*

焙煎による違いって何?焙煎でどんな味を作っているのか

プロローグ

コーヒーの味わいはまず原料によって違います。ブラジル・コロンビア・グァテマラ・・・。国によって、国の中でも地方によって、それぞれ味わいが違ってきます。これは左と右で飲み比べてみないと分かりにくいものだと思います。

 

そして次に同じ銘柄でも焙煎によって違ってきます。まず焙煎機というコーヒーの豆を煎る機械ですね。これにも何種類かのタイプがあり、それぞれによって香りの出方や風味の強弱など違いがあります。

 

そして同じ焙煎でも焙煎のやり方によって、味の出方が変わってきます。
つまり焙煎人の数だけ、コーヒーの味わいがあり、違いがあるということになります。
ややこしいですね。

 

で、焙煎によってどんな味わいを作っているか、ここを今回はお伝えしたいと思います。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

IMG_7516

 

島珈琲の焙煎は?

コーヒーの焙煎にはいろいろ方法があるのですが、僕の中では喫茶仕様と豆売り仕様とがあります。
焙煎は時間と火力(熱量)の関係だと思ってます。強火で一気に焙煎するとコーヒー豆のもっている味がグッとひき立ち、カップで飲むときに力強い味を出すことができます。

 

これが僕の言う喫茶仕様なんですが、これには欠点があります。豆の持ちが悪いのです。
なぜか?強い火力で一気に焙煎する方法ですと、コーヒー豆は繊維質でできているので繊維がグッとやや強制的に伸ばされてしまい、繊維質がもろくなり、よってコーヒー豆の味わいの持ちがあまり良くない。

 

言い換えると、味わいの持続力がない、ということになります。

 

豆売り仕様は?

これとは逆に味わいの持続力を長くするための焙煎があります。これも時間と火力の関係なんですが、時間が長すぎるとこれもコーヒー豆の繊維をもろくして味の持ちがあまりよい状態ではなく、短すぎず長すぎない適正な時間で焙煎をします。

 

コーヒー豆を購入しご家庭で2週間もしくはもっと、パンチのある味ではないですが、味わいの持続力があるので、風味をある程度長い時間楽しむことができます。

 

焙煎でこういうことをコントロールしているワケですね。

あと焙煎というのは、コーヒー豆の持っている潜在する味を引き出す作業です。
引き出す過程で、いろんな要素をかみ合わせて独自の味わいにしている作業ということになります。

 

エピローグ

今日はちょっとややこしい話でしたが、焙煎はこんなことを考えてやってますよーという記事でした。

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー豆の中に茶色い「皮」が入っていた。異物なの?

プロローグ 先日、岡町本店に友達が来てコーヒー豆をストックケースからビンに移し替えている時に、「何

記事を読む

仕事を楽しむ、とは何ぞや

なぜ僕が「エクスマ=エクスペリエンスマーケティング」にこんなにも興味を持っているのか。 &nb

記事を読む

一番仕立てプレミアム 金のアイスコーヒー プレゼントのお知らせ

 今年はプライベートブランド つまり島珈琲オリジナルのアイスコーヒー リキッドタイプを作ろ

記事を読む

ハンドドリップのちょっとしたコツ

2016年も最後のブログとなりました。 少しずつ読者さまも増えて、とても嬉しく思っています。

記事を読む

コーヒーの種類、どれを選べばいいの?世界旅行を楽しむ気分で選ぶのはどうでしょうか

プロローグ コーヒーの生産国、いろんな産地のコーヒーがありますが、あなたはどの国のコーヒーがお好き

記事を読む

コーヒーの木

 すくすく育ってます! 実をつけるのはいつの日だろうか 今日はお疲れなので日記はこれまで

記事を読む

酸味のある中煎りと苦味のある深煎りのコーヒー どっちが売れてる?

さて、三ヶ日も今日が最終。 今年のお正月は温かいせいか、例年ほどのバタバタさはなくちょっと拍子抜け

記事を読む

一歩そしてまた一歩

 少しずつ進化しております 完成までの旅は まだまだつづく

記事を読む

南米!コロンビアコーヒーの魅力にせまる

コロンビアといえば何を思いだしますか?   コーヒーも有名ですが、僕は麻薬の存

記事を読む

ある失敗をしてから心に決めました 売り込みはしないと

プロローグ 先日、島珈琲をお使い頂いている茨木市松ヶ本町にある美容室ヘアーポテンシャルNOAHさま

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

→もっと見る

PAGE TOP ↑