*

コーヒーの起源、生豆を煮沸させて飲んでみた結果

プロローグ

何気なくブログのネタ探しに読んでいたコーヒーの本に、コーヒーの起源の事が書いてありました。「生豆飲用」と。

現在ではコーヒー生豆(なままめ)をローストし、それを粉にしてペーパードリップなどで抽出し飲みますが、コーヒーの起源である飲み始めたころは当然ながら違いました。

 

資料によるとアラビア人はコーヒーの実、赤いコーヒーチェリーをすりつぶして水浸して煮沸する食材のコーヒーから離脱し、コーヒーの生豆を煮だして液体を得る風習になった。それがアラビアからイラク、エジプト、トルコに伝播し、イスラム教徒の祈祷に欠かせない秘薬となって、門外不出の飲み物となったそうです。

 

薬理と教理が堅く結びついたそれはカーファと呼ばれ、睡魔を払い深夜の祈祷と厳格な教理の重圧から救う霊験あらからたな秘薬であった。そうです。(珈琲を科学する 伊藤博著 時事通信社 より抜粋)

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

 

実際にやってみた

コーヒー豆は生でもローストでも水浸すと成分がでてしまいます。生豆も煮沸する前、ホコリなどかぶっていますので軽く洗うのですが、しっかり洗うのではなくほんとに軽くさっさぁと洗います。

 

ちなみに余談になりますが、焙煎をする前にコーヒー豆を洗って、その洗った豆を焙煎をする方法がありますが、いい成分が水にでてしまってあまりいい効果を得られなかったのを記憶しています。

 

さて、煮沸します。おおよそ5分くらいです。今回は分量など考えず、すべてテキトーです。笑

IMG_6995

 

それを飲んでみた

煮沸しているとだんだん黄色っぽい液体になってきます。いかにもあんまり美味しくなさそうな色です。
適当なところで火を切り、漉し器を使ってカップに注ぎました。黄色です。香りは「ひえ」とか「粟」に似た香りです。

IMG_6998

 

さて、一口すすってみた・・・

IMG_7001

 

うーん マンダム。

 

でも、思っているほど美味しくないものではありませんでした。
ローストした豆を使って抽出したコーヒーの味を知っているので、比べると比べようのない味としか言えませんが、でもこれを最初に口にした時はきっとものすごい発見だったんでしょうね。
是非、試してください!とは言えませんが、先人の発見は偉いなぁと改めて思いました。

 

エピローグ

コーヒーの原点の飲み方を試してみました。その後ローストしたコーヒー豆が広まって行くわけですが、コーヒー生豆を煮沸しているときに、たまたま誤って下の火の中にコーヒー生豆が落ち、コーヒー豆のローストが発見されたのではないか、という説が有力じゃないか、とあります。

 

IMG_6990

 

コーヒー生豆を煮沸していた時代から比べ、コーヒーの抽出方法や器具様々なモノが現代にはあります。
先人が今を見ればどう感じるでしょうか。

 

今日はコーヒーの歴史に感謝して、コーヒーを召し上がりましょうね。

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

芸能人だけじゃない 歯が命なのは

先日から歯医者に通っています 差し歯の上の歯茎が腫れてしまいました 病院は好きでないのですが 

記事を読む

南米!コロンビアコーヒーの魅力にせまる

コロンビアといえば何を思いだしますか?   コーヒーも有名ですが、僕は麻薬の存

記事を読む

ダレでも超カンタンコーヒーデザートレシピ あなたにおしえちゃう♪

プロローグ 先日、たまたま余った食材を凍らしたら、どないなるんやろ? と思い、帰る前に冷凍庫に入

記事を読む

スコーンだよーん♪

   できましたプロタイプのスコーンです! かわいいですね~♪ ついうっかり・

記事を読む

コーヒー豆の種類を増やしたい

 コーヒー専門店として はやりいろいろなコーヒー豆をおきたい お客様も選べる楽しみがふえる

記事を読む

コーヒーの酸味とパインアメ

コーヒーは基本的に酸味と苦みで表現される大人の飲み物。   酸味と苦みとは本来

記事を読む

コーヒーの香りはどの段階の時に一番香っているのか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 今朝 焙煎したコーヒー豆です 香ってきますか

記事を読む

モカ、モカって何でいろんな種類があるの?

少し肌寒くなって来た、ここ高槻です。 いかがお過ごしでしょうか。   少し寒

記事を読む

ハニーフラッシュ!

 いくわよ ソーレ!ということで島珈琲といえばグァテマラ島珈琲といえばコスタリカこの二つの

記事を読む

水出しアーティスト

今日の大阪は雨の一日となりそうです冬の雨 どうぞ皆様お風邪などお召しにならないようお気をつけ下さいま

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
焙煎は焙烙(ほうろく)でもできるんですよ

僕は滅多にコーヒー教室をしないのですね。 なんで?と言われるとあまり

コーヒーと健康とダイエットのお話

昨晩、娘が耳が痛いと泣き出す。 奥さんが救急の病院に電話をかけてみる

今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

→もっと見る

PAGE TOP ↑