*

インスタントコーヒーを美味しくいれてみよう!の検証結果の件

プロローグ

僕が思うところ、コンビニコーヒーでもセブンカフェはピカイチだと思う。あのコストであおのクオリティはすごいなぁ、さすが大手よく研究してると初めて口にした時に思いました。

カフェだけでなく食品もよく研究していると感じてます。

 

今回はインスタントコーヒー 最近ではソリュブルコーヒーと言われますが、普通にお湯に溶かすだけでなく、他の方法も通じて美味しくいれる方法はないか それを探ってみました。

 

美味しい基準というのは好みよってバラバラですが、大手コンビニチェーンのだしているコーヒーは今の味の流行りを的確に捉えていると思ってます。ですから、そのセブンカフェのような味にどうしたら近づくことができるか、いろんな事をしてみた結果をここでまとめたいと思います。遊び心を持った真面目な記事です。笑

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

ネスカフェゴールドブレンドをあらゆる方法で試してみた

インスタントコーヒーと言えばコレ。代表格で知名度バツグンですよね。今回はこちらのコーヒーを普通に溶かして飲む味わいよりも、美味しくする手段を考えました。

 

まずはコレ。インスタントコーヒーなのに、わざわざペーパーで濾す。
こちらのメーカーでのマニュアルは1杯2グラムになっていますので、2グラムをきちんと計量しペーパードリップと同じようにやってみました。

IMG_8493

 

結果、カップ約半分くらいに達したところで、ペーパーが根詰まりしてしまいました。ペーパーに細かい粒子がつまり抽出は完全には行われませんでした。
ここで確認したことは、インスタントコーヒーは完全に液体にならず、細かいけど粒子が残るということでした。皆さんには関係ないですね。 笑

IMG_2536

 

半分ですが、これを口に入れたところ、僕はめっちゃ美味しいと思いました。
まるくなめらかになります。完全に濾過しないのでカップ半分無駄になりますが、是非試してください。

 

普通にいれたインスタントコーヒーとペーパーで濾過したのを右と左で飲み比べると、違いが分かるはずです。

 

次にフレンチプレスでやってみた

ギュッと押してカップに注ぐ器具ですね。
2杯用ですので、2杯作ることにしました。インスタントコーヒーの粉は3グラムいれました。2杯分なら4グラムがマニュアルですが、あえてちょっと少ない目にしました。そして2杯分のお湯をいれて待つこと3分。

IMG_5563

 

環境は味覚を変える というので、わざわざ使わないでよい器具を使い、気分的に高揚させてみるのが狙いです。
結果はまぁまぁでした。笑

 

そして最後、器具を使わずにもっとカンタンに美味しくできる方法はないのか考えた。
インスタントコーヒーは流通や販売価格の関係から、上等のコーヒー豆を使うことは難しいと思ってます。
ですから、どうしても独特の味と香りを持っています。これを緩和させ、まろやかにさせるためにあるモノが思いつきました。

 

それは塩です。

IMG_0161

 

僕のレシピでいうと、ネスカフェゴールドブレンド1.5グラム(マニュアルの4分の3の量)に通常にお湯で溶かし、そしてほんのわずかの塩を入れてください。
ここで注意したいのが、ほんとにちょっとです。入れすぎるとしょっぱいコーヒーになります。

 

さらに付け加えると、ブラックで飲む(塩を入れるからブラックではないですが)専用です。
ミルク砂糖を入れると、なんかややこしい味になります。

エピローグ

と、まぁプロが考えるインスタントコーヒーの美味しいいれかたの結果ですが、これを企画したときに島珈琲の超常連様からアドバイスを頂きました。

 

私のケースですが、職場で自分用に準備した物は、メーカーや好みの味の商品を選びました。結論は、○○社の物にいたりましたが、給湯器(ポット)から直接お湯を注ぐ事が多いインスタントでは、商品選びが重要だということになりました。
さらに、美味しく入れられる方法があれば、気になります!

 

ほんとにまさしくその通りだと思います。結果、いれかたの研究をしていて思った事は、まず各メーカーからだされている商品選びが重要ということがわかりました。好みの味を探すところからスタートですね。そしていれかた。インスタントコーヒーも奥が深いなぁ。

 

また機を見て、インスタントコーヒーの美味しいいれかたをいろいろ研究してみたいと思います。
見つかったらまた記事にしますね!

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

エスプレッソのコーヒー豆は苦いの?

確定申告の時期が近づいてきましたね。   先日、税理士さんといろいろ話をしてい

記事を読む

コーヒー豆は一度にどれくらい買うのが適量なのか

昨日、お店が終わりかける時間くらいに親父から電話がありました。   えっどうし

記事を読む

たくさんあるコーヒー器具、どれを選ぶべき?

最近、娘のはやりの遊びは神経衰弱。   今はメモリーゲームっていうんですね。

記事を読む

さぁ116キロの焙煎です!これが今回のTANPAN COFFEEの美味しさです!

さて皆さん、お待たせいたしました。   短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース

記事を読む

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書きます。 といっても、このタ

記事を読む

僕のオススメのコーヒードリッパーはコーノ式の名門 円すいタイプです

プロローグ 今やコーヒーの器具も様々なものがあって、正直どれがいいのか?わからない方も多いようです

記事を読む

コーヒーのプロは缶コーヒーを飲まないのか?

プロローグ コンビニコーヒーが世間にあっという間に広がった。 こんな早く定着するなんて僕は予想し

記事を読む

なんでそんなに種類があるの?コーヒー計量カップの種類

プロローグ コーヒーを1杯淹れるのに必要なコーヒー豆、粉は島珈琲では10グラムとお伝えしています。

記事を読む

コンビニコーヒーとハンバーガーチェーン店のコーヒーを飲み比べて思ふこと

研究しているわけではないのですが、ふとコーヒーが飲みたくなればコンビニなどで飲むようになりました。

記事を読む

ミルクに合うコーヒーの作り方

プロローグ ミルクに合うコーヒー。 コーヒーを軸にしてミルクを入れるのか、ミルクを軸にしてコーヒ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒーは不老長寿の万能薬と言われてたってホント?

どうせ千年もない人生さ 涙も笑え 笑いとばせ粉々に  

ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

→もっと見る

PAGE TOP ↑