*

焙煎?ドリップ?コーヒーの味わいはどこで決まる?

プロローグ

昨日9月24日からマーケティングの勉強をするために、エクスマ塾に通いだしました。

エクスマ塾とはエクスペリエンスマーケティングの略で、「モノを売るのではなく、体験を売りなさい」と言うことが考えの底辺にあり、コーヒーで置き換えるとコーヒー豆を売っているのではなく、コーヒー豆を買うことによってコーヒー豆のある素晴らしい生活を売っていることを伝える ということになります。

 

皆さまにもっと島珈琲のコーヒー豆で幸せになってもらえるように、しっかり勉強してきますね。

 

そのため10月はとびとびでお休みを頂きますので、こちらのホームページの営業カレンダーで確認してくださいね。赤色がお休みの日です。
http://www.shima-coffee.com/shopinfo/takatsuki/

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

コーヒーの味わいはどこで決まるのか?

ご家庭でコーヒーを淹れて飲まれるお客さまが購入されるのは、ほとんどが焙煎されたコーヒー豆ですね。
その購入する豆を店頭で粉にするために挽いてもらったり、またはおうちで挽いたり。

 

お客さまが選択できるのは、コーヒー豆を購入するお店を選ぶことからになります。

プロの目線はどこからかなのかをお話しますね。

 

まずは素材から

まず素材、焙煎する前のコーヒー生豆を選ぶところから始まります。
コロンビアの○○県 ○○農園の○○種 というところまで選ぶ基準があるのですが、良い素材を手に入れるためには良い素材を輸入してくれるバイヤーさんと繋がることがまず1番重要となります。

IMG_7681

 

 

味わいの決まる順番でいうと、
コーヒー生豆(素材)→ 焙煎 → 焙煎豆の管理 → コーヒー豆のカッティング(粉にするマシンの質)→  おうちでの豆・粉にしたときの管理 → 抽出 という順番です。

 

素材の良し悪しは焙煎の技術だけではどうにもなりません。焙煎は良く悪くもその豆の持っている味わいを100%引き出すための作業なので、良くない味を美味しく変える魔法の技術ではありません。

 

ということで、良い素材を仕入れることが美味しいコーヒーを作るための僕たちの役目となります。

 

エピローグ

コーヒー豆の管理を間違うとすぐに味わいに影響があるので、すごくデリケートなんですね。
例えばコーヒー生豆をコンテナで海上輸送中、近くに臭うものがあるとコーヒー生豆にそのニオイが移るということもしばしばあります。

 

コーヒーはまこと繊細なものなんです、奥の深さはそこにあるんでしょうね、きっと。
奥の深さ、ちょっと意識して楽しんでくださいね。

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト島規之のブログ

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ドリップのやり方で味を濃くしたり、薄くしたりする方法があるらしい!

プロローグ ブログのタイトルは大事だ。 見出しのところで読もか、読むまいかを決める。(人も多いは

記事を読む

いいねぇ~♪

無添加コーヒーシロップ 俗によばれて カフェオレベース 新しくデザインされたシールを空瓶にはるとこ

記事を読む

夏はアイス用の豆が売れるじゃないですか!って本当なの?

プロローグ これから暑くなる季節、コーヒー豆屋は暑さとともに閑散期を迎えます、っていうと、えっアイ

記事を読む

コーヒーの香りを閉じこめて・・・

 今日は平日の仕事がお休みなので ドリップバッグの仕込みをしまして パックにしてもらう工場

記事を読む

接客力を上げるにはどうしたら良いですか?

接客力とは、文字通り接客における力、気づかい気配りですね。   接客力って本来

記事を読む

コーヒーの味わいにおける「フルーティ」とは、なんぞや

昨晩は業務終了後、高槻センター街にあるフレンチレストラン、四季菜フレンチ・ソレイユさんへ用事がありお

記事を読む

ボトルコーヒーのキャップを開けると、いつまでに飲み終えるとよいですか?

プロローグ タイトルのご質問をお客様から頂いたので、今回はそのことを記事にしたいと思います。 こ

記事を読む

自家焙煎

 僕がコーヒー屋を開店したときは 「自家焙煎」という言葉が じぶんとこで焙煎してます!って

記事を読む

僕がハワイ島のコーヒー農園で得た大事なこころ

プロローグ 僕がハワイ島のコーヒー農園へ働きに行ったのは、2001年1月のこと。 ボランティアと

記事を読む

カッピングスプーン

                                             カッピング

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
進化するネルドリップ

聞き耳を立てていたわけではないのですが、大学生もしくは社会人になってあ

ほんとですか?環境によって味わいも変わります

実は僕、毎食後に新ビオフェルミンS 乳酸菌のくすりを飲んでいます。

コーヒー焙煎屋の僕がミルクを入れて飲む理由

昨日は奥さんはお休み。 その奥さんから営業時間中に電話があり、それを

たった10グラムの感動

幼い頃、母がよく映画に連れってくれました。 記憶が正しかったら、見た

料理は心やで

昨晩は中学時代の友達とご飯を一緒にしました。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑