*

その時々の頂きを愉しもうじゃないか

プロローグ

今朝は、ギャラクシーブックの担当者さんと初打ち合わせがありました。

IMG_7059

 

迷ったら、結局 好きか嫌いかで決めることが正解 と去年7月に行った合宿セミナーでエクスペリエンスマーケティング、略してエクスマの藤村正宏先生が言われた名言をノートを書いていたのを見て思いだした。

一瞬やるか、やらまいか迷いましたが、おもしろそうなので、文を書くことが好きなので出版してみることにしてみました。

 

商業出版なんで、いわゆる印税という僕の人生にはまったく無関係だと思っていたものが、手に入るようになるらしいです。ですからもちろん文を作る労力と、構成や編集してもらうための結構大きな費用が必要となります。

 

覚悟を決めて取り組みたいと思います。そして本が完成した時に手にとった人が「面白い、楽しい!」と思ってもらえるように、僕も心底この制作を楽しんで取り組みたいと思います。

 

完成は1年後を目標に。
ブログをいつものように書きながら(笑)、本を完成させたいと思います。
タイトル何にしよ・・・
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

僕のコーヒーパッケージの横にはこんなことが書いてある

「焙煎を究めるため産地の農園で働いた男の店 島珈琲 焙煎アーティスト島規之」と。
コーヒー焙煎を生業にしている人は、僕の知るかぎり「求道者」の方が多く、僕もそのうちの一人です。

IMG_7061

 

美味しいコーヒーを求めるため、焙煎を勉強し、原材料のコーヒー生豆を勉強し、産地のことを知り、産地の情報、世界のコーヒー動向を調べ、そして生きる道、哲学のことまで考えている人が周りに多いです。

 

焙煎をやっている人は案外 類は友を呼ぶ みたいで、似たような人、似たような趣味を持った人が結構多いです。それはどうでもいい話です。

 

究めるため、だけど、究めることが出来ないのが道

なんでもそうなんだけど、究めた!と言うとその地点がゴールであり頂上であると思うんです。
そう思ってしまうと、もうその上がない。

 

つまり進歩がないと思うんですね。
焙煎をしていて、100回に1回もないのですが、「これすげぇ、完璧や!僕 天才ちゃうか?」とほんの一瞬だけ自惚れるくらいドストライクの焙煎ができることがあります。

 

でもね、そこで満足してしまったらそれ以上進歩がありませんよね。それに、これはすごいと思っていても、次の瞬間からもっと美味しいのができるんじゃないか、そう思ってしまい、また新たに次の頂きが向こうにそびえてくるんですね。

技術はそうして、高まっていくんですね。

 

エピローグ

たぶん一生、コーヒー焙煎を究めることはできないだろうけど、その時々の頂きを楽しみながら、お客さまに喜んでもらえるコーヒーであり、お店作りであり、接客を究めるために日々精進したいなぁと今日は日記なブログになりました。

 

がんばります!

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

深夜と早朝の境目

 高槻店をオープンさせてから あまり熟睡ができていない寝るとき以外 いや寝ているときも仕事

記事を読む

no image

祈り

 ビッグイシュー日本版135号のスティングのスペシャルインタビューの中に 興味深い一文があ

記事を読む

軟体動物的 処世術のすすめ

ねむい あーねむい 今日は心地よい忙しさと いいリズム中で 営業日は日曜だけのお店 岡町本店でコーヒ

記事を読む

ほっこりな薫り 入荷しました。

お風呂に入ってたら この言葉がぽんっと浮かんできたので早速 表のブラックボードに書いてみました意味は

記事を読む

なーんでか?

 ありがとう祭りが終ってからの方が なにやらバタバタしていて 落ち着く間がない しかし こ

記事を読む

no image

想像力

昨日は遅くまで仕事をしなければいけなかったので日本シリーズはラジコで聞いていました久しぶりにラジオで

記事を読む

コンテスト

今日はコンテストに出場するスタッフをつれ 仲良くしているYさんが来店され コンテストに使うエスプレッ

記事を読む

炎の達人

僕は高校を卒業した後 すぐに就職しましたが  1つの仕事を永く続けることができず転々としていました

記事を読む

no image

レ点

 なぜ レ点なのか? どうしてチェックはレ点になったんだろうか? 他愛のないことが気になっ

記事を読む

紅葉 ナンテン

今年はほんとにいい色になってくれた 植え替えてもうだめかなぁ って思っていたけども 歳を重ねるごと

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
焙煎は焙烙(ほうろく)でもできるんですよ

僕は滅多にコーヒー教室をしないのですね。 なんで?と言われるとあまり

コーヒーと健康とダイエットのお話

昨晩、娘が耳が痛いと泣き出す。 奥さんが救急の病院に電話をかけてみる

今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

→もっと見る

PAGE TOP ↑