*

迷えば、その「迷い」はモノに移る

プロローグ

今まで結構迷って生きてきました。笑 特に焙煎のことは何度となく迷っては負のスパイラルに陥り、トンネルからなかなか抜けることができず、悶々と過ごした日々もありました。

超えてはまた壁があらわれ、同じ事を何度も何度も繰り返して、今があるわけですね。

 

こうした結果から言えることは、迷っているうちは迷った味にしかならない、ということでした。

 

お店のことでもそう、お客さんが少なくて「うーん、うーん」と悩んでいると、不思議とお店から悩みオーラがでているようで、その負のオーラには近づきたくないワケですから、更にお客さんは来てくれないという現象がおこりますし、実際そう感じました。

 

どうしたらよいか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

誰だって迷わないことはないはず

迷わない人間なんていないと思います。僕なんか毎日迷ってます。笑

最近も、俺たちのブリュレというデザートを高槻店でリリースしたんですが、ブリュレのキャラメリゼ、つまり砂糖をバーナーで焦がし焦がしアメをつくるんですが、それがどうも納得のいかない。つまり上手くいかない。

 

あれこれ考える、わからないからやってみるしかないんだけど、こうした技術的な悩みの時はセオリーから全然違う方法を用いてみることも、有効な手段です。
似たようなやり方であーでもない、こうでもないと微調整するのではなく、大きく大胆に違う方法に変えてみると、案外、成功法が見つかる場合があります。

 

できたな、と思ったところで微調整に入る方がいいように思います。

 

心の迷いには

ダメだなぁ~スパイラルに陥った時は、悩みを一旦忘れて楽しいことをする。楽しいことに何か隠されているんです、ヒントが。だから遊んだり、友達と飲みに行ったり、はしゃいだりしていると「ハッ」と何かひらめきや発見などが見つかる可能性が高いです。

 

あとは仕事で迷いがあったときは藤村正宏先生の名言、「迷ったら、どちらが儲かるかではなく、どちらが面白いかで選ぼう」を僕は指針にしています。

 

藤村正宏先生のブログはこちら「どちらが儲かるかではなく、どちらが面白いかで選ぼう 」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/1053

良いことたくさん書いてあるので読んでくださいね。

 

エピローグ

何かのものをつくっている人、家庭で晩ご飯の料理だってそう、ほとんどすべての人に言えることですが、迷ってものを作れば、その迷いはモノに表れ、迷った味にやカタチになります。
つくるモノは自分のその時の心の鏡です。

 

作るんであればいいもの、相手が喜んでもらえるものを作りたい、これが作り手の思いですよね。

 

作り手の方の迷いがちょっとでも消えるように、今回は迷いを軽減できた僕の方法を記事にしました。

 

迷いがある時はコーヒーを飲んで落ち着くことも大事ですね。

IMG_4393

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

知っておくと便利、水だしコーヒーのあれこれ

プロローグ コーヒーブームなのかな、最近よく店頭で水だしコーヒーについて聞かれることが多くなりまし

記事を読む

外資系コーヒーチェーンが日本のコーヒーの歴史に刻んだこと

職業柄としてどうしても、家族などでお店に行くと店内を見渡してしまいます。 スタッフの動線がどうなっ

記事を読む

石の上にも3年 高槻店は3年目

プロローグ 3月になってバタバタしております。暖かくなるとやっぱり動きたくなりますもんねー 今朝

記事を読む

もっとはやく気づいていれば・・・

プロローグ 僕がコーヒーのことをブログの記事として書くわけは、僕がコーヒーことが大好きなことと、ま

記事を読む

コーヒー焙煎はどんな事を考えて、焙煎しているのか

プロローグ コーヒーの焙煎とはコーヒー生豆を火で(熱で)焙る作業のこと言います。 コーヒー生豆は

記事を読む

旨いコーヒーを作りたい

料理などを作ったとき、それを食べた人が美味しいそうに食べ、そして笑顔を浮かべて「美味しいね、ありがと

記事を読む

焙煎する機械、焙煎機による味わいの違いって何?

最近、コーヒー業界の新しい情報についていけてない僕です。 コーヒーに関わらず、情報はツイッターなど

記事を読む

何をするにもカクゴっているよね

さて、久しぶりにブログを書くネタが思いつきませんでした。   いつも日々のパタ

記事を読む

中煎りとか深煎りは つまり 焙煎時間の差

プロローグ 「人生はチャンスだ!」この言葉好きです 人生そのものがチャンスなんですよね 限られた時

記事を読む

ずっと職人でありたいのですね

昨晩は島珈琲のウェブを担当して頂いている、makoro-planの牧田さんが高槻店に御来店。 実は

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
焙煎アーティストとは一体なんなのか?

まず重要なお知らせから。 2月25日日曜日、26日月曜日、本来な

ペーパードリップでペーパー濡らすべきか否か

例えばヒマなときには全く気にならないのに、忙しい時に限って、あっここ汚

怪しいな、と思う電話があれば電話番号ごと検索してみるのがいい、と言うお話

電話の向こうで、あたかも関西電力を装ったように話だしたので、???と思

カフェインレスコーヒーとニンニクレス餃子

昨日は、午後まで幼稚園だった娘を迎えに行き、その後家族で実家へ行きまし

突如 スランプに見舞われたらどう対応するのか

僕の場合はブログを毎日更新しているわけではなく、月曜日、自身のお休みの

→もっと見る

PAGE TOP ↑