*

濃い味が好きな人が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいのか?

プロローグ

昨日は胃腸炎をおこしてしまい、早朝から具合が悪くなり高槻店は急遽、臨時休業をいただきました。
ご迷惑をおかけいたしました。もうだいぶ良くなりまして、あとは大好きなお酒をしばらく我慢したら、きっと良くなるでしょう。笑

 

そして明日10月15日(木)はエクスマ塾3日目ということで、こちらはお客さまをもっと笑顔にすることを勉強するセミナーに行ってきますので、高槻店はお休みを頂きます。休んでばかりですみません、でもお客さまのためにパワーアップするには何事にも闘志が必要です。あっ投資だね。時間も費用も自分への。

 

たくさんのことを学び吸収し、それを皆さんにお返ししますからね。
ご迷惑をおかけしますが、ブログもまた明日はお休みを頂きます。こんにちは焙煎アーティスト島規之です。

IMG_8210

 

濃い味のコーヒーお好みの方へ

あっさりとした味、濃い味、人の好みは千差万別ですね。今回は濃い味が好きな方へどんなコーヒー豆を選べばいいか、記事にしたいと思います。

 

コーヒーの味わいであっさり、濃いは焙煎度合いというもので分かれます。
濃い味が好きな場合は、深焙煎・深煎り・ダークースト・ストロングといずれかが書かれているものを選ぶと良いでしょう。濃い味とは深みがあって苦味がありコクがあるタイプが一般的だとされています。

 

スーパーでコーヒー豆を買ったけど、もうちょっと濃い味がいい

豆の状態で買えば、コーヒーの粉の挽き目で味わいの濃い薄いを調節できます。スーパーでコーヒーミルが設置しているところがあると思います。そこで中挽きというところ推奨していると思いますが、それよりも数字を若くしていくと(中挽きが5なら、4とか3に)すると挽き目が細かくなり、同じ1杯10グラムでも濃い味わいになります。

 

挽いたモノを買った場合、これは1杯に使う粉の量を増やしてください。1杯10グラムなら12グラムや14グラムにして味の濃淡をご自身のお口にあうように調整してみてください。

 

スーパーではブレンドが主体に置かれているので、先ほど書いた深焙煎・深煎り・ダークースト・ストロングと袋に書かれているモノを選んで頂ければよいです。コーヒー豆専門店でもブレンドはだいたい同じようですが、中には聞かないと名前だけではわからないものもありますので、優しそうな店員さんがいたら「深煎りのコーヒーはどれ?」と聞いてください。

 

ブレンドじゃない単一のもの、コロンビア・ブラジル・グァテマラ・マンデリン(インドネシア)・ケニア・タンザニア・コスタリカなどなどは深焙煎でも力を発揮できる豆が多いので、この銘柄が深煎りのスタンダードかと思います。(お店によって違いますけどね)

 

エピローグ

コーヒーは豆選び、焙煎度合い、挽き方でほんとに幅広い味の作り方ができます。ですから、わからないときはよく知ってそうなお店で聞くのが1番だと思います。

 

コーヒー屋の人って僕を含め気むずかしいそうな人に見えますが、「教えてほしい」と言えば喜んで、しかもそこまで聞いてない!ということころまで話てくれると思うので(時間に余裕がある時は)、好みを聞いて探すのもひとつの手段です。最初はちょっと勇気いりますけどね。笑 あなたのお役にたてれば嬉しいです。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ペーパーフィルターの折り方にコツはあるのか

春眠暁を覚えず。 最近、身体はしんどくないのですが、ねむたい自分がいます。  

記事を読む

無糖のできがむちゃくちゃいい!

あるお客様からメールを頂きました 「今年のコーヒーシロップ無糖は より美味しくなったように感じます」

記事を読む

ある失敗をしてから心に決めました 売り込みはしないと

プロローグ 先日、島珈琲をお使い頂いている茨木市松ヶ本町にある美容室ヘアーポテンシャルNOAHさま

記事を読む

次の1年も素晴らしいスマトラ・マンデリンを確保しました!

ニュークロップが続々入港しているようです。   ニュークロップとはコーヒー豆の

記事を読む

no image

情熱の薫りを求めて

 情熱の薫りを求めて     島珈琲 島 規之 島珈琲のコーヒーで、こころがほどけ、リラッ

記事を読む

ブログのネタに困ったら僕が手に取るコーヒーの本

基本的にブログのネタはお客さんから頂戴しています。   コーヒー豆を購入しに来

記事を読む

芦屋でカフェがオープンします!

先日の月曜日、友達がカフェをオープンするのでコーヒーの事などを教えて欲しいと言うことで、よっしゃーま

記事を読む

のばそう!

背筋を伸ばしてピンと! 最近 とくに昼食後は眠た~いですね いかがお過ごしでしょうか?こんにちは さ

記事を読む

ばっちぐー

 たぶん死語であろう「ばっちぐー」 今日 コーヒーシロップにする焙煎豆の味見をしたら 開口

記事を読む

ドリップするコーヒーポットを選ぶとき、あったら便利なもの

家に帰ると「とうちゃん、おかえりー!」と4歳の娘がだっこをせがみます。   な

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ブログのネタに困ったら僕が手に取るコーヒーの本

基本的にブログのネタはお客さんから頂戴しています。  

焙煎とは、引き出す作業なんです

昨日は定休日。 家族でおじいちゃん、おばあちゃんに会いに行ってきまし

今まで一番臭かったものは何?

今までで、あなたの中で「一番臭い!」と思った経験はどんなものでしたか。

あの芸能人の、あのコーヒーが再販決定しました!

あっというまのことで、息をつく間がなかったというか、再販するかどうかの

ブレンドコーヒーはいつも同じ味になるのですか?

あの芸能人の、あのコーヒーが再販されるかも?  

→もっと見る

PAGE TOP ↑