*

ご存じですか?コーヒーは濃いのが底に溜まっていることを

プロローグ

コーヒーを生業にしているプロなら超当たり前の事なんですが、案外知られていないのがコーヒーは濃い液体が、つまり濃い味が底に溜まるんですね。

そのなぜかに今日は迫りたいと思います。

 

世間では夏休みでしょうか?高槻店の前の道も普段とは違う服装をした方が多く通られています。
交通も多くなっているでしょうから、皆さん気をつけてくださいね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

濃い味が底に溜まる理由

これは特にドリップ式で入れる場合、コーヒーメーカーでいれる場合に起きることです。それ以外の器具で、例えばフレンチプレスとかの場合はあまり関係ないと思います。

 

では、なぜ底に濃い味が溜まるのか?コーヒーをドリップする時、蒸らしというコーヒーの粉を湿らす行程があります。これはコーヒーの繊維を開いて良い成分を出すための言わば準備体操にあたるところです。

で、カップなり、サーバーなりに何滴かコーヒーの抽出液が落ちると思いますが、それを見てください。
かなり濃い色をしています。

 

次に抽出が完了する頃、液体の色を見てみてください。比べて薄い色をしています。
このことから最初に味の良いところは前半で出てしまっているんですね。後半からそれを良い塩梅にするために、うすまったコーヒーの抽出液で味の調整を行う という感じで捉えてください。
写真は右の濃い色が蒸らしが終わり1湯目ででたコーヒー抽出液
左は終わる直前のコーヒー抽出液 色が全然違うでしょ。

IMG_6962

 

僕はペーパードリップでカップに1杯ずつ抽出をするのですが、カップにいい量が入ったなぁと思ったら、ドリッパーの粉に注いだお湯が残っていても、外してしまいます。もったいないと思われるんですが、ほとんど出がらしみたいで最後の方はあんまり味がしないんですね。(写真はお湯が残っていても撮ってる図)

IMG_6961

 

どうしたら均一な味になるの?

底に濃いのが溜まっていると、味が均一になありませんよね。
コーヒーメーカーで5人分くらいコーヒーをたてたら、最初に注ぐ人は薄くて損するじゃないか!
ってならないためにどうしたらいいか。

 

混ぜてください。ここで注意したいことはぐるんぐるん混ぜる必要はありません。混ぜ過ぎるとせっかくの温かいコーヒーが冷めてしまうので、軽く2回ほど全体が混ぜるようにしてください、それでオーケーです。

 

1杯分の場合も本来はスプーンか何かで軽く混ぜた方が良いです。

コーヒーメーカーの場合は、受けポットからこぼれないようにポットを2周くらい回わせばオーケー。
これで問題ありません。

 

エピローグ

お茶と同じようにもし3杯分なら、1個目のカップに1/3、2個目のカップに 3/2、3個目のカップに3/3の量をいれて、2個目のカップに残り1/3、1個目のカップに残り2/3の量をわけながら注ぐ方法も、コーヒーにも使うのですが、ややめんどくさいので 笑 軽く混ぜて味を均一にする方法をオススメしております。

 

コンビニコーヒーも物理的には同じメカニズムと思うので、ブラックで召し上がる場合は飲む前に軽くまぜると良いと思います。

では、今日はこのへんで。

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの抽出器具の手入れ洗い方はこうすると良い

プロローグ 昨日、朝日新聞の朝刊の大阪地域版に島珈琲を紹介した記事が載りました。  

記事を読む

コーヒー焙煎後のハンドピックという作業って何?

プロローグ 営業中にセールスの電話が時々かかってきます。 電球の製造が打ちきりになって補助金がで

記事を読む

通販の発送で島珈琲が心がけていること

以前は通販の取り扱いは言うほどでもなかったのですが、エクスマ塾へ行き、マーケティングの師匠 藤村正宏

記事を読む

820ブレンド カフェラテ

  820ブレンド カフェラテ 黄金比8:2 牛乳8に対してカフェラテ小町2で割ると とっ

記事を読む

ジャストミート!

 コーヒー屋なので たまにはコーヒーの話を 島珈琲では 扱っているコーヒーはだいたい決まっ

記事を読む

ドリップするとき、お湯をポタポタ点滴のように落とすとどうなるか?

プロローグ 前回の続きのような記事になりますね。 コーヒーをドリップするときにお湯を細めの線のよ

記事を読む

コーヒーはどの温度で飲むと1番美味しいのか?

プロローグ コーヒーのことを書いていますが、たまに前に書いたようなことを改めて書いている事もあると

記事を読む

焙煎するコーヒー豆には皮がある、その二次利用とは?

プロローグ コーヒー生豆を焙煎すると、コーヒー生豆についている薄い皮が熱によって剥がれてきます。こ

記事を読む

二日酔いには コーヒーが効く!

プロローグ 昨夜は0時をオーバーする、いわゆる午前様まで飲んでいました。 障がいを持っている方の

記事を読む

実はコーヒーとワインって似てるんです

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のエクスペリエンス・マーケティング塾で繋がっているお友達がいており

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

→もっと見る

PAGE TOP ↑