*

赤いコーヒーの実は、どんな道をたどって僕たちの手元にやってくるのか?

公開日: : 最終更新日:2017/02/05 coffee , , , , ,

プロローグ

僕がハワイ島へコーヒー栽培のボランティアに行ったのは、かれこれ15年ほど前。
専門誌に掲載れていたハワイ島にあるコーヒー農園のHPに、コーヒー栽培のお手伝いボランティアの募集が。

 

その頃コーヒー豆屋で独立することを夢見ていた僕は、コーヒーのすべてを知るためにはやはり栽培からだ、そして現場の人の苦労を知りたい。と、志を胸にハワイ島に向かったのをついこのあいだの事のように、今もはっきりと思い出されます。

 

僕がボランティアに行ったのは小農園。小農園と大農園とは設備の違いから、コーヒーの実から輸出されるまでの行程は少し異なりますが、実際経験したコーヒーの赤い実から輸出されるまでを簡単に書いてみたいとおもいます。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

ハワイ島のコーヒー栽培

コーヒーが赤く熟れるのはハワイ島では10月くらいからでした。僕が滞在したコハラは、知名度が高いコナ地区よりも北側でした。コナ地区とはじゃっかん気候が違うのですが、コーヒーの採れる時期はあまり差がなかったように記憶しています。

 

赤く熟れるのは一斉ではなく、陽の当たり方などでかわり全て採り終えるまで、2ヶ月から3ヶ月ほどかかりました。
小農園では採ったコーヒーの赤い実をそのままその地区の農協へ売りに行きます。僕がボランティアした農園は小農園ながらすべての行程が出来る環境でしたので、それらを体験できたことはとっても貴重なことでした。

 

コーヒーの赤い実は

まず皮と果肉を除去します。それを水の貼った樽に浸けて置き、発酵させます。発酵させるというか着いているぬめりを取るんですね。そして1状態を見て1日後または2日後に、お米を研ぐような感じで洗ってコーヒー豆を乾燥させます。天日乾燥で水分値を13%くらいにするのですが、いちいち何かで計測するのではなく、目で見て確認をします。感覚ですね。

 

13%くらいになれば、ひとまずオッケーで、出荷を待ちます。出荷のオーダーが入れば、この段階ではもう一枚皮を被っているので、お米を精米するようにコーヒーも脱穀します。脱穀後、コーヒー豆の大きさ サイズ分けをします。

 

ハワイでは粒が大きいほうが高値になるので、ふるいにかけ、粒が大きいモノから順番に小分けします。(写真の上の写真ね 笑)

IMG_6671
その後ハンドソーティング いわゆる悪い豆を手選別する作業で不良豆、欠点豆を除去します。ちなみに除去された欠点豆は捨てずに自宅用のコーヒーとして飲まれていました。
最後バキュームパック(真空パック)して出荷されます。

 

エピローグ

ざっと簡単に行程を書きましたが、それぞれが結構時間のかかる作業でした。各工程でちょっとでも失敗すると即、味に影響します。コーヒーはほんとにデリケートなんですね。

 

コーヒー豆が日本に来てからもいろんな人の手がかかってますが、それまでもほんとに様々人の手がかかっているんですね。米粒には7人の神様がいると言われますが、はたしてコーヒー豆粒には何人の神様がいるんでしょうね。

 

自然の恵みを受けて育ったコーヒー豆 美味しく召し上がってくださいね。

IMG_6672

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

 

PS ハワイ島に行き帰ってから資料を作りました。15年前に作製したものなので、文法的に?と思うところも多々ありますが、経験したことまとめています。もし見てみた-いと思った方はお気軽にお申し出くださいね。高槻店でお見せできますので、どうぞ。

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

島珈琲カッター

コーヒーという飲み物は ほんとに繊細でいろんな条件で味の出方がずいぶんと変わってくるコーヒー豆の原料

記事を読む

どんなふうにできるの?コーヒーシロップ180リッター分、仕込みの流れとは!

プロローグ 今朝はコーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎でした。 仕込み焙煎=コーヒー豆を工場で加

記事を読む

薄味が好きな人が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいのか?

プロローグ 前回のブログでは、濃い味が好み方が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいか?を記事にしました。

記事を読む

切っても切れない、コーヒーと水の関係

ブログをほぼ毎日書いております、ってどうしたの急に。   書き方としては、序破

記事を読む

コーヒーのブレンドっていつブレンドするの?

あなたの好きな音楽はなんですか? 実はですね、全然詳しくないのですけど僕はフラメンコギターが好

記事を読む

買う気スイッチ

 今日はお知らせです 島珈琲がお薦めするコーヒーメーカー メリタJCM-512のお得なご案

記事を読む

コーヒー豆(粉)を買って来た カンタンにできる保存方法は?

昨日は久々に何も予定のないお休みで、4歳になる娘とお買い物にいったり、ファミレスのCOCO'Sに行っ

記事を読む

コーヒーシロップ

 今年も作りました 今年のできはかなりよいです コーヒーの持つ甘みがよくでています だから

記事を読む

教えて!おうちでコーヒーミルを使うときの注意点

先日、お客さんから相談がありました。   島珈琲でコーヒー豆を挽いてもらったも

記事を読む

ジャストミート!

 コーヒー屋なので たまにはコーヒーの話を 島珈琲では 扱っているコーヒーはだいたい決まっ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘

冬は濃いコーヒーが欲しいもの アイスコーヒー用の豆をホットで飲む

8月6日、夏生まれの僕です。 最近の暑さにはめっぽう弱くなりましたが

→もっと見る

PAGE TOP ↑