*

コーヒーを焙煎する焙煎機による味の違い 

プロローグ

今年の夏はちょっと違う。大阪は通年以上に湿度を感じ、同じ温度でも重く苦しい暑さになっているように思う。「ここはほんとに日本か?」と思うような、なんだか亜熱帯的な気候に思うときもあるほどです。

 

だいたい僕のデータでは8月そして特に9月はコーヒー豆の販売は低迷してしまう時期なんですが、暑さが尋常じゃないためクーラーを効かせた部屋で温かいコーヒーを飲む方が多いような感じです。暑すぎるとこうなるのかぁ なんて思っているのは関係ないことですね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

岡町本店と高槻店にある焙煎機の違い

さて、島珈琲には岡町本店に1台、高槻店に1台、それぞれに活躍してくれています。正直なところ僕のコーヒー豆の販売量で言えば今のところ2台もいらないです。

 

高槻店を出店する際に岡町本店の焙煎機を高槻店に持って行こうかどうか悩んだんですが、本店に焙煎機がないのは本店じゃない!という僕の心の叫びによって、銀行さんの融資にお世話になりました。

 

全然、本題に入る気配がありませんので、無理くり本題に移します。

 

料理で言うところのお肉をフライパンか網焼きで焼く味わいの違いみたいなものです。

岡町本店にあるのは二重シリンダーと呼ばれる厚釜タイプ。
高槻店にあるのはステンレスシリンダーと呼ばれる薄手のパンチング状の釜。

IMG_4512-2

 

味の違いは

岡町本店の焙煎機で焙煎するコーヒーは、液体と味に厚みがります。
高槻店の焙煎機で焙煎するコーヒーは全体的に軽い目ですが、持っている個性的な味わいを十二分に引き出す能力があります。

 

同じブラジルならブラジルを飲み比べしたら、その差ははっきりわかります。

どう使い分けているのかというと、よく出る銘柄 ブラジル・グァテマラ・マンデリンなどは各店で焙煎し、比較的 注文が比較的少ない銘柄は高槻店で焙煎して、岡町本店にも持って行くという形を取っています。

 

岡町本店では、島珈琲のオリジナル商品の主力、コーヒーシロップは厚みのある味に仕上げたいので、岡町本店で焙煎をしています。

 

ドリップバックは高槻店で焙煎してます。

 

エピローグ

イマイチ何を伝えたいのかが曖昧になってしまいましたが、焙煎機の味の違いセットなんぞ企画していますので、同じコスタリカでも岡町本店で焙煎したコーヒー、高槻店で焙煎したコーヒーのセット企画も楽しいかなぁなんて思っておりますので、これを機に考えてみます と言う記事でした!

 

ちょっと無理くりな記事かな 笑

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

たくさんあるコーヒー器具、どれを選ぶべき?

最近、娘のはやりの遊びは神経衰弱。   今はメモリーゲームっていうんですね。

記事を読む

水出しコーヒー用のコーヒー豆はどれがいい?

水だしコーヒーというと基本的にはアイスコーヒーだと思っていますが、先日お客さんが水出しコーヒーをレン

記事を読む

これぞ タンザニア

 タンザニアといえばキリマンジャロで高名ですよね さて 島珈琲ではレギュラーの交代を告げま

記事を読む

ペーパードリップで1杯分を作るよりも、2杯分を作ると濃い味になるのはなぜか?

プロローグ 今回はペーパードリップで1杯分 コーヒーの粉10グラム~12グラムで140cc作る場合

記事を読む

フルーティーが お好きでしょ?

 僕が使用している焙煎機は岡町本店 高槻店ともに5キロタイプのものです単純に1回に焙煎でき

記事を読む

それ行け グァテマラ!

 グァテマラにはこだわる島珈琲 アンティグア地方のエルパジェ農園から チマルテナンゴ地方の

記事を読む

「有り難う」の言葉を見て思ふに

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 写真は漫画カメラで僕を撮った図 いろん

記事を読む

コーヒーのおはじき ハンドピックとは不良豆を手選別してはじくこと 

プロローグ 今回の記事は、コーヒー豆を焙煎する焙煎屋にとってすごーく地味な作業である「ハンドピック

記事を読む

10年前より仕入れのコーヒー豆が2倍高くなった、この先をふと未来を思ってみる

超アナログの僕です、こんにちは焙煎アーティスト 島規之です。   今朝、僕のパ

記事を読む

夢を持て そして危機感を抱きしめろ

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 長くお付き合いのあ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑