*

僕が見たコーヒー農園からのハワイの風景 vol.2

プロローグ

vol.1

 

お待たせしすぎました!vol.1を書いてから続きをなかなか書いておりませんでした。ハワイ島のコーヒー栽培の体験をいくつかに分けて書いていくこのシリーズ。

 

今回は続きのvol.2を書いて行きたいと思います、こんちには 焙煎アーティスト島規之です。
前回の記事は上にあるvol.1をクリックしてもらえれば、その記事に飛びますのでもう忘れてしまった方は(忘れちゃってるよね、こんだけ間あいてしまったら・・・)是非、もう一度お読みくださいね。

 

ハワイ島のコハラ地区にある農園とコンタクトを取る

ハワイキムラカンパニーの木村社長にコーヒー農園栽培ボランティアの参加したいことを伝えるため、メールを送信しました。しかし、待てど暮らせど返事は来ません。

もしかしたらメールアドレスに不具合があるのかも?次の手段として僕はハワイキムラカンパニーに、エアーメールを出しました。

 

どうしてコーヒー農園の仕事がしたいのか、その熱い想いを手紙に書き、それを手紙に託し郵便局に持っていきました。
そもそもエアーメールがどんな仕組みで届くのかがわかりませんし、どれくらいの日数がかかるのかわかりません。だから返事が来るのが待ち遠しくて待ち遠しくて、手紙を待つ子供のように郵便受けのポストが気になる毎日でした。

 

文通で恋文などをやり取りする時代、ほんとにこの待つ時間はドキドキしただろうななんて思いました。待つ時間が長ければ長いほど期待と不安が交錯し、複雑な心中になりますよね。

今はメールやラインなど早いやり取りが当たり前ですが、待つ面白みというのは振り返れば楽しかったなぁなんて思います。

 

しかし、返事がこない

メールを出し、エアーメールで手紙を出し、なのに一向に返事が来ない。
期待を通り越し、不安を通り越し、落胆に近いものが身体を包み込みました。

 

と、その時、電話がなりました。もしもしとでると「ハワイのキムラです」と。
一瞬、誰?と思ったけど、うわー直接電話がかかってキターーー!と僕、頭真っ白。
不意打ちに弱い僕はもう、しどろもどろ。

 

農作業と収穫の時期も重なり忙しくメールもチェックできず(今ほどメールのやり取りが頻繁な時代でもなかったように思います)、手紙も郵便局のメールボックス入れぱなしだった との説明を受けホッとしました。
ハワイなど小さな村や町では、郵便物は日本のように各家庭に配達するのではなく、郵便局に各々のポストがあって、いちいち取りに行かないといけないのです。

 

P.O.BOXと書いて番号が付いている住所はまさにそれなんですね。P.O.BOXというのが郵便局でのその相手先のボックス番号なんです。

 

閑話休題
そして木村社長は「是非来てください」と、嬉しい返事を頂きました。
受話器を置いた後、僕はそれはもう、その場で小躍りするかスキップしたくなるような、舞い上がる気持ちでした。

 

エピローグ

そしてここから地獄の農業体験の幕が開けていくのでした。

 

つづく

IMG_8979

 

当時作った資料を見ながら思いだして書いています。いろいろ懐かしい発見があって楽しいです。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ハワイ島でのコーヒー栽培体験、コーヒーの実の収穫は大変なんだよの巻

スマホのアルバムを開き、写真を見ていました。 コーヒー生豆を卸してくれている、商社さんからもらった

記事を読む

どこ産地のコーヒー農園で働いたのですか?

パンフレットやコーヒー豆のパッケージ袋に「産地の農園で働いた男の店 自家焙煎 島珈琲」と書いてあり、

記事を読む

コーヒー農園で働いたことが、今の僕にどんな影響を与えているのか

先日、朝日新聞の取材を受けました。 大阪地域版のちょっとした自分物紹介をリレーしているコラムのよう

記事を読む

僕が見たコーヒー農園からのハワイの風景 vol.1

プロローグ 僕がハワイ島のコーヒー農園へボランティアで働きに行ったのは、2001年のことでした。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
あの芸能人の、あのコーヒーが再販決定しました!

あっというまのことで、息をつく間がなかったというか、再販するかどうかの

ブレンドコーヒーはいつも同じ味になるのですか?

あの芸能人の、あのコーヒーが再販されるかも?  

コーヒー豆を贈り物にするときに僕が気をつかっていること

どうでもいいことですが、今週から休肝デーを設けることにしました。 実

ドリップする時に端までお湯をかけるのをオススメしない理由

さて、昨日こんなツィートをすると沢山の方が見てくださりました。

今更ですが、水だしコーヒーポットの美味しい作り方を調べます

昨日は休日でして、家族で市民プールに行ってきました。 9時半から12

→もっと見る

PAGE TOP ↑