*

長距離走を楽に走るコツ

公開日: : 日記

プロローグ

今回はコーヒーには全く無縁の事を書きたいと思います!
最近、全く走れていませんが僕、実はこう見えて70キロウルトラマラソンを完走したことあるんですね。

 

フルマラソンではタイムが3時間を切ることをサブスリーというのですが、そのサブスリーを本気で狙ってた時期がありました。

 

でも、今では走る時間を取ることが出来ていません。時間を作ることは出来ると思うのですが、仕事終わってから走ると翌日、むちゃくちゃ眠くなるんです。仕事に影響がでるので、今は走れていません。

 

でも、走りたいのでいつか必ず復帰します。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

忍者走りってご存じですか?

この長距離走が楽になる走り方のコツは、誰でも真似が出来ます。ただしちょっと不格好かもしれません。
昔、今みたいに自動車がなかった頃、手紙は飛脚によって運ばれていました。

 

戦国時代でも、大名から大名へ京都から仙台とかもあったはずです。その手紙はどうやって運ばれたのか?
たぶん誰かが走っていたのでしょうね。すごいですよね、昔の人って。

 

その昔の人がしていたと言われている走法が「忍者走り」。

方法は至って簡単です。右足が前に出たとき、右腕も前に出す。左足が前に出た時、左腕を前に出す。
つまり身体をクロス、ねじらない走法です。

 

ねじらないとは?

大抵の人は右足が前に出た時、左腕が前にきます。実際やってみてください。ね。なってるでしょ。
その時、身体を見てみると、ねじれてますよね。このねじれているのが余計なエネルギーを消費しちゃっているんです。

IMG_8805

 

例えば、すもうの張り手は右足と右手が一緒にでているんですね、これは威力を増すためです。
ボクシングは逆に右パンチを打つときに左足が前にでています。これは東洋と西洋の違いなんだそうです。

東洋は「ねじらない」んだそうです、なんかの本に書いていました。

 

このねじらない走法をどうやればいいのか、と言うと、右足が前に出た時、右を腕を前に出してください。左は無視して右だけに集中してください。そうすると左も自然にできてきますからね。

 

腕は肘を折るのではなく、やや下に伸ばす感じが良いです。楽な姿勢が良いですね。

忍者走りは二軸走法とも言い、一軸走法は右足と左足の真ん中の線を走って行く感じで、これはねじる走り方。二軸走法は右足は右足の延長のライン、左足は左足延長のラインに足を置いて走り、身体をねじらせない走法です。

IMG_8807

 

IMG_8811

 

昔、忍者や飛脚が超長距離を走れたのは、この二軸走法だったからと本で読み知りました。

実際にやってみた結果、僕はこの走り方が疲れにくかったので今も二軸走法で走るようにしています。

 

エピローグ

いかがだったでしょうか?
まさかのマラソンの記事でしたが、マラソンやジョギングをはじめてみようと思っている方、やってたけど知らなかったあなた、合わなければ元のフォームに戻せばいいので、ちょっとやってみてください。

 

距離を走るとき、非常に楽だと感じるかも知れませんよー

今日はコーヒー屋じゃない、趣味の記事でした。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

その時々の頂きを愉しもうじゃないか

プロローグ 今朝は、ギャラクシーブックの担当者さんと初打ち合わせがありました。 &n

記事を読む

損して得とれ とはどういうことなのか?

プロローグ こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。 お商売をしている人のみならず、どんなお仕

記事を読む

ずっと職人でありたいのですね

昨晩は島珈琲のウェブを担当して頂いている、makoro-planの牧田さんが高槻店に御来店。 実は

記事を読む

夏に動き、冬は地道に

プロローグ   6月から10月まで、申し訳ございませんが臨時休業を月に1~

記事を読む

ブログ・フェイスブック・ツイッターでお店の売上げは上がるのか

プロローグ ブログ・フェイスブック・ツイッターでお店の売上げは上がるのか? この答えにたいして、

記事を読む

上方は人情の街

  コーヒーも おもしろいもんで東と西ではやや好みが違うようです うどんの出

記事を読む

サービスって、実はさりげないもの

プロローグ 島珈琲は コーヒーを通じて人の幸せに貢献すること コーヒーを通じて暮らしの

記事を読む

仕事は楽しまないと損だ!

プロローグ さきほど、森のおはぎのオーナー様がコーヒー豆を買いに来られて、お話を少ししていました。

記事を読む

世界チャンピオンが夢だった

プロローグ 12月に入る前から一気に助走を付け、繁忙期がやってきた島珈琲です。 今までなら、努力

記事を読む

楽しい気持ちは伝播して、良い結果を生み出す

プロローグ 僕はおかげ様でコーヒーのことという、好きなことを仕事にさせて頂き、趣味なのか仕事なのか

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑