*

ペーパードリップで1杯分を作るよりも、2杯分を作ると濃い味になるのはなぜか?

プロローグ

今回はペーパードリップで1杯分 コーヒーの粉10グラム~12グラムで140cc作る場合と
2杯分 コーヒーの粉18グラム~20グラムで280ccを一気に作る場合と、なぜ2杯分つくるほうが濃い味になるのかを、記事にしたいと思います。

 

僕は高槻店では喫茶でだしているカタチ、カップに直接ドリッパーを置きペーパードリップする方法でお客さまへおだしする同じ方法で、コーヒーを抽出します。
喫茶でだしているコーヒーの味チェックでもあります。

 

IMG_4139

 

いっぽう岡町本店ではだらだらコーヒーを愉しみたいので、マグカップで通常カップの2杯分の量を一気にペーパードリップします。

 

味は2杯分の量を淹れたコーヒーの方がじゃっかんですが濃いく感じます。
その答えは実はカンタンなんですね。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

2杯分が濃い味になる理由

理由としては、コーヒーの粉の層が厚くなるからです。

1杯分ですと10グラム~12グラムの粉量を使います。2杯分ですと18グラム~20グラムです。
通常、僕がオススメしている粉の量は1杯分は10グラム 2杯分は18グラムです。
この2グラムの差は濃い味が好きな方への目安の分量です。

 

1杯分も2杯分も同じドリッパーを使った場合、粉量が多いと?そうですね、当然 層が分厚くなります。
一滴のお湯が2.5センチのコーヒーの粉の層を通るか、4センチのコーヒーの粉の層を通るか、層を通る長さがあるほどお湯はコーヒーの成分をよく含むのではないか、というのが僕の勝手な視点です。

 

量を多く抽出すればするほど、粉の量は少なくてすむ

家庭ではあまりないことですが、例えば10杯分を一気にドリップするとなるとたぶん粉量は70グラム程度で良い味を抽出できると思います。計算上では82グラムになります。粉が少ないのになぜ良い味になるのか?

そうです、お湯が粉を通過する層の厚さがあるから、ですね。

 

つまり杯数を多く取ろうとすればするほど、コーヒーの粉の量は少なくてすむので経済的だということです。
ですから、店舗では一気に淹れてポットに置いときたいのです。なんでか?コストが安くすむからですよね。

 

ただし「淹れ置き」しておけばコーヒーの液体も劣化します。ポットの下に電気ヒーターがあるものは煮詰まりしてしまうモノもあるので、そうすると美味しくなくなります。

 

結果、美味しいコーヒーを提供するには、今のコンビニのように1杯ずつ淹れるマシンが置かれるようになった。というのが時代の流れです。

 

エピローグ

ちょっと焦点がずれていって(?笑)しまいましたが、1杯分を抽出するより2杯分一気に抽出する方が濃くなる理由でした。

 

濃くなる理由はお湯がコーヒーの層をより多く通るから。そして杯数が多ければ粉が少なくすみますよーというのがこの記事のまとめとして、締めさせてもらいます。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

面倒くさいと思わないで!ドリップのお湯を何回かにわけて注ぐわけ

プロローグ 浄水器を知っていますか? 何を!失礼な!ですよね、当然知ってますよね。 &

記事を読む

世界で唯一のあなたギフト、そんなご提案です。

プロローグ 先日、何気なくコーヒーシロップのラベルを貼っていました。 島珈琲オリジナル・コー

記事を読む

カフェインは本当に刺激物だけなのか?

プロローグ 怒濤のゴールデンウィークが終わり、溜まった事務作業に追われている僕です。 こんにちは

記事を読む

コーヒーミルによってコーヒーの味は変わるのか?

プロローグ 僕の道具の中で、味において焙煎機の次に重要なモノは、コーヒーミル(コーヒーカッターとか

記事を読む

どうしてコーヒーを沢山の杯数を淹れる時、粉を減らすのか

プロローグ 毎日ブログを更新して書き慣れていても、書くのには時間はそれなりに必要です。 文字数に

記事を読む

ペーパードリップを考える。そもそも「蒸らし」って必要なの?

プロローグ 前回ペーパードリップにおいて、「蒸らし」を上手にやる為の方法を書きました。 前回の記

記事を読む

コーヒーはどんなときに飲みますか?

プロローグ 島さんはいつブログを更新しているのですか? と、先日お客様に聞かれました。だいたい朝

記事を読む

インスタントコーヒーってカフェインが多いの?

プロローグ 昨日の記事、フェイスブックにリンクして投稿すると面白いなぁと思うコメントがたくさんあり

記事を読む

no image

スチーミング

 エスプレッソマシンで昨日くらいから スチーミングが 急にうまくいかなくて「なんでだろ?」

記事を読む

コーヒーの挽き方 中挽きって何?

プロローグ コーヒー豆を粉にする、コーヒー豆を挽く時に中挽きだとか、粗挽きだとか、細挽きだとか、一

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
焙煎は焙烙(ほうろく)でもできるんですよ

僕は滅多にコーヒー教室をしないのですね。 なんで?と言われるとあまり

コーヒーと健康とダイエットのお話

昨晩、娘が耳が痛いと泣き出す。 奥さんが救急の病院に電話をかけてみる

今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

→もっと見る

PAGE TOP ↑