*

海外から来るコーヒー豆。輸送中はどんな旅をしてくるのか?

プロローグ

先日、こんなツィートをしました。

 

ありがたいことに結構反応がありましたのでちょっと掘り下げてみようと思います。

コーヒー豆は一部、日本でも栽培されていますが、基本的に日本では流通させるほどの生産力は持ち合わせておりません。

 

もちろん価格が高くなることもありますし、気候的に向いていません。

コーヒーの生産国の分布を表す、コーヒーベルトというのがあります。
これは赤道を中心にして南北の回帰線の中にある国が、主にコーヒー豆の生産できる気候であり、このベルト地帯をコーヒーベルトと呼んでいます。

 

当然、赤道の近くということで気候は暑い国ばかりです。

暑い国から運ばれてくるコーヒー豆、日本に来るまでのその旅路を記事にしたいと思います。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

コーヒーの袋詰めから船積みまで

コーヒー生豆は出荷するまではパーチメントコーヒーと言われる、お米の脱穀する前といえばイメージが湧くでしょうか、もう一つ皮を被っています。売り先が決まり、袋詰めするときにそのパーチメントコーヒーを脱穀します。

 

お米も精米仕立ての方が美味しいですよね、コーヒーも袋詰めするまでは大抵パーチメントコーヒーの状態で待機しており、ぎりぎりに脱穀します。

 

袋詰めされたコーヒーはそのまま船に積まれて、運ばれます。
ちなみにコーヒーの名前にあるサントスやモカは、船積みする港の名前が名称になったんですね。

ブラジル・コロンビアなど代表に、コーヒーの生産国は暑い国です。コーヒー生豆は空輸をすることもありますが、そのほとんどは船での輸送になります。

 

船の中では温度が上がる

暑い国からの輸送になりますので、赤道をまたぎ輸送路もまた暑いと思います。

ちなみに船積みはコンテナに昔は60キロ麻袋を500本とか、250本とか積んでいると聞きました。
今は60キロ、70キロ麻袋から、半分のサイズに変更されてきていますので、どれくらいコンテナに入れているのかは、知りませんが、キロにして量としては同じくらいは積んでいると思います。

 

コンテナには空調がついているものもあり、輸送中温度一定の温度にし温度管理をしながら輸送中に熱などでダメージを与えないようになっている、リーファーコンテナというものもあります。

 

普通のコンテナには空調はついていないので、ダメージを与えないようにこのミドリの袋、グレインプロと呼ばれるこの袋を麻袋の中に入れて、原料のコーヒー生豆を入れて外気から守る工夫がされています。
一般的な似姿はこの緑の袋に入ってなく、麻袋の中に直接入れて輸送されるのが大半だと思います。

IMG_8837

 

エピローグ

日本に着いてから、農薬検査があり合格したら日本の倉庫(主に神戸とか横浜の港)に保管され、オーダーがあればトラックなどでお店や工場に配達される、ということになります。

 

港の倉庫では普通は空調のない倉庫で保管されていることが多いですが、保管中コーヒー生豆にダメージを与えないように空調がついて、定温にしている倉庫もあります。

島珈琲のお店で取り扱うコーヒー生豆は全て、ミドリのグレインプロという外気から守る袋にコーヒー生豆が入っているので、特に保管においてすごく気を遣ってはいません。

 

ひとつ気を遣っているところといえば、長く置いとかないで焙煎をたくさんしてさっと使い切ってしまう、ということでしょうか。常に新しいものを入荷するように、焙煎したらたくさんのお客様に喜んでもらえるように販売する!ことを心がけています。

 

焙煎がんばります!

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

高品質コーヒーの味を一言で言うと たぶんこうだ!

プロローグ 昨日の喫茶のお客様が「美味しいコーヒーやわぁ、雑味がないなぁ」と嬉しい感想を独り言のよ

記事を読む

バリスタでもあり、ブレンダーでもあり、ロースターでもあり、そして経営者でもある

よくよく考えたら、いろんなことをしてるんだと思った、そんな今回のお話。   バ

記事を読む

季節の変わり目に選びたいコーヒー豆

プロローグ 僕は大阪の高槻で生活をしております。 大阪と京都のちょうど真ん中くらいの位置で、都会

記事を読む

エスプレッソには砂糖をいれると美味しいわ

エピローグ 僕は正直なところ、エスプレッソにはそんなに詳しくはありません。エスプレッソもほんとに奥

記事を読む

知ってますか?コーヒーの苦味には2種類あることを

プロローグ コーヒーの味わいって何?と聞かれれば、酸味と苦味が頭に浮かぶと思います。 そのコーヒ

記事を読む

ブレンドのネーミングはどんなふうに決めているのか

娘はなぜかテレビの天気予報が好きで、大阪は晴れくもりやなぁとか、花粉状況が沢山やなぁとか、独特の関西

記事を読む

コーヒーポット(ドリップ用のポット)の選び方3つのポイント

プロローグ 昨日、お客さまからコーヒーをドリップするときに使うポット。これを選ぶときに何を気をつけ

記事を読む

ちょっと知っていると便利 コーヒーギフトを選ぶときに役立つ簡単なこと

プロローグ 島珈琲を開業してからもうすぐ13年になります 最初の頃はギフトはあまり力をいれておら

記事を読む

それ大事!コーヒー屋のミルクが美味しい理由はなぜ?

プロローグ コーヒー屋はコーヒーだけに力を入れている訳ではなく、そのまつわるものにも当然力をいれて

記事を読む

どんどん上がるコーヒー豆 どうする島珈琲?

プロローグ 今日はどんどん上がるコーヒー豆の価格について、今後僕はどう考えているのか。 どうした

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
2/25(日)は岡町本店臨時休業です!25日26日高槻店は営業します!

今回はお知らせブログです。   明日2月25日 

焙煎アーティストとは一体なんなのか?

まず重要なお知らせから。 2月25日日曜日、26日月曜日、本来な

ペーパードリップでペーパー濡らすべきか否か

例えばヒマなときには全く気にならないのに、忙しい時に限って、あっここ汚

怪しいな、と思う電話があれば電話番号ごと検索してみるのがいい、と言うお話

電話の向こうで、あたかも関西電力を装ったように話だしたので、???と思

カフェインレスコーヒーとニンニクレス餃子

昨日は、午後まで幼稚園だった娘を迎えに行き、その後家族で実家へ行きまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑