*

島珈琲のコーヒー豆たちをバンドで表現してみたら、こうなった

プロローグ

今月は島珈琲オリジナル・リキッドアイスコーヒー「フルーティなアイスコーヒー」300本分と大人気コーヒーシロップ無糖250本分、コーヒーシロップ加糖250本分の仕込みがありますので、めっちゃ焙煎できます!
めっちゃ嬉しいです!

 

日常の焙煎業務に加えて32回の焙煎が増えて、コーヒー焙煎大好きの僕としては嬉しいかぎり。ほんとにおかげさまです、愛情込めて焙煎しますね。楽しみに待っててくださいね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

バンドでコーヒー豆のラインナップを表現してみた

島珈琲では特によく使う豆は、ブラジル、コロンビア、グァテマラです。
メンバーとしては、あとタンザニア(キリマンジャロ)・マンデリン(インドネシア)・エチオピアモカ・コスタリカ・カフェインゼロコーヒーの8種類のコーヒーを焙煎度合いなどで変化をつけ、ブレンドも合わせ、コーヒー豆の販売メニューには18種類のラインナップが揃っています。

 

島珈琲のコーヒー豆たちを音楽でいうところの、バンドで表現するとこうなりました。

 

ボーカル=グァテマラ ギター=ブラジル ドラム=マンデリン ベース=コロンビア パーカション=タンザニア バックコーラス=コスタリカ バックダンサー=エチオピアモカ 友情出演=カフェインゼロコーヒー

 

作詞・作曲 僕

こんな感じですね 笑

 

やぱりボーカルはグァテマラです

島珈琲と言えばグァテマラ・コーヒーと一部ウワサもしてくださってますので(感謝)、やっぱり島珈琲のメインボーカルは、メインコーヒーはグァテマラですね。美声で楽しませてくれる音楽のように甘いです。

 

バンドの要のギターはブラジル。コクがあるマンデリンはドラムがぴったし。コロンビアはブレンドのベースのような存在 味の重低音の役割。軽やかな音楽を奏でるパーカッション的な存在はタンザニア。

 

バックコーラスで盛り上げてくれるのは、コスタリカ。口の中で華麗な踊りを魅せるエチオピアモカ。
特別友情出演としてカフェインゼロコーヒー。

こんな彼らが島珈琲の美味しさや香りを、音楽を奏でるように表現してくれています。

 

エピローグ

焙煎は指揮。作詞・作曲は焙煎士の僕って とこでしょうかね。

 

音楽を聴きながら愉しむコーヒー。コーヒーもまた音楽のようなモノ。
週末はコーヒーでリラックスしてくださいね。

 

IMG_4153

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

フレッシュをかえてみた

僕は焼酎はロックが好きだウーロンハイも好きですが やっぱりロックだというように コーヒーもいろんな飲

記事を読む

夢を持て そして危機感を抱きしめろ

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 長くお付き合いのあ

記事を読む

今日から新しいブログに移転します!

今朝は5時に起き 自転車で高槻店に向かっていましたが 朝の風は冷たく 半袖半パンが寒く感じるほどで

記事を読む

いばからチャンネルに出演!動画で語る焙煎アーティスト島規之とは!

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。 今日は「いばからチャンネル」というユーチューブの番組のご

記事を読む

味と香りと男と女

プロローグ 1日2杯の酒を飲み 肴は特にこだわらず マイク来たなら微笑んで 十八番をひとつ歌うだけ

記事を読む

参考にしてみて、ドリップするときの小技集

プロローグ 基本、プロというのは手の抜くところを知っているものだと思います。  

記事を読む

昨夜の「アイスコーヒー塾」大盛況でした!そこで得たヒントから新たなメニューを増やそう!

プロローグ 昨晩は今年2回目のアイスコーヒー塾っを開催しました。アイスコーヒー教室と言った方が伝わ

記事を読む

コーヒーの種からカップまで、人の成長でわかりやすく表現してみた

プロローグ 僕たちがコーヒーを飲もうとしカップを手にした時、ここまでどれだけの事があったんだろう。

記事を読む

コーヒーとスィーツのマッチングとは?

プロローグ 今日は1月17日 阪神淡路大震災から20年の月日が経ちました 当時僕は西宮の中国料理店

記事を読む

「島さんのコーヒーは手挽きミルで挽くとすごく軽いですね。」の謎にせまる

プロローグ 別名ゴリゴリと呼ばれている手挽きミル。手挽きの良いところは、手作り感があるとこ。1杯1

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
マグカップに直接ドリップして美味しく飲むコツ

今4歳の娘がいるのですが、最近なんというか気遣いができるようになってき

ただ ただ 感謝 ただ ただ ありがとう

    おかげ様で 島珈琲は開

中煎りと深煎りのコーヒー豆 どっちが人気があるの?

昨日は休日でしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボしているカフェBe

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェ

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。 &n

→もっと見る

PAGE TOP ↑