*

焙煎するコーヒー豆には皮がある、その二次利用とは?

プロローグ

コーヒー生豆を焙煎すると、コーヒー生豆についている薄い皮が熱によって剥がれてきます。この薄い皮を「シルバースキン」と呼ばれていますが、一緒に焙煎されて茶色くなったそのシルバースキンは「チャフ」と呼ばれます。

IMG_7142

 

なんだか成長魚のようですが、それ自体は料理としての使い道はなく、大抵は破棄されます。

 

コーヒー生豆はコーヒーの実を精製されて、それになります。コーヒーの実はサクランボのようで、サクランボのタネがコーヒーになります。コーヒー生豆になるには、まずコーヒーの実の果実を除去するんですが、除去された果実も再利用されます。

 

だいたいは畑などの肥やしのようです。

今日はチャフを含めて2次利用の記事を書きたいと思います。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

コーヒーは精製の過程でいろいろカスがでる

コーヒーの実からコーヒーのタネを取り出し、これを精製してコーヒー生豆になっていきます。コーヒー生豆になる前には、前回の記事に書きましたが半円形のフラットビーンが2つくっついて、それが皮に包まれています。

 

わかりやすくいうと精米する前のお米みたいな感じです。それを脱穀してコーヒー生豆になります。
脱穀する前のコーヒー豆は「パーチメントコーヒー」と呼ばれています。
コーヒー生豆は買い手がつくまでは、脱穀しないまま保存しており、買い手が見つかり船積みの段取りが着いたときに脱穀するんですね。

 

なぜかというと鮮度が保たれるからなんです。ほんとうなら脱穀せずに日本に輸入し、日本で脱穀すればコーヒー生豆の鮮度は格段に変わってくるんですが、いろいろ規制もあり、カサの問題もあってか実現することはなさそうです。

 

脱穀したときにでるパ-チメントコーヒーの皮の黄色の粉も、僕がハワイ島でコーヒー栽培のボランティアをしていた農園では、畑の肥料として2次利用していました。

 

チャフの2次利用は?

僕の場合、焙煎機を使いコーヒー豆を焙煎しているので、熱によって剥がれたチャフは集塵機(サイクロンと呼ばれています)で煙とチャフを分離し、煙は上に向かい煙突へ。チャフは下のカゴで受けられることになります。

 

大抵は廃棄処分されるのですが、これも畑の肥やしにもってこいで僕はチャフは別にわけて置いておき、溜まると近所で家庭菜園をされている方にもらって頂いてます。

 

菜園をされている方いわく、ほんとに良い肥やしになると毎回喜んでもらい、できた野菜をお裾分けしてくれます。(それが狙いではありませんよ 笑)

 

エピローグ

大地で採れたモノは大地に還す、無駄なく利用する良い循環ですよね。
何か料理にのもとなどに利用できたらもっと楽しみが増えると思いますが、その可能性は・・・今のところちょっと想像できませんねぇ。いろいろ考えて見ますね。
この記事、ちょっと気になるなぁと思った方は、店内にてお譲りしますので気軽にお声かけくださいね。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

みんな聞いて!美味しく淹れるカンタンな方法わかったよ!

先日ですね、大阪中央区にある「自家焙煎コーヒー くまきち」のオーナー、前田さんが高槻店にお越しになら

記事を読む

エスプレッソには砂糖をいれると美味しいわ

エピローグ 僕は正直なところ、エスプレッソにはそんなに詳しくはありません。エスプレッソもほんとに奥

記事を読む

深焙煎と中焙煎 同じグラムでも見た目の量が違うのはなぜ?

こんにちは!焙煎アーティスト 島規之です   昨日はお休みを頂き 家族と友人の

記事を読む

なぜシェフは食材にこだわるのに、コーヒーにはこだわらないのか

プロローグ さて昨夜、毎月発行しているニュースレターの印刷に行って来ました。 スマートフォンの充

記事を読む

初めてのコーヒー豆屋で困らないようにくふうしていまーす

プロローグ コーヒー豆屋というのは「何となく敷居が高い」ように思っちゃいますよね。 島珈琲を開業

記事を読む

豆乳ラテ ぬる燗

  ぷれいすBeを利用するHさん 障害特性からなんでもイッキで飲んでしまうため あったかす

記事を読む

そうだったのか!喫茶店ででてくるお冷やの役割とは

プロローグ カフェや喫茶店に行くとお冷や、お水ですね、出てきますよね。 その役割について今日は記

記事を読む

自家焙煎で独立して

 高槻に越してきてようやく1ヶ月が経ちました 「なれましたか?」 というお声かけをよく頂き

記事を読む

バリスタでもあり、ブレンダーでもあり、ロースターでもあり、そして経営者でもある

よくよく考えたら、いろんなことをしてるんだと思った、そんな今回のお話。   バ

記事を読む

なぜコーヒー豆は購入する都度に挽くのか?

プロローグ コーヒー屋、コーヒー専門店にとって基本中の基本であり、その都度挽かないってどうなん?と

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒーの「美味しい」には 何が隠されているのか

ありがとうございます。 19日から21日まで僕の両親と家族、合わせて

6/20(火)21(水) 通販業務・高槻店臨時休業のお知らせ

      い

なぜ コーヒー豆屋に「喫茶スペース」を設けたのか

先週日曜日のブログで高槻店になぜ喫茶スペースを設けたか、これを覚えてい

ドリップしたあとの粉が、綺麗なスリ鉢になるためのコツとは

さて、いよいよです。 いよいよ家族旅行です、って皆さんには関係ないで

説得か納得か 買い物をしてもらうのにどっちが大事?

過去の経験から言うと、6月はどちらかというと閑散月なのですが、今年はお

→もっと見る

PAGE TOP ↑