがこの2種類とプロペラタイプがコーヒーミルの刃として使われています。

 

上の臼歯はドリップ用、下のカット刃はエスプレッソなどの細かく挽くようと一般的には分けられています。
実際に僕はカット刃をドリップ用に使っていますが、僕的には好きな味わいになります。

 

カット刃のものをドリップ用で使う弱点は、微粉が多くなる、粒子が均一でなく細かい粉が多くなるということです。それも含めて僕は臼歯より、カット刃の方がペーパードリップの時の味わいは好きかなぁと思っています。
そんなに弱点とは言えない、という見方もできますね。

 

モーターの大きさ

ミルの大きさイコール、モーターの大きさです。モーターが大きいということは、車でいうと排気量があってパワーがあるということと等しいです。業務用では沢山のコーヒー豆を挽く時間を短縮したいのでモーターが大きいものを置いている所が多いです。

 

書いているとどんどんとマニアックな傾向になっていきそうなので、ここで簡単にまとめます。

僕たちコーヒー豆屋で置いているコーヒーミル、コーヒーグラインダーとも言いますが家庭用に比べ性能がいいです。粉にするスピードも速く、均一性もあります。

 

ミルを家庭用と業務用で比べたら、自転車とベンツの差くらいある場合もあります。(ちょっと言い過ぎかな)
コーヒー豆を粉にする味わいのレベルを単純に見ると、コーヒー豆屋で粉にしてもらう方が良い、と言うことになりますが、しばし待たれい!

 

エピローグ

確かに機械の能力は店舗にあるコーヒーミルの方が大抵は上になりますが、美味しさの鮮度でいうとコーヒー豆で購入してその都度、粉にする方が香りも味わいも上だと思います。(同じ日に焙煎したコーヒー豆の場合)

 

もちろんミルを持ってない方は粉で購入して、冷凍庫で保存したら美味しく飲めますが、家にコーヒーミルがあってお店で粉を買ってきたものと同じようにならないとお悩みの方、大丈夫です。

 

均一にならなくても、その都度挽く方が美味しいんです。だからコーヒーミルの機能の差は、気にされなくて大丈夫です!手間暇かけた分だけ愛情がこもり、美味しくなりますからね。以上、お店で粉にしてもらうのと、家でするのと、どっちが美味しく挽けるの?のお話でした。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

どう使う?ドリップした後のコーヒーの粉

プロローグ 日本ではドリップした後のコーヒーの粉の二次利用について、結構興味を持たれている方、知り

記事を読む

あほやなぁ テレビの取材断ってしまったー

先日、テレビ東京さんから電話があって取材について、2,3聞きたいことがあるのですが、と電話先からその

記事を読む

パートナーシップ を考えてみた

これは仕事だけに関わらず 私生活面でもいえることかなぁ なんて思っています パートナーシップ この言

記事を読む

カプチーノの美味しさはミルクにあり!そこ解説してみました

プロローグ コーヒー屋にも長所短所があって、僕の得意とするところは焙煎とペーパードリップです。高槻

記事を読む

コーヒーの真実

前から読みたかった本 先日 紀伊国屋書店で目にして 迷わず購入しました 読みたい読みたいと思いな

記事を読む

島珈琲のコーヒー豆のラインナップ、どう考えて揃えたの?

季節の変わり目に差しかかかると、味覚のブレが生じて、焙煎度合いが微妙にずれたりするので気をつけないと

記事を読む

島珈琲カッター

コーヒーという飲み物は ほんとに繊細でいろんな条件で味の出方がずいぶんと変わってくるコーヒー豆の原料

記事を読む

コーヒーメーカーを長持ちさせるために 守って欲しい大事なこと

プロローグ 先日 お客様に「島さんはほんとにコーヒーが大好きなんですね」 と言われました 好きな

記事を読む

ご存じでしたか?コーヒー豆にも旬があることを

プロローグ コーヒー豆にも旬があると「えっそうなんだ?」と思われる方も多いかと。 そうなんです、

記事を読む

アリの大群を止めるのには、コーヒーのカスを蒔いてごらん

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。   おとついあたりから、お店の前を

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

→もっと見る

PAGE TOP ↑