*

ハワイ島のコーヒー農園で仕事をして学んだこと

プロローグ

昨夜、出版する本の原稿を書いていて、ハワイ島へコーヒー栽培ボランティアに行っていたときのことを執筆していました。資料を引っ張り出してきて、資料を見ているといろいろとあの時のことが走馬燈し、頭の中に様々な光景が思い浮かびました。

IMG_7632

 

IMG_7633

 

IMG_7634

 

 

また行きたいなぁと時々思います。コーヒー豆屋をするにあたって、栽培している人たちがどんな想いで、どんな苦労があって、コーヒー豆が船に揺られて日本に到着し、焙煎されて、カップに注がれるまで、全ての行程を知りたい、栽培される方の苦労を知りたい、そんな想いから出発したハワイ島。

 

ほんとうにいい体験ができました。その農園ではコーヒーの木を育て、コーヒーの実のピッキング(採取)から、水洗、乾燥、脱穀、ソーティング(不良豆の選別)、袋詰め、出荷まで全てをしていました。

 

ここで栽培の一から十までを知ることができた体験は、僕のコーヒー人生の中での宝ものです。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

ハワイ島で仕事

ハワイ島で有名なコーヒーの産地はコナですね。でも、僕がお世話になったところはコハラというハワイ島の北部の地域でした。コハラマウンテンの麓、海抜500メートルの場所で、オーナーは日本人、パートさんでフィリピンから移住してきたフィリピン人やメキシコ人の方々と一緒に、コーヒーの豆をピッキングしたり、コーヒーの木の剪定をしたりしていました。

 

コーヒーの木は放っておくとぐんぐん伸びて3メートルくらい、2階くらいの高さまで成長し実も採れないし、栄養分が実にいかず木の方へいってしまうので、ある程度の高さにするため幹や枝を切ってしまいます。

 

あとはトラクターにのってコーヒーを精製したときにでた皮などを堆肥にするのに運んだり、草刈りや農業地の整備などでした。

 

休日の過ごし方は

農業なので基本的に決まった休みはなかったのですが、何もしなくてよい日は海にシュノーケリングによく行っていました。綺麗な海でした。

何せ田舎(失礼 笑)なんで都会な場所に行くにはコナまで行かないといけないので、そうなると車で2時間くらい(だったと記憶してます)かかります。往復に時間がかかるのでほとんど行くことがなかったですね。

 

ですから、お金をほとんど使いませんでした。三食食事付き、宿泊費は無料、ビールは買ってくれました。ただしボランティアなのでお給料はでませんが、お金にかえることの出来ない、ほんとに貴重な体験を僕はできました。

 

エピローグ

都会育ちの僕には農業の労働はほんとうに厳しく、身体があちこち痛かったのを覚えています。でも、空気が美味しくて海がきれいで、充実した時間でした。

 

この体験で学んだことが今のコーヒーのことや経営に役に立っています。また、他にあったことも少しずつ皆さんにお伝え出来たら喜んでもらえるかなぁーなんて思ってます。続編お楽しみに♪

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーシロップの仕込みだ!

 どちらかというと 夏の方がメインと言えるこの商品 島珈琲オリジナル コーヒーシロップ 夏

記事を読む

じょうぶだよ!

  はい みなさん こんばんは♪ じょうぶになりました! 何が? 豆袋がです 右が新しくな

記事を読む

ちょっと知ってるとコーヒーが面白くなる!焙煎のお話

昨日は定休日で、家族でキッズランドに行き娘とひたすら遊んできました。 汗だくになって遊ぶ娘。

記事を読む

どうしてコーヒーを沢山の杯数を淹れる時、粉を減らすのか

プロローグ 毎日ブログを更新して書き慣れていても、書くのには時間はそれなりに必要です。 文字数に

記事を読む

コーヒーのドリップもシンプルに考えるといい

プロローグ どんな物事もそうですが、「シンプルに考えた方が結果が良くなる」ということを歳を重ねてき

記事を読む

ドリップのやり方で味を濃くしたり、薄くしたりする方法があるらしい!

プロローグ ブログのタイトルは大事だ。 見出しのところで読もか、読むまいかを決める。(人も多いは

記事を読む

お店によってコーヒーの味わいの違いがあるのは、焙煎機のせいでもあるのです

プロローグ コーヒーの味わいが違うのは、コーヒー豆の違いでブラジルとかコロンビアとかもありますが、

記事を読む

カプチーノの美味しさはミルクにあった

プロローグ もちろんカプチーノに入るエスプレッソも美味しいからカプチーノが美味しいわけですが、今回

記事を読む

no image

一歩一歩

 カフェBeの実習生 一歩一歩 成長していく様子を見ていて こちらもすごく勉強させられてい

記事を読む

仕事がうまくいくコツとは

プロローグ 今日、お客様があって結婚したことのご報告を受けた。きゃーめでたい、きゃーめでたい、おめ

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ドリップ?焙煎?コーヒーの香りはどこで決まるのか?

コーヒーは香りのものですよね。 特に女性はコーヒーにおいて、味わいと

甘みのあるコーヒー豆をください

最近、このブログのタイトルにあるように言われ、コーヒー豆をお買い求めに

何をするにもカクゴっているよね

さて、久しぶりにブログを書くネタが思いつきませんでした。 &nb

ブレンドのネーミングはどんなふうに決めているのか

娘はなぜかテレビの天気予報が好きで、大阪は晴れくもりやなぁとか、花粉状

教えて!グァテマラコーヒーの魅力とは

昨日は休日。 午前中で終了する娘の幼稚園の送り迎えをして、そのあとは

→もっと見る

PAGE TOP ↑