*

濃い味が好きな人が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいのか?

プロローグ

昨日は胃腸炎をおこしてしまい、早朝から具合が悪くなり高槻店は急遽、臨時休業をいただきました。
ご迷惑をおかけいたしました。もうだいぶ良くなりまして、あとは大好きなお酒をしばらく我慢したら、きっと良くなるでしょう。笑

 

そして明日10月15日(木)はエクスマ塾3日目ということで、こちらはお客さまをもっと笑顔にすることを勉強するセミナーに行ってきますので、高槻店はお休みを頂きます。休んでばかりですみません、でもお客さまのためにパワーアップするには何事にも闘志が必要です。あっ投資だね。時間も費用も自分への。

 

たくさんのことを学び吸収し、それを皆さんにお返ししますからね。
ご迷惑をおかけしますが、ブログもまた明日はお休みを頂きます。こんにちは焙煎アーティスト島規之です。

IMG_8210

 

濃い味のコーヒーお好みの方へ

あっさりとした味、濃い味、人の好みは千差万別ですね。今回は濃い味が好きな方へどんなコーヒー豆を選べばいいか、記事にしたいと思います。

 

コーヒーの味わいであっさり、濃いは焙煎度合いというもので分かれます。
濃い味が好きな場合は、深焙煎・深煎り・ダークースト・ストロングといずれかが書かれているものを選ぶと良いでしょう。濃い味とは深みがあって苦味がありコクがあるタイプが一般的だとされています。

 

スーパーでコーヒー豆を買ったけど、もうちょっと濃い味がいい

豆の状態で買えば、コーヒーの粉の挽き目で味わいの濃い薄いを調節できます。スーパーでコーヒーミルが設置しているところがあると思います。そこで中挽きというところ推奨していると思いますが、それよりも数字を若くしていくと(中挽きが5なら、4とか3に)すると挽き目が細かくなり、同じ1杯10グラムでも濃い味わいになります。

 

挽いたモノを買った場合、これは1杯に使う粉の量を増やしてください。1杯10グラムなら12グラムや14グラムにして味の濃淡をご自身のお口にあうように調整してみてください。

 

スーパーではブレンドが主体に置かれているので、先ほど書いた深焙煎・深煎り・ダークースト・ストロングと袋に書かれているモノを選んで頂ければよいです。コーヒー豆専門店でもブレンドはだいたい同じようですが、中には聞かないと名前だけではわからないものもありますので、優しそうな店員さんがいたら「深煎りのコーヒーはどれ?」と聞いてください。

 

ブレンドじゃない単一のもの、コロンビア・ブラジル・グァテマラ・マンデリン(インドネシア)・ケニア・タンザニア・コスタリカなどなどは深焙煎でも力を発揮できる豆が多いので、この銘柄が深煎りのスタンダードかと思います。(お店によって違いますけどね)

 

エピローグ

コーヒーは豆選び、焙煎度合い、挽き方でほんとに幅広い味の作り方ができます。ですから、わからないときはよく知ってそうなお店で聞くのが1番だと思います。

 

コーヒー屋の人って僕を含め気むずかしいそうな人に見えますが、「教えてほしい」と言えば喜んで、しかもそこまで聞いてない!ということころまで話てくれると思うので(時間に余裕がある時は)、好みを聞いて探すのもひとつの手段です。最初はちょっと勇気いりますけどね。笑 あなたのお役にたてれば嬉しいです。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ニューヨークのカフェ事情から見る流れ

まるで、さも自分が行ってきて見てきたようなタイトルですが、僕は行っておりません。(笑) &nb

記事を読む

手回しミルはじめたい方必見!手挽きミルのすすめ

プロローグ お客様に相談されてお話した事なんですが、もう一度きちんと説明したくて記事にしました。

記事を読む

道具は大事にするからこそ 最高のパフォーマンスを見せてくれる

プロローグ 昔から磨くことが好きで いや磨いて輝きをみるのが好きなのかなぁ 小学生の頃は自転車 青

記事を読む

コーヒーのブレンドは交響曲だ!

プロローグ   そもそもブレンドとはなんなのか?例えばブラジルはまろやかだ

記事を読む

no image

スチーミング

 エスプレッソマシンで昨日くらいから スチーミングが 急にうまくいかなくて「なんでだろ?」

記事を読む

島珈琲のコーヒー豆のラインナップはどのクラスか

前回のブログでは、TANPAN COFFEEのスペックをお伝えしました。 高品質コーヒーでも選ばれ

記事を読む

カプチーノのふわふわミルクの仕組み

プロローグ ご存じですか?元日と元旦の違いを。 のっけから何の話やねん!ですが、ニュースを読んで

記事を読む

昔のコーヒーはほんと美味しかった、ってホント?

プロローグ 昔のコーヒーは美味しかったって、言われても昔のコーヒーを飲んだことがないと、それはわか

記事を読む

コーヒーシロップ焙煎物語 ~無糖スィートメモリー~

プロローグ 懐かしい痛みだわ ずっと前に忘れていた でもあなたを見たとき 時間だけ後戻りしたの

記事を読む

ペーパーでコーヒーの味は変わるの?

以前にも書いたことですが、昨日お客さんに聞かれたので、もう一度書きなおしたいと思います。 リライト

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒーの焙煎で、どんなふうに美味しさを作るのか

毎朝、焙煎を終えるとこんなツィートなどをしております。 &nbs

今後コーヒー豆の価格はどうなるの?

今後コーヒー豆の価格はどうなるのか、とまぁ僕も聞きたいところですが、今

店舗経営にブログの更新はどんな効果があるのか

僕がブログをほぼ毎日のように更新しているのは、もちろんお商売のためでも

コンビニ100円コーヒーの存在は、どんな影響を与えたのか

コンビニのコーヒー、皆さんはよく飲まれますか? 僕は時々ですね、買い

ハンドドリップの「蒸らし」は何のため?

家族旅行から帰ってから、待っていてくれたかのように通販のご注文が相次ぎ

→もっと見る

PAGE TOP ↑