*

ドリップも焙煎もする人が変われば、味は変わる

プロローグ

昨日のツイッターで何気なく思いつき、何気なくツィートしたこと、とても反応がよかったんです。
そのツィートはこちら

 


 

打ち水というのはおもてなし なんですね。場を清め、清めた場所を通りお店に入って頂く。
ちょっとした見えない心遣いです。これも接客業におけるサービスですね。
お客さまには見えないことだけど、こういうことの積み重ねって大事と思います。知らず知らずに伝わっていくものですからね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

同じ条件でやったとしても、する人で味は変わる

IMG_7039

 

前に書きましたが、今、嫁さんにペーパードリップでハンドドリップを練習してもらってます。
毎回同じコーヒーで、上達具合を調べながらドリップの練習をしていますが、そこで改めて面白い発見をしました。

 

ほんとに同じ条件にして、同じ事をしても、同じコーヒーであっても同じ味にならない。これはもう何度も説明してきたことなんですが、それに加えてその人の味の好みも反映されるようです。

 

嫁さんの味の好みは「濃い味」です。僕は「薄味」。
僕はさらっと淹れて口当たり爽やかな味を作ります。これが僕の好みなので、その自分の美味しいに基準を合わせて技術を養ってきました。

 

ところが嫁さんの淹れたコーヒーを飲むと、大抵「濃い味」になってます。
ご飯を一緒に食べているときも、調味料は嫁さんの方が良く手にします。僕はできるだけ素朴な味で素材の味を愉しんでいます。

 

生活で身についた味の好みは、技術を左右する

当たり前と言えば当たり前ですが、自分の「美味しい」が基準になり、自身の調理技術は進歩していくわけですから、その人の味の好みが技術の左右するわけです。
濃い味が好きな嫁さんは、濃い味の中で更に自分が美味しいと思うポイントを探し技術を磨いていく、ということです。これは知らず知らずに行われていることなんですね。

 

つまりこの事から何がいいたいのか?というと、「家で淹れても島珈琲で飲んだコーヒーの味にならへんのよ~」と悩んでいるあなた!たぶん、それはあなた好みの味に自然とあなた自身がそうしているのです。

 

だから、迷わずにその淹れた美味しいコーヒーに対して自信を持ってください。
あなたの淹れたコーヒーは美味しいのです!

 

エピローグ

どれだけ同じ条件が揃っていても、人が変われば味は変わります。
ですから、僕と同じようにならないよーと悩まないでくださいね。
あなた好みなっているはずなんで、ちょっと分析してみるのも楽しいかも知れませんよー

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

焙煎前のコーヒー豆、どうやって美味しさを見分けるの?

プロローグ コーヒー豆の焙煎。 焙煎とは熱の力を使い化学変化を起こすことです。 コーヒー生豆と

記事を読む

ハンドドリップするドリップポットの選び方

高槻店は元旦から営業しておりまして、3ヶ日は天神さんへの初詣で目の前通りは、人でいっぱいになります。

記事を読む

高品質コーヒーの味を一言で言うと たぶんこうだ!

プロローグ 昨日の喫茶のお客様が「美味しいコーヒーやわぁ、雑味がないなぁ」と嬉しい感想を独り言のよ

記事を読む

ペーパードリップ 使うペーパーによっても味わいは変わる

プロローグ 先日、新居へ引越をしました。 いつもの生活に落ち着きを少しずつ取り戻している僕です。

記事を読む

甘みのあるコーヒー豆をください

最近、このブログのタイトルにあるように言われ、コーヒー豆をお買い求めに来られる方が多くなりました。

記事を読む

ペーパードリップの「蒸らし」が上手く出来ない!そんな貴方に贈るちょっとしたコツ

プロローグ 奥様に「コーヒーでなんか疑問に思う事ない~?」と、何気なくブログネタが欲しくて聞いてみ

記事を読む

コーヒー豆を粉にする時、コーヒーメーカー用の挽き方があるの?

プロローグ たぶん秋頃になると思います。 出版する、僕のコーヒー本がの原稿が佳境に入りました。

記事を読む

季節の節目に旨いコーヒーがある

プロローグ 今日はほんとに穏やかな天気で、春らしい1日になりそうです。 暖かい季節、なんだか心が

記事を読む

焙煎すると目方が減る話から、アメリカンコーヒーの「なぜ?」を説いてみた

プロローグ 今日は焙煎をすると目方が減るという話から、アメリカンコーヒーがなぜ浅焙煎のコーヒーなの

記事を読む

コーヒーを愉しむ為に必要な2つのこと

プロローグ 僕は「続ける」ということが苦手でした。 えっ?と思われる方もいるかと思いますが、ほん

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
そんな簡単なこと?僕が個人経営のお店でこれ大切!と思っていること

僕勘違いしていて、高槻店は6年目だと思っていたら、今は5年目でした。

僕 島規之がオススメのコーヒーミルはこちら

最近、ブログの出だしが娘のことをかなりの確率で書いているなぁと、改めて

僕がペーパードリップで大事にしている1つのこと

娘と日本むかしばなしを見ています。 夜はだいたい20時くらいに家に帰

定番ネタ カフェラテとカフェオレの違いって何か

昨晩はエクスマ塾69期の同窓会でした。   個性

コーヒーに入れるミルク どれが美味しい?

今までは仕事に関する時間の問題は、自分が納得いくまでやる、でした。

→もっと見る

PAGE TOP ↑