*

道具はいつもピカピカに 道具は職人の魂ですからね

プロローグ

お客さまや機械関係の方によく言われます。「島さん、いつもマシンをピカピカにしてはるね~」と、えっへん。
当たり前といえば当たり前なんですが、やっぱりね、見た人が気持ちいいじゃないですか。油や汚れでくすんでいるよりも、ピカッと輝く方が。

IMG_6954

 

 

道具はいつもピカピカに。もともとそんな気性で子供の頃から自転車を磨いたり、大人になればバイク、磨けば光るモノを磨くこと、僕はとっても好きでした。見てるとなんだかウキウキした気分にもなりますしね。

 

お店ですから綺麗で清潔に は最低限のマナーですから磨かれて当然なんですけど、褒められるとやっぱり嬉しいですね。こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

モノを大事にすることとは?

モノを大事にすることは、人を大事にすること。人を大事にすることは、モノを大事にすること。
モノを大事に出来ない人に人を大事にはできない、そんな僕の哲学(ってエラソーですね すみません)があって、モノを大事にしているワケなんですが、

 

モノをつくる時、作り手の気持ちはモノに伝播します。嬉しい気持ち、悲しい気持ち、イライラした気持ち。モノを作るには大抵道具を使います。気持ちは道具を通じてモノへ伝播します。ですから道具やマシンはモノへ作り手の気持ちを移す時に、クッションになったり、フィルターになったりします。

 

人間だからイライラしたときもあるわけです。つまり普段から道具を大事にしていれば、クッションになって僕のイライラをいくらか減らして伝播してくれているんです。ですから、気分がへこんでいる時でも、ちょっと不機嫌な時でも、コーヒーの焙煎を味のストライクに導いてくれるワケなんですね、モノやマシンを大事にしていると。

 

ちょっと精神論っぽいですが・・・

でもほんとにそうだと思ってます。笑 機械をいたわり、マシンを大事にし感謝することで、良い仕事をしてくれるんです。

 

あとは綺麗にすると言うことは、マシンの細部をよく見るということになりますので、故障する前の異変など発見しやすい、そんないい効果もありますね。

モノを綺麗にすると心も磨かれる と言うメリットもありますよー♪

 

エピローグ

とにもかくにも、お客さまが居心地の良い空間で気分良く過ごしてもらえるように、掃除をしたりモノやマシンをピカピカにしているんですが、思わぬ副産物があるのを知っている、それが僕がピカピカにしているワケなんですね。

 

そしてそれを通じて一番ピカピカさせたいのは「自分の心なんです」といえば気障でしょうか?笑

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

しまこーひーのブレンド倶楽部 ブレンド花の味わいについて

世間では3連休のはじまり 各地ではイベントなど盛大に行われているのではないでしょうか?こんな日 高槻

記事を読む

商売に必要なもの それは「カラ元気」ではないだろうか

こんにちは! 唐揚げ大好き 焙煎アーティスト 島規之です 子供みたいでしょ 笑  

記事を読む

接客力を上げるにはどうしたら良いですか?

接客力とは、文字通り接客における力、気づかい気配りですね。   接客力って本来

記事を読む

島珈琲のコーヒー豆たちをバンドで表現してみたら、こうなった

プロローグ 今月は島珈琲オリジナル・リキッドアイスコーヒー「フルーティなアイスコーヒー」300本分

記事を読む

なぜ僕が「ありがとうございました」と言わないのか

今日は2歳の娘の保育園デビューの日です 笑 周りに子供が少ないので 子供同士の交わりが 少なく 

記事を読む

コーヒー豆の脂ってナニ?というお話

長くブログを続けていると、ブログのタイトルを見つければその日のブログはもう書いたも同然、な感じになる

記事を読む

コーヒー豆は保存食品じゃない!だから保存法が大事なんです!

プロローグ 定期的にリライト、書き直しですね、している記事です。 というのもコーヒー豆は保存食品

記事を読む

島珈琲も売れないときがありました、そんな時こうしてました

家に帰りお風呂に入っていると突如、明日のブログのネタが浮かぶときがあるんです。  

記事を読む

エキサイト!ボクシングでマンデリンの味わいを表現する

セコナウト セコナウト (セコンドアウト セコンドアウト) ラウンード・エイト。  

記事を読む

焦げた苦味は本来持つ コーヒーの苦味ではないのだ

プロローグ 先日、お客様に「コクはあって欲しいけど、苦味はあまりいらないんです。そんなコーヒーあり

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘

冬は濃いコーヒーが欲しいもの アイスコーヒー用の豆をホットで飲む

8月6日、夏生まれの僕です。 最近の暑さにはめっぽう弱くなりましたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑