*

バウムクーヘンと美味しいコーヒー

プロローグ

コーヒーによく合うお菓子の一つとして、僕はバウムクーヘンがオススメです。

シンプルなスィーツやケーキを食べるときにコーヒーは、ブラックで飲むも良し、砂糖を入れて飲むも良し、クリームを入れて飲むも良し、どんな飲み方でも両方がいきると思います。

 

シンプルでない複雑な(?笑)のスィーツの場合はどうか?
チョコレートやナッツ、クリームをふんだんに使ったケーキなど。この場合はクリームや砂糖を入れる場合、量は少し減らす方がいいですね。スィーツが複雑な分、コーヒーの味をシンプルしたほうがケーキなどのスィーツがいきるかなぁと思います。

 

ブラックで飲むもよし、砂糖を入れるもよし、ミルクは入れてもいいけど、ケーキのクリームがあるから口のなかにクリーム感が残り、入れなくてもいいのかもしれませんね。

IMG_5370

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

バウムクーヘンは昔、「ピラミッドケーキ」っと呼ばれていた

島珈琲高槻店で扱っている商品なのですが、このバウムクーヘン、実はピラミッドケーキといいます。
日本にバウムクーヘンが紹介されたのは大正9年(1920年)のこと。
その時は、バウムクーヘンと呼ばれているのではなく、「ピラミッドケーキ」と呼ばれていました。層になっているのと色合いが似ているからでしょうか。笑

 

バウムクーヘンは同心円状なのに、なぜカステラ状なのか?

皆さんが見かけるのは同心円状、つまり「わっか」「ドーナツ状」のものですよね。あれは自動でくるくると回しながら、生地を垂らしては焼いて、垂らしては焼いて、真ん中の棒をくるくるしているので、焼き上がって棒を抜いたら中心に円が残るわけですよね。

 

このピラミッドケーキ。実は職人さんが一段一段、一層一層、生地を塗っては焼き、焼き上がったらオーブンから出して、生地を塗りまたオーブンへ、そんなわざわざなことを繰り返して作っているのです!

 

数えてみると20層くらいあります!つまり20回くらい「塗って、焼いて、オーブンから出す」の作業を繰り返しているのです!最初その話を聞いたとき、本気でびっくりしましたよ!笑

 

味はというと、ほんとに素朴な懐かしい味です。シンプルで美味しいです。

 

エピローグ

このケーキは淡路島にあるヒロタヤさんから仕入れています。めちゃくちゃ手間暇かけて作っているので、たくさんはつくれないそうです。

 

大正時代に洲本で和菓子屋として創業し、昔ながらの手作りの製法でバウムクーヘン(ピラミッドケーキ)をつくっている「ヒロタヤ」さんのお店は 兵庫県洲本市本町7-4-50 にあります。(大手のシュークリームのヒロタ さんとは関係ないと思います)

 

淡路島まで行けない方は、島珈琲高槻店で味わってね 笑

 

このピラミッドケーキに生クリームを添えているので、コーヒーはブラックか砂糖を入れる どちらかをオススメしたいですね。

 

うちはコーヒー豆屋なので、ケーキの種類はあまり置いていませんが、四季菜フレンチ・ソレイユの矢田シェフがつくるタルトフロマージュとともに人気があります。

 

バウムクーヘンとコーヒーの関係、花とミツバチとの関係のようにあまい蜜の時間をお楽しみくださいませー♪

 

いつもありがとうございます

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

改めて店舗紹介 なぜならあまり知られてないから 笑

プロローグ 昨日はお休みを頂き 梅田までセミナーを受講してきました マーケティングのセミナーでし

記事を読む

コーヒーを美味しくする、誰でもできるたった一つのこと

プロローグ 早い方は昨日からGWが始まり、にわかにお商売の流れのスピードが上がってきました。今日も

記事を読む

水だしコーヒーは何グラムで何ccの水で作るとよいのか?

プロローグ 前回のブログは記事というよりも、動画メインで投稿させてもらいました。これから動画っても

記事を読む

お待たせしました!【夏に先駆け 魁!アイスコーヒー塾!】を開催しまーす♪

プロローグ 昨日ふと思いついたんで開催したいと思います。 島珈琲久しぶりのコーヒー塾開催です。

記事を読む

島珈琲のコーヒー豆のラインナップ、どう考えて揃えたの?

季節の変わり目に差しかかかると、味覚のブレが生じて、焙煎度合いが微妙にずれたりするので気をつけないと

記事を読む

焙煎カーブをえがく

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   僕は「人生とはなんぞや」というの

記事を読む

no image

焙煎 焙煎 また焙煎

 エスプレッソマシンでドリンクをつくることは大変楽しくて 大好きです 毎日マシンと向き合い

記事を読む

深焙煎と中焙煎 同じグラムでも見た目の量が違うのはなぜ?

こんにちは!焙煎アーティスト 島規之です   昨日はお休みを頂き 家族と友人の

記事を読む

結婚をお手伝いした、ちょっとイイ話

プロローグ 「先日はありがとうございました。おかげ様で上手くいくことができました!」 満面の笑み

記事を読む

昔のコーヒーはほんと美味しかった、ってホント?

プロローグ 昔のコーヒーは美味しかったって、言われても昔のコーヒーを飲んだことがないと、それはわか

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

→もっと見る

PAGE TOP ↑