*

美味しいコーヒーの味わいってどういう事を指すのか?

プロローグ

コーヒーの味って分かりにくいですよね、何が良くて、何が悪く、どんな味の表現をしたらよいのか?
説明する方も非常に伝えにくく、例えばワインのソムリエのような言葉での表現、バニラのようなとか、ナッツのようなだとか、花や果物、香辛料などなど色々なものに例えて表現することが、コーヒーにもできます。

 

プロの間では(一部その表現が通じ合うプロでない方も含め)そうした言葉でもやり取りはありますが、お店に来られるお客様にはそのような表現をするとかえって混乱することがあるので、僕はあまり用いません。

 

味の表現はちょっと難易度が高いので、今回の記事はコーヒーの味について、僕の美味しいコーヒーの基準、を書いて行きたいと思います。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

良いコーヒー豆とは

まず鮮度が良いこと。鮮度が良いというのは、焙煎してからの日数などをキチンと把握できていること。
コーヒーは生鮮食品ですので、焙煎してから時間とともに酸敗していきます。
これは目に見えて分かりにくいです。

 

購入したお店でコーヒー豆の鮮度について説明できるかどうかがポイントです。

あとはドリップしたときに泡が立つこと、この泡が新鮮さの証になります。

IMG_9018

 

粉にしたままで商品棚に陳列していないこと。
コーヒーを粉にすると一気に表面積が増えます。表面積が増えると言うことは、空気に触れる面が増え、酸敗するスピードを加速させることになります。
ですのでコーヒー豆はその都度、粉にすることで鮮度がギリギリまで良い状態である、と言えます。

 

ほんとはもっとありますが書ききれないでの とりあえずここまでが美味しいコーヒーのための良いコーヒーについてです。

 

美味しいコーヒーとは?

僕の基準、僕が定義しているのは、

 

嫌な酸味、嫌な苦味が残らず後口が良い。
舌を指すような酸味、苦味がない。
口の中にべたべたするまとわりつくような苦味がない。
味わいに透明度を感じる。
雑味がない。
後味に甘い余韻がある、例えると飴をなめ終わったような感じでもう少し弱い程度のもの。
喉が渇かない、水が欲しくならない。
また飲みたいと思う。もしくは知らぬ間にカップが底をついている。
酸味が何となく果物のようなフレッシュさを感じる。
香りが鼻に抜けて行くときに、不快な匂いを感じない。

 

こんな感じです。

エピローグ

飲み口も後口も爽やかな味わい、雑味のないコーヒーが僕の目指すところで、逆にすっきりしていて頼りないと思われる方も中にはいますが、これは嗜好の違いによるものでどちらが正しいとか正しくない、ではなく、どっちが好きかが選ぶべき基準になります。

 

それが各々の個人で営んでいるコーヒー屋のお店の味 ということにもなるんですね。

 

人によって美味しいの基準は違いますが、ここに書いた僕の基準を参考にして貰えれば、美味しいコーヒーって何か?を知る道しるべになると思います。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

みんな聞いて!美味しく淹れるカンタンな方法わかったよ!

先日ですね、大阪中央区にある「自家焙煎コーヒー くまきち」のオーナー、前田さんが高槻店にお越しになら

記事を読む

ドリップしたあとの粉が、綺麗なスリ鉢になるためのコツとは

さて、いよいよです。 いよいよ家族旅行です、って皆さんには関係ないですよね。  

記事を読む

コーヒー豆はなぜ見た目で古さがわからないの?

毎月、娘に一冊 絵本か本をプレゼントしています。 本から何か興味を持ったり、本が好きになってくれた

記事を読む

コーヒー焙煎をお肉の焼き方で味わいを例えてみる

プロローグ どうもここ2,3日頭がぼぉーとしていて困ってます。 春だからか、もともとか、花粉だか

記事を読む

ある失敗をしてから心に決めました 売り込みはしないと

プロローグ 先日、島珈琲をお使い頂いている茨木市松ヶ本町にある美容室ヘアーポテンシャルNOAHさま

記事を読む

アイスコーヒーを作る時の粉の挽き方は、細挽き?中挽き?どっち

プロローグ 3日間、お休みを頂きまして南紀白浜へ家族旅行に行ってまいりました。 ほんとうに楽しい

記事を読む

赤いコーヒーの実は、どんな道をたどって僕たちの手元にやってくるのか?

プロローグ 僕がハワイ島へコーヒー栽培のボランティアに行ったのは、かれこれ15年ほど前。 専門誌

記事を読む

試運転

 今日は新型焙煎機の試運転をし 微調整をかねて 冨士珈機さんがあるナンバまで行ってきました

記事を読む

時間が経って味わいが深まるコーヒーもある というお話

両親に温泉旅行をプレゼントし大阪池田・不死王閣の旅館に一昨日から昨日と泊まり、おかげ様でゆっくりとさ

記事を読む

初体験!初めてスターバックスのコーヒー豆を買ったよ!

プロローグ 先日、島珈琲のお客様、スコットブレンドの常連様がとっても素敵なブログを書いてくださりま

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲社会貢献部 障がいがある方の働く場所を増やそうプロジェクト進んでます!

なんと長いタイトルだろう。(笑)   はい、とい

あなたのお好みは深焙煎?中焙煎?

昨晩は高槻店が終わったあと、カフェBeへ。 レジ締めが終わったあと、

コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑