*

海外から来るコーヒー豆。輸送中はどんな旅をしてくるのか?

プロローグ

先日、こんなツィートをしました。

 

ありがたいことに結構反応がありましたのでちょっと掘り下げてみようと思います。

コーヒー豆は一部、日本でも栽培されていますが、基本的に日本では流通させるほどの生産力は持ち合わせておりません。

 

もちろん価格が高くなることもありますし、気候的に向いていません。

コーヒーの生産国の分布を表す、コーヒーベルトというのがあります。
これは赤道を中心にして南北の回帰線の中にある国が、主にコーヒー豆の生産できる気候であり、このベルト地帯をコーヒーベルトと呼んでいます。

 

当然、赤道の近くということで気候は暑い国ばかりです。

暑い国から運ばれてくるコーヒー豆、日本に来るまでのその旅路を記事にしたいと思います。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

コーヒーの袋詰めから船積みまで

コーヒー生豆は出荷するまではパーチメントコーヒーと言われる、お米の脱穀する前といえばイメージが湧くでしょうか、もう一つ皮を被っています。売り先が決まり、袋詰めするときにそのパーチメントコーヒーを脱穀します。

 

お米も精米仕立ての方が美味しいですよね、コーヒーも袋詰めするまでは大抵パーチメントコーヒーの状態で待機しており、ぎりぎりに脱穀します。

 

袋詰めされたコーヒーはそのまま船に積まれて、運ばれます。
ちなみにコーヒーの名前にあるサントスやモカは、船積みする港の名前が名称になったんですね。

ブラジル・コロンビアなど代表に、コーヒーの生産国は暑い国です。コーヒー生豆は空輸をすることもありますが、そのほとんどは船での輸送になります。

 

船の中では温度が上がる

暑い国からの輸送になりますので、赤道をまたぎ輸送路もまた暑いと思います。

ちなみに船積みはコンテナに昔は60キロ麻袋を500本とか、250本とか積んでいると聞きました。
今は60キロ、70キロ麻袋から、半分のサイズに変更されてきていますので、どれくらいコンテナに入れているのかは、知りませんが、キロにして量としては同じくらいは積んでいると思います。

 

コンテナには空調がついているものもあり、輸送中温度一定の温度にし温度管理をしながら輸送中に熱などでダメージを与えないようになっている、リーファーコンテナというものもあります。

 

普通のコンテナには空調はついていないので、ダメージを与えないようにこのミドリの袋、グレインプロと呼ばれるこの袋を麻袋の中に入れて、原料のコーヒー生豆を入れて外気から守る工夫がされています。
一般的な似姿はこの緑の袋に入ってなく、麻袋の中に直接入れて輸送されるのが大半だと思います。

IMG_8837

 

エピローグ

日本に着いてから、農薬検査があり合格したら日本の倉庫(主に神戸とか横浜の港)に保管され、オーダーがあればトラックなどでお店や工場に配達される、ということになります。

 

港の倉庫では普通は空調のない倉庫で保管されていることが多いですが、保管中コーヒー生豆にダメージを与えないように空調がついて、定温にしている倉庫もあります。

島珈琲のお店で取り扱うコーヒー生豆は全て、ミドリのグレインプロという外気から守る袋にコーヒー生豆が入っているので、特に保管においてすごく気を遣ってはいません。

 

ひとつ気を遣っているところといえば、長く置いとかないで焙煎をたくさんしてさっと使い切ってしまう、ということでしょうか。常に新しいものを入荷するように、焙煎したらたくさんのお客様に喜んでもらえるように販売する!ことを心がけています。

 

焙煎がんばります!

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの焙煎で、どんなふうに美味しさを作るのか

毎朝、焙煎を終えるとこんなツィートなどをしております。    

記事を読む

フレンチプレスで水出しコーヒーをつくったよ!

プロローグ 先日、お客様から「フレンチプレスで水出しコーヒーって出来ますか?」と聞かれ、ボクシング

記事を読む

エクスマで繋がる 塩コーヒーだなんて、そんなバカな!

プロローグ マーケティングの師匠 藤村正宏先生とエクスマの講師、ハッピー薬品の橋本亨さん、佐藤ゆか

記事を読む

コーヒーシロップ加糖 仕込み完了!

 コーヒーシロップ 無糖も加糖も 仕込みに関しての内容は 実は一緒なんです 焙煎止めの温度

記事を読む

ご存じですか!こんなドリッパーがあったのです

先日、岡町本店での出来事。   「島さん、ブログのネタにと思って、こんなドリッ

記事を読む

視点を変えればリーズナブル!コーヒー豆100gって何杯分?

プロローグ ご存じの方も、ご存じでない方もコーヒー豆100gって、さて何杯分でしょうか?

記事を読む

差は?カリタ・メリタ・円すい、ペーパードリップのメーカーの違いは何か

プロローグ ペーパードリップの種類、そして器具やメーカー、その違いは何か?色々あってよく分かりませ

記事を読む

イチバーン簡単なコーヒー器具、淹れ方はこれ

さて、あの芸能人 短パン社長 奥ノ谷圭祐さん監修 TANPANCOFFEEがいよいよ発送されました。

記事を読む

コーヒー豆の保存方法と真空パックのお話

最近、ほんとうに多くの方が遠方から、岡町本店や高槻店へコーヒー豆を買いに来てくださります。 &

記事を読む

あなたはどう飲んでる?コーヒーの飲み方を考えてみた

喫茶とは喫煙の「喫」とお茶の「茶」を足して喫茶、喫茶店とは喫煙とお茶ができるところという意味ですが、

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
変化を望むときは、思い切りが大事

昨日、このような告知をさせて頂きました。   消

no image
消費税負担のお願い(実施時期 2018年2月1日より)

消費税負担のお願い(実施時期 2018年2月1日より) &n

11月21日は島珈琲 高槻店 5周年でした!

オープンして最初の1年目はもう業績がめっちゃ悪くて、どうしようかと未来

高級コーヒーの魅力とは?~短パンコーヒーの魅力に迫る~

今日はこんなツィートをしました。    

笑顔力 それは人生をあたたかいものに変える力 かな

今朝はこんなツィートをしました。   接客をして

→もっと見る

PAGE TOP ↑