*

美味しいコーヒーの味わいってどういう事を指すのか?

プロローグ

コーヒーの味って分かりにくいですよね、何が良くて、何が悪く、どんな味の表現をしたらよいのか?
説明する方も非常に伝えにくく、例えばワインのソムリエのような言葉での表現、バニラのようなとか、ナッツのようなだとか、花や果物、香辛料などなど色々なものに例えて表現することが、コーヒーにもできます。

 

プロの間では(一部その表現が通じ合うプロでない方も含め)そうした言葉でもやり取りはありますが、お店に来られるお客様にはそのような表現をするとかえって混乱することがあるので、僕はあまり用いません。

 

味の表現はちょっと難易度が高いので、今回の記事はコーヒーの味について、僕の美味しいコーヒーの基準、を書いて行きたいと思います。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

良いコーヒー豆とは

まず鮮度が良いこと。鮮度が良いというのは、焙煎してからの日数などをキチンと把握できていること。
コーヒーは生鮮食品ですので、焙煎してから時間とともに酸敗していきます。
これは目に見えて分かりにくいです。

 

購入したお店でコーヒー豆の鮮度について説明できるかどうかがポイントです。

あとはドリップしたときに泡が立つこと、この泡が新鮮さの証になります。

IMG_9018

 

粉にしたままで商品棚に陳列していないこと。
コーヒーを粉にすると一気に表面積が増えます。表面積が増えると言うことは、空気に触れる面が増え、酸敗するスピードを加速させることになります。
ですのでコーヒー豆はその都度、粉にすることで鮮度がギリギリまで良い状態である、と言えます。

 

ほんとはもっとありますが書ききれないでの とりあえずここまでが美味しいコーヒーのための良いコーヒーについてです。

 

美味しいコーヒーとは?

僕の基準、僕が定義しているのは、

 

嫌な酸味、嫌な苦味が残らず後口が良い。
舌を指すような酸味、苦味がない。
口の中にべたべたするまとわりつくような苦味がない。
味わいに透明度を感じる。
雑味がない。
後味に甘い余韻がある、例えると飴をなめ終わったような感じでもう少し弱い程度のもの。
喉が渇かない、水が欲しくならない。
また飲みたいと思う。もしくは知らぬ間にカップが底をついている。
酸味が何となく果物のようなフレッシュさを感じる。
香りが鼻に抜けて行くときに、不快な匂いを感じない。

 

こんな感じです。

エピローグ

飲み口も後口も爽やかな味わい、雑味のないコーヒーが僕の目指すところで、逆にすっきりしていて頼りないと思われる方も中にはいますが、これは嗜好の違いによるものでどちらが正しいとか正しくない、ではなく、どっちが好きかが選ぶべき基準になります。

 

それが各々の個人で営んでいるコーヒー屋のお店の味 ということにもなるんですね。

 

人によって美味しいの基準は違いますが、ここに書いた僕の基準を参考にして貰えれば、美味しいコーヒーって何か?を知る道しるべになると思います。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

島さんがドリップするコーヒーみたいに、ぷくーとドーム状にならないんです

プロローグ 今朝の大阪は非常に寒い朝になりました。 三寒四温とは言いますが、寒暖差がかなり激しい

記事を読む

ブラジル サンベネジット

 ブラジルの豆に新顔さんが登場です レディースエーンジェントルメーン ウェルカム フローム

記事を読む

コーヒーの種からカップまで、人の成長でわかりやすく表現してみた

プロローグ 僕たちがコーヒーを飲もうとしカップを手にした時、ここまでどれだけの事があったんだろう。

記事を読む

おうちでカンタンにフレーバーコーヒー作る方法

プロローグ 「フレーバーコーヒー」とは、読んで字の如し! そんな雑な説明はダメですよね。笑 フレ

記事を読む

カフェの小道具 これ便利!おすすめミルクピッチャー

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   今日はカフェであったら お客様も

記事を読む

ペーパードリップは何分で終わらすのが正解なのか?

プロローグ 使う器具によって違うのですが、今回はペーパードリップは何分で終わらすのが良いか、このこ

記事を読む

同じブラジルでも、焙煎度合いで味わいは変わるよというお話

プロローグ ブラジルというコーヒー豆は大変使いやすい豆で、コーヒー屋さんから愛されている豆です。

記事を読む

南米!コロンビアコーヒーの魅力にせまる

コロンビアといえば何を思いだしますか?   コーヒーも有名ですが、僕は麻薬の存

記事を読む

初めてのコーヒー豆屋で困らないようにくふうしていまーす

プロローグ コーヒー豆屋というのは「何となく敷居が高い」ように思っちゃいますよね。 島珈琲を開業

記事を読む

二日酔いには コーヒーが効く!

プロローグ 昨夜は0時をオーバーする、いわゆる午前様まで飲んでいました。 障がいを持っている方の

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑