*

ミルクや生クリームなどコーヒーに何か入れるとき、どんな種類がいいのか?

プロローグ

昨日は京都太秦映画村へ家族で行ってきました。幼い頃に何度か親に連れて行ってもらったのが記憶の最後で、久しぶりに行くと大人も一緒にめちゃめちゃ楽しめる場所でした。

 

お侍さんに斬られたり

IMG_8922

 

お侍さんに斬られたり

IMG_8955

 

斬られ役者を目指そうかと思いましたが、あまりにも下手なので夢の世界にとどめておきますね。

今回、興味をもったひとつは、浮世絵でした。
版画で刷ったそれは繊細で、日本画の素晴らしさを改めて知ることになりました。絵と語りながら、おかげ様で感性を磨いてこれました、ありがとうございます。

IMG_1546

 

IMG_8979

 

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

コーヒーに副材料を入れる時、コーヒーの種類は何がいい?

IMG_0608

 

生クリーム入れたウインナーコーヒー(本当の名はアインシュペナーと言います)、ミルクと割るカフェオレ、蜂蜜入れるハニーコーヒー、アイリッシュウイスキーを入れたアイリッシュコーヒー、などなどコーヒーに何か入れて飲む場合、どんなコーヒーを選ぶべきか、理由と合わせて記事にしたいと思います。

 

副材料をコーヒーに入れるとコーヒーの元から持っている苦さとかコクだとかは、味覚の感じ方が変わってきます。入れることによりなめらかになるかんです。

コーヒーの焙煎には大きく3つの種類があって、浅焙煎・中焙煎・深焙煎と深くなるにつれて苦味と、豆の種類によってコクが増していきます。

 

僕が思うに、浅焙煎や中焙煎は珈琲の味わいが全般的にあっさりしており、爽やかさが売りになるので、副材料を入れて飲むよりかはブラックで飲む方が良さを生かせるれるのかなぁと思ったりします。

 

ただ砂糖やミルクを入れて、感じる爽やか酸味とキャラメルのようなコーヒーを楽しむのも、これも楽しいですので否定しているわけではありません。

 

深焙煎=深煎りのコーヒーがいい

ヨーロッパではコーヒーにミルクや砂糖を入れて飲むほうが多い、と聞いています。欧州はミルクが豊富ですからね。(たぶん)
フレンチローストとかジャーマンローストとかイタリアンローストとか、欧州の国の名前がついたローストの段階の呼び名がるあんですね。これらは全て深焙煎のロースト段階です。

 

欧州は僕が知っている限りでは浅・中焙煎より深焙煎が主流に思います。ミルクや砂糖を入れるのが常習なので、それにあったコーヒーがやっぱり深煎り・深焙煎のコーヒーになるんですね。だから深焙煎のローストの段階の呼び名にヨーロッパの国の名前のモノがあると思っています。

 

副材料を入れたときにコーヒーの質感や苦味、らしさ、が口に残るのはやっぱり深焙煎のコーヒーの方が存在感がでるんです。苦味も副材料によって緩和されますしね。

 

エピローグ

そのようなことから、コーヒーに泡立てた生クリームなど入れる場合はどちらかというと、深焙煎の苦味のあるタイプの方が入れた時にコーヒーらしさが残って良いと思います。

カフェオレやウィンナーコーヒーなどつくる時は、深焙煎のモノを選ぶと良いと思います。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

業務用卸

 島珈琲は家庭用のコーヒー豆のはかり売り 挽き売りだけでなく ショップで使われるコーヒーも

記事を読む

甘酸っぱいスィーツとコーヒーの組み合わせを考えてみた

プロローグ 昨日は1ヶ月はやい結婚記念日を僕がプロポーズした場所、高槻センター街にあるフレンチレス

記事を読む

コーヒーを夜飲むと眠れなくなるのは、本当か

プロローグ あなたは1日コーヒーを何杯飲みますか? 僕はだいたいお店で3杯くらい、家では夜に食後

記事を読む

豆と粉の違い コーヒー豆は香りのカプセル

プロローグ 最近ちょっと距離があいていた、障がいを持っている方の仕事を増やそうプロジェクト。 寒

記事を読む

これを知ればブレンドの楽しみ方が広がるお話

今日2月25日、そして明日の26日は高槻天神祭です。   毎年2月25日26日

記事を読む

コーヒーは熱いときが美味しいとは限らない

僕の鍵はお店とかシャッターとか カフェBeとか家とかうじゃうじゃ沢山あるのですが 必ず家の前で 家の

記事を読む

コーヒー豆はぱくぱく食べられるのか?

プロローグ 今日は岡町本店からこんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。 岡町本店はコーヒー

記事を読む

コーヒーの「美味しい」に一番大切なものは何?

手前味噌なお話になりますが、今までのいろんな成果がカタチになったのかして、このゴールデンウィークはも

記事を読む

お店によって違う、細挽き・中挽き・粗挽き

プロローグ コーヒーが難しいと思われる理由の一つ、定まった基準がないことが挙げられると思います。

記事を読む

ペーパードリップとドリップバッグの違いは何?

島珈琲の通販は主にゆうパックを利用して、全国の皆様にお届けしています。 宅配業者さんの人手不足や通

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑