*

美味しいコーヒーの味わいってどういう事を指すのか?

プロローグ

コーヒーの味って分かりにくいですよね、何が良くて、何が悪く、どんな味の表現をしたらよいのか?
説明する方も非常に伝えにくく、例えばワインのソムリエのような言葉での表現、バニラのようなとか、ナッツのようなだとか、花や果物、香辛料などなど色々なものに例えて表現することが、コーヒーにもできます。

 

プロの間では(一部その表現が通じ合うプロでない方も含め)そうした言葉でもやり取りはありますが、お店に来られるお客様にはそのような表現をするとかえって混乱することがあるので、僕はあまり用いません。

 

味の表現はちょっと難易度が高いので、今回の記事はコーヒーの味について、僕の美味しいコーヒーの基準、を書いて行きたいと思います。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

良いコーヒー豆とは

まず鮮度が良いこと。鮮度が良いというのは、焙煎してからの日数などをキチンと把握できていること。
コーヒーは生鮮食品ですので、焙煎してから時間とともに酸敗していきます。
これは目に見えて分かりにくいです。

 

購入したお店でコーヒー豆の鮮度について説明できるかどうかがポイントです。

あとはドリップしたときに泡が立つこと、この泡が新鮮さの証になります。

IMG_9018

 

粉にしたままで商品棚に陳列していないこと。
コーヒーを粉にすると一気に表面積が増えます。表面積が増えると言うことは、空気に触れる面が増え、酸敗するスピードを加速させることになります。
ですのでコーヒー豆はその都度、粉にすることで鮮度がギリギリまで良い状態である、と言えます。

 

ほんとはもっとありますが書ききれないでの とりあえずここまでが美味しいコーヒーのための良いコーヒーについてです。

 

美味しいコーヒーとは?

僕の基準、僕が定義しているのは、

 

嫌な酸味、嫌な苦味が残らず後口が良い。
舌を指すような酸味、苦味がない。
口の中にべたべたするまとわりつくような苦味がない。
味わいに透明度を感じる。
雑味がない。
後味に甘い余韻がある、例えると飴をなめ終わったような感じでもう少し弱い程度のもの。
喉が渇かない、水が欲しくならない。
また飲みたいと思う。もしくは知らぬ間にカップが底をついている。
酸味が何となく果物のようなフレッシュさを感じる。
香りが鼻に抜けて行くときに、不快な匂いを感じない。

 

こんな感じです。

エピローグ

飲み口も後口も爽やかな味わい、雑味のないコーヒーが僕の目指すところで、逆にすっきりしていて頼りないと思われる方も中にはいますが、これは嗜好の違いによるものでどちらが正しいとか正しくない、ではなく、どっちが好きかが選ぶべき基準になります。

 

それが各々の個人で営んでいるコーヒー屋のお店の味 ということにもなるんですね。

 

人によって美味しいの基準は違いますが、ここに書いた僕の基準を参考にして貰えれば、美味しいコーヒーって何か?を知る道しるべになると思います。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

自家焙煎で独立して

 高槻に越してきてようやく1ヶ月が経ちました 「なれましたか?」 というお声かけをよく頂き

記事を読む

酸味のある中煎りと苦味のある深煎りのコーヒー どっちが売れてる?

さて、三ヶ日も今日が最終。 今年のお正月は温かいせいか、例年ほどのバタバタさはなくちょっと拍子抜け

記事を読む

コーヒー豆をプレゼントしたい!でも先様の好みがわからない!そんな時のこの話

プロローグ コーヒー屋をはじめまして、この間の3月に15年目に入りました。 こうして続けていける

記事を読む

クリスマスケーキにあうコーヒーは何?

プロローグ 月曜日は島珈琲のお休みになりますので、一足お先にクリスマスパーティを家族でしました。

記事を読む

ドリップコーヒー 蒸らしを上手くするコツはあるの?

いつも通販でのお買い求めのお客さんがお店に訪ねてくれることがあります。 電車賃や高速代などを使い、

記事を読む

コーヒー豆の種類を増やしたい

 コーヒー専門店として はやりいろいろなコーヒー豆をおきたい お客様も選べる楽しみがふえる

記事を読む

ハンドドリップでグルグル回しながら淹れるのはなぜか?

プロローグ ペーパードリップなど、ハンドドリップしてコーヒーを淹れる時「の」の字を書くようにお湯を

記事を読む

香る!ドリップでアイスコーヒーを美味しくする「ちょっとしたコツ」

プロローグ 今日はバタバタしていまして、いつものようなしっかりとしたブログを書けそうにないのですが

記事を読む

微調整

 僕の使う 高槻店の焙煎機はすごく繊細だちょっと動作で 微妙にコーヒーの味わいに変化が起こ

記事を読む

僕にもコーヒーのことで分からないこともある

プロローグ いろいろコーヒーのことをブログで書いて、また店頭でもいろいろ聞かれたらできるだけお客さ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
変化を望むときは、思い切りが大事

昨日、このような告知をさせて頂きました。   消

no image
消費税負担のお願い(実施時期 2018年2月1日より)

消費税負担のお願い(実施時期 2018年2月1日より) &n

11月21日は島珈琲 高槻店 5周年でした!

オープンして最初の1年目はもう業績がめっちゃ悪くて、どうしようかと未来

高級コーヒーの魅力とは?~短パンコーヒーの魅力に迫る~

今日はこんなツィートをしました。    

笑顔力 それは人生をあたたかいものに変える力 かな

今朝はこんなツィートをしました。   接客をして

→もっと見る

PAGE TOP ↑