*

初心者必読!ペーパードリップで1杯淹れるのと2杯淹れるのとどっちが安定するか?

プロローグ

次の月曜日にコーヒーセミナーをしてほしいとご依頼がありまして、高槻上牧にあるイタリアンレストラン リストランテ・コンテさんに行き、セミナーを開催してきます。

 

今回はホームでの開催ではなく、ビジターになりますのでコーヒーの入れ方とかは時間と道具の都合でレクチャーできませんが、盛り上がるセミナーのひとつ、飲み比べでお客さまに楽しんでもらいたいと思ってます。

 

人前で話すのが苦手な僕でしたが、最近気づいたことがります。「自分が楽しまないと話は伝わらない」と。
よし、楽しむぞ-と思うようになってからは、少し緊張が和らぐようになりました。
頑張ってきますね。こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

ペーパードリップで安定するのはどっち?

コーヒーをペーパードリップで淹れるとき、1杯分を淹れるのか、2杯分か、3杯分か。これはそれぞれのご家庭で違うと思います。

 

僕は家ではコーヒーメーカーなんです。お店では1杯ずつドリップしています。
ほとんど1杯分でしかペーパードリップしません。慣れるとどうってことありませんが、初心者の方はどうでしょうか?

 

僕の経験から言うと2杯分を一度にドリップする方が味も安定しやすく、動作もやりやすいと思っています。

 

なぜか?

2杯分を一度にいれるときは粉の量が18グラムです。少し回り道しますが、粉の量は1杯分は10グラムから12グラム。2杯分は18グラム。3杯分は26グラム。4杯分は32グラム。5杯分は40グラム。

 

お茶を淹れるときと一緒で、杯数分にしたがって粉の量を倍量にしていくと濃い味になりますから、一度に淹れる量が多くなれば粉の量を少なくしていってください。上の数字を基準にして、おこのみの味の濃淡は粉の量で調節してくださいね。

 

2杯分はなぜ安定するのかというと、粉の量が多い分、マトが大きいのでドリップしやすいというのが理由の一番です。後はお湯の量の調整。ポットからできるだけ細く線にしたお湯を注ぐわけですが、マトが大きい分、線をそれほど細くしなくても(線が太すぎてはいけませんが・・・)味に影響はないと思ってます。※写真は1杯分10グラムをドリップしています。2杯分の量18gですとこれよりも面積が増え、マトが大きくなるんです。

IMG_4140

 

まとめると1杯分を淹れるときよりも気を遣う量が減る というところでしょうか。

 

エピローグ

ハンドドリップをはじめる方は1杯分よりも、一度に2杯分から淹れる方からはじめた方が、きっとスムーズにいくと思いますよー。

 

わからないことあれば聞いてくださいね。

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

正義の味方?悪の枢軸?カフェインは一体何者なのか

プロローグ まずひとつ、誤解されている方が多いのが、コーヒーは苦いほどカフェインが多く含まれている

記事を読む

コーヒー焙煎後のハンドピックという作業って何?

プロローグ 営業中にセールスの電話が時々かかってきます。 電球の製造が打ちきりになって補助金がで

記事を読む

コーヒーの「美味しい」には 何が隠されているのか

ありがとうございます。 19日から21日まで僕の両親と家族、合わせて5人で南紀白浜アドベンチャーワ

記事を読む

冬は濃いコーヒーが欲しいもの アイスコーヒー用の豆をホットで飲む

8月6日、夏生まれの僕です。 最近の暑さにはめっぽう弱くなりましたが、どちらかというと暑さには強い

記事を読む

エスプレッソ

エスプレッソマシンを使い出して 4年くらいになりますが やっとなんとなくわかってきました ドリップで

記事を読む

ご存じですか?コーヒーは濃いのが底に溜まっていることを

プロローグ コーヒーを生業にしているプロなら超当たり前の事なんですが、案外知られていないのがコーヒ

記事を読む

コーヒーのドリップもシンプルに考えるといい

プロローグ どんな物事もそうですが、「シンプルに考えた方が結果が良くなる」ということを歳を重ねてき

記事を読む

今更ですが、水だしコーヒーポットの美味しい作り方を調べます

昨日は休日でして、家族で市民プールに行ってきました。 9時半から12時半、奥さんが体調が芳しくなか

記事を読む

どうなる?マンデリンの行方

コーヒーが栽培される所謂、コーヒー生産国は赤道を中心に北回帰線と南回帰線の間にあり、その一帯をコーヒ

記事を読む

ペーパーはタッパーで

 ほんとは昨日書こうと思っていた記事なんですが僕はブログの記事の書きためすることはせずその

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないので

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれな

→もっと見る

PAGE TOP ↑