*

「島さんのコーヒーは手挽きミルで挽くとすごく軽いですね。」の謎にせまる

プロローグ

別名ゴリゴリと呼ばれている手挽きミル。手挽きの良いところは、手作り感があるとこ。1杯1杯挽き立てを楽しむ、挽いている香りを楽しむ。贅沢な時間ですよね。

 

もし誰かが手挽きミルで、自分のために1杯ずつ挽いてくれてドリップしてくれたなら・・・めっちゃうれしいですよね。ノスタルジックな感じがあり、優しさがある道具、手挽きのコーヒーミル。

 

僕の知っている限り、故障も少ないようです。時間を楽しむためにすごく雰囲気を醸し出してくれますね。そんな手挽きミルですが、いつもお客さまから表題のような「手挽きミルで挽くとハンドルが軽く回る!」とご感想を頂きます。

 

今日はその謎にせまりたいと思います。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

IMG_6534

 

ハンドルが軽く回るにはワケがある

手挽きミルをされてない方には少し伝わりにくいかもしれませんが、まぁそんな話もあるんだなぁとお付き合い頂ければ嬉しいです。

 

コーヒー好きな方なら一度は憧れる手挽きミル。手に入れてコーヒー豆を初めて挽いた時の感動、覚えてますか?
僕はなんだかとても嬉しかったのを覚えてます。

 

コーヒー豆を味わい、いろんなお店のものを試しているとふと気づくことがあります。「あれ?ここの豆はなんだかいつもよりハンドルが軽く、さくさく挽けるぞー」

 

さくさく挽ける これには理由があります。ひとつはコーヒー豆の鮮度が良いこと。何度も書いてきたことですが、コーヒー豆は繊維質の固まりです。下 コーヒー豆断面の電子顕微鏡写真 (×500)

IMG_6524

 

鮮度が良いうちはこの繊維が柔らかいように思います。(これは科学的に実験したわけでないので、僕が勝手に思っていることです。)

 

さらにもう一つあげると

それは、良い焙煎が出来ているからです!って手前味噌になりましたが、先ほどコーヒー豆は繊維質の固まりと書きましたが、焙煎とはこの繊維質をうまく伸ばす作業なんです。

 

火力をうまくコントロールし、強すぎず弱すぎず、時間は短すぎず長すぎず。
こうして繊維質をうまく伸ばされると、香り味ともに良好で手挽きミルでもさくさく挽けてしまします。

 

こういうコーヒ-豆を作るのを目指すために、焙煎機を独自の改良を施して機械的なことも勉強したりして、良いコーヒー豆を焙煎するために、あーでもない、こーでもないということを繰り返し、焙煎士たちは日々考えております。

 

エピローグ

焙煎自慢になりましたが、結局はコーヒー焙煎に技術を持っているお店で買うと、手挽きでミルのハンドルはさくさく回るということです。あはは

 

手挽きミルのお掃除とかもしているので、お困りの方はご相談くださいね!(持ち込み出来る方に限ります ゴメンなさい)
メールはこちら info@shima-coffee.com
電話でのお問い合わせはこちら 072-669-8284 火曜~土曜 10時~19時の間
担当 島まで

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

入り口がコーヒー 出口がオレンジ

 こんなん作ってみました この色合いは 皆さんどう思われますか? 下からガムシロを混ぜたオ

記事を読む

コーヒー豆(粉)を購入し、おうちで淹れて良いことがある5つのこと

島珈琲オリジナル缶、島珈琲カンのエンボス=凹凸加工の3D図面が、先日届きました。 今の技術って凄い

記事を読む

ブレンドについて考えた

今朝も自転車で受ける風は涼しく 長袖でもちょうど良い季候でした 今日から多くの方は3連休でしょう

記事を読む

焙煎したその日が一番美味しいの?

昨日からスタートしたあの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さん監修のコーヒー TANPANCOFFEE

記事を読む

コーヒーを美味しく飲むために、1番大事なこと

プロローグ 最近、同じような内容のことを書いているような気がするなぁなんて思っていますが、気にせず

記事を読む

さぁ美味しいカフェインレスコーヒーのこと 考えよう!

 昨日はお休みを頂きまして 朝は娘と嫁さんとで 高槻のハニワ公園で遊んできました 娘は落ち

記事を読む

夏のコーヒー豆・粉保存方法

プロローグ お客さまからのご質問で一番多いのが、コーヒー豆・粉の保存方法。保存方法においては定期的

記事を読む

コーヒーのおはじき ハンドピックとは不良豆を手選別してはじくこと 

プロローグ 今回の記事は、コーヒー豆を焙煎する焙煎屋にとってすごーく地味な作業である「ハンドピック

記事を読む

コーヒー豆が硬いってどういうこと?

昨日12月29日は1人営業で、そこまで忙しくならないだろうという僕の予想を遙かに超えた御来店があり、

記事を読む

焙煎機 焙煎人

コーヒー屋をやっているのは コーヒーの焙煎が楽しいから他ならない 仕事であり 楽しみであり 喜びであ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑