*

素材の味

公開日: : スタッフ中村の日記

こんにちは、スタッフの中村です。
先日、上の娘が卒園いたしました。
娘は答辞、母は卒園式後の茶話会で園長先生に(ショートですが)お礼の言葉を
述べさせて頂き、緊張しぃの親子がそろって人前に出るという
ドキドキしっぱなしの一日でした。 
少し時間がたち、珈琲を飲みながら
やっと実感が湧いてきて母親らしいことも感じているところです。
たくさんの人、出来事に出会い、刺激を受けながら娘らしさを失わず
成長していってほしいなと思います。
そんな気持ちにさせられる島珈琲の珈琲って、、、。
それぞれの豆の個性・豆らしさを失っておらず
焙煎され、挽かれ、濾されても 豆の味がほんのり感じられる珈琲です。
今月、限定で提供している「ニカラグア」は、見た目の珈琲色からは
想像できない、やわらかく優しい味がします。
第一印象は「珈琲っぽくないけど、なんだか美味しいなぁ」という飲み物でした。
その他の定番で置いている珈琲豆も
中焙煎・深焙煎問わず、どれも素材の味が生かされた珈琲だと思います。
毎月、限定で季節の珈琲が登場します。
4月の季節の珈琲はどんな味がして、どんな気持ちになれる飲み物でしょうか。
お楽しみに。

島珈琲 フェイスブックページはこちら
http://www.facebook.com/shimacoffee2002
人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

メンテナンス

私は、短距離ですが 毎日 車を使っています。 とてもお世話になっていますが、車には乗るだけで全くわか

記事を読む

4月の風

スタッフの中村です。 今日はすごい風雨ですね。 4月に入り新生活のスタートをされた方やご家族の方は多

記事を読む

にょきっ

今日は、少し寒さがやわらいでいましたね。 寒くて自然と縮こまっていた姿勢が伸びて、視線があちこちに

記事を読む

こんなんできました

こんにちは、スタッフの中村です。 週末は、寒の戻りというのでしょうか肌寒い気候でしたね。 体調崩して

記事を読む

新しいメニュー

こんにちは。 スタッフの中村です。 今日で阪神淡路大震災から18年。 震災を経験していない若い方々が

記事を読む

ヘルシードリンク

こんにちは、スタッフの中村です。ものすご~く暑い日が続いていますが、きちんと水分摂っておられますか?

記事を読む

便利な一枚

こんにちは、スタッフの中村です。 突然ですが、「とんだこもれびMAP」ってご存知ですか? >TOND

記事を読む

あかり

こんにちは、高槻店スタッフの中村です。 家の枕元には、就寝前に少しでも読書しようとスタンドを置いてい

記事を読む

L&P

こんにちは、スタッフの中村です。 タイトルの「L」はお察しの通り「Love(愛)」ですが、 「P」は

記事を読む

めいげん

こんにちは、スタッフの中村です。 皆様のお手持ちのカレンダーはどのような形式ですか? 私は、今年初め

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
短パンコーヒーを美味しく飲もう!おうちで楽しむコーヒーの基本的なこと

短パンコーヒーがいよいよ全国に発送され、本日より順次皆さんのお手元に届

島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

カップとスプーンの置き方に決まり事はあるのか

最近、嬉しいことに娘が「お店」に興味を持っているようで、しきりに「大き

ブラックコーヒーを飲むきっかけは何か

僕がコーヒーに興味を持ったのは、高校生の時。 チェーン店であった珈琲

→もっと見る

PAGE TOP ↑