*

光は影をおとす

IMG_5067

プロローグ

昨日の晩、酒のつまみにツイッターをふふーーんと鼻歌まじりに閲覧してたら、ふとスマフォの指が止まった投稿があった。

「しばくぞおじさん」って知る人は知る、知らない人は知らないツイッターでは有名な人なんですが、その方の投稿がすごく共感したんですね。

 

記事はこちらです。

 

ちなみに僕もちょこちょこツィートしているので、見てくださいね。@shimacoffee  島珈琲 島規之です。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

人と比べても仕方がないと思う

どうしても活躍している人や、うまくいっている人を見ると羨ましくなる気持ちって、人間は必ずもっていると思います。どんな人でも大なり小なり。

何で同じ事をしているのに僕はうまくいかないのだろう?人に認めてもらえないのだろう?
そんな風にいじけてしまうこともありますよね。僕だってありますよ。笑

 

でも、光と影の関係と同じで必ず光る場所には影あるんですね。(しばくぞおじさんは闇について書いておられますが、僕は影について書いてます)
うまくいっている人もいつもいつも日の当たる場所だけを歩いてきたわけではなく、影で見えない部分があるはずなんです。

 

でも、人はどうしても花のある場所しか見ずに物事を判断し、その人を判断しがちですよね。

 

必ずしも皆同じとは言えないけども

僕が思うに、人を惹きつける人は必ず人の痛みをわかっている。そんな風に思います。
影でつらいことや、避難されたり、言われのないことがあったり、うまくいっているように見える人ほど、いっぱい傷ついて来たんじゃないかなぁ なんて思うのです。

 

ですから、じっとよく観察していると、ものすごく気の利く人だったり、さりげなく優しかったり、見えないところで友人をフォローしていたり、さすがだなぁ と思い感心させられることがあります。

 

光が当たればあたるほど、影も濃くなるわけです。
光があたっている人ほど、その影で努力したことや傷ついて来た見えない部分おおいのだと思います。

 

エピローグ

しばくぞおじさんのツィートにも書いていますが、いつも人をうらやんでばかりいる人は、他人の影で過ごした苦労を知ろうとしていない という言葉は的を得た言葉だと思います。

 

えーっとそれでですね、最後にまとめです。僕が言いたいのは、どうしても人と比べがちになるけど、実は自分にはたくさんの幸せに満ちていることに気づいて、もっと自分の幸せを感じるべきだ そうするともっもっと今の中で幸せな日常があるんじゃないか そんなことを思ったりするんです。それが幸せ自分術!

 

人と比べずに 今、足りている自分を知る そうです、足るを知る なんですね。

しばくぞおじさんのツィートを見て、光と影そのことを考えながら、自分にもそう言い聞かせたブログ記事でした。

 

ではまた明日 御機嫌よう

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

あかん!

  目がかゆい はなが止まらない  よって集中力が絶え絶え なのである でも 一度たりとも

記事を読む

愛がつまったラブラブコーヒー

さて明日は早朝から岡町本店で    コーヒーシロップ加糖の仕込みです4

記事を読む

no image

画面に向かいながら

パソコンの画面に向かいながら思う 今日の日記は何を書こうかと? ネタがあるときはやたらあって 次の日

記事を読む

おちついて

  高槻店をオープンして 2週間が経ち ようやく落ち着きを取り戻し これからがほんとうの勝

記事を読む

ブルーカラー

 今日は 仕事場で伝票の印字をしてたんですが 地名である鹿児島の「姶良」が読めなくて往生し

記事を読む

no image

過去

 過去の自分の日記を読んでみた そして最近の日記を読んでみた 成長の影があまりないような気

記事を読む

しぼる

  知恵をしぼる ブログを毎日書きたいけど なかなか環境が整わない そう知恵をしぼろう

記事を読む

良いときは良いときなりに、悪いときは悪いなりに

プロローグ どーも調子が良くない。 僕のお腹かが、である。ここ1週間くらいなんとなく体調が芳しく

記事を読む

no image

夜と霧

 ヴィクトール フランクル 「夜と霧」をもう一度読んでいる だいぶ前に読んだのですが 何度

記事を読む

ぐっない♪

  オープンに間に合うように 今まで焙煎をしていました ドリップバッグ用のコーヒーを 今回

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のコーヒーが飲めるカフェ 芦屋編 ~ブックカフェ三日月と太陽~

先日、お休みを利用して芦屋に行って来ました。 芦屋には僕の友達が経営

コーヒーの味わいにおける「からい」ってなんですか?

昨日はお休みでした。 娘の幼稚園も振替休日でお休み。 &nbs

お店が閑古鳥の時、僕はどんなことを考えているのか

お商売を長くしていると、季節によって流れがあるのを知り、この月は繁忙期

コーヒーの実の収穫って大変なんです!のお話

昨日ツイッターに、このツィートをしたところ興味を持ってくださった方がお

毎月の季節のブレンド どんな感じでブレンド作っているの?

体調が芳しくありません。 連休前からのバタバタで疲れが出てしまったよ

→もっと見る

PAGE TOP ↑