*

高品質コーヒーの味を一言で言うと たぶんこうだ!

プロローグ

昨日の喫茶のお客様が「美味しいコーヒーやわぁ、雑味がないなぁ」と嬉しい感想を独り言のように言っておられたのを、僕のダンボのミミが逃さずキャッチしました。笑

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

雑味のない味とはなにか?高品質コーヒーの味の秘密の鍵はそこにあるのか?
今日はここを掘り下げてみたいと思います。

 

野菜でも雑味のない味は美味しい

コーヒーも果実のタネなので、フルーツや野菜の仲間に入ると思いますが、雑味のない野菜って食べたことありますか?
ほんとに美味しいトマトなんかこりゃフルーツだわ と思うくらい甘くジューシーですし、キュウリなんかスーパーで売っているようなスカスカの味ではなくて、僕キュウリです!と青々しい味があるものだったり、見た目重視の栽培でなくて、これがデス・イズ・オーヤサイ!と叫びたくなる純粋の野菜の味。

IMG_5059

 

雑味がなくてみずみずしくて、ジューシーで、都会で育った僕は初めて野菜本来の味を口にしたとき、今まで食べていた野菜はなんだったんだと思わずはいられない、言わばカルチャーショックを起こしちゃいそうな、そんな味。

 

コーヒーもそれだ!

いわゆる高品質コーヒーがそれにあたるんですね。スペシャルティコーヒーとかプレミアムコーヒーも高品質コーヒーにあたります。

 

僕がコーヒーに興味を持った時は、高品質コーヒーの下にあたるクラス、コマーシャルコーヒーが主流でプレミアムコーヒーがにわかに言われはじめた頃でした。
コマーシャルコーヒーに飲み慣れていて、初めて高品質コーヒーを口にしたとき、なんて頼りない味なんだろうと思いました。

 

というのも、コクとか苦味、いらない雑味が沢山あったわけで、そのいらない部分のコクを本来のコクだと思っていたんですね。ですから、高品質コーヒー味は雑味をそぎ落とされたものだったので、一番初めは薄っぺらいコーヒーに感じるんです。

でも、高品質コーヒーを何度も口にしているとクリアーな味わいの中に奥深い複雑な味わいが絡まっていることがわかってきて、それが楽しくなります。
 

雑味がなくなったとき美味しさの基準って何かというと。「甘み」だと思うんです。
美味しいなぁって思うものってたいてい甘いです。天然の甘さね。

 

雑味がある、雑味がないというのは、そのもの同士を比べてみるのが一番早いのですが、酒飲み的な言葉で表現をすると180円くらいで買えるワンカップの日本酒と各地にある地酒。飲み比べてみると地酒のほうが美味しいし、味わいクリアーで、甘みがあって飲みやすい、純粋な原料の味が伝わってくる・・・それと高品質コーヒーとは似たような感じだと思います。

 

エピローグ

 

高品質コーヒーの特徴=雑味がなくて、甘みがありクリアーな味わいである。

スペシャルティコーヒーとかプレミアムコーヒーやそれをひっくるめた高品質コーヒーの味の特徴は、概ねそんな感じです。

どうだったでしょうか?いやなんだかわかんないよ ってかたは島に直接聞いてくださいねー 笑

 

では いつもありがとうございます

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

中煎りと深煎りのコーヒー豆 どっちが人気があるの?

昨日は休日でしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボしているカフェBeで月イチの会議でした。

記事を読む

島珈琲 という ブランド

作り上げられたものにのっかるのではなく ブランドは自分で 自ら作りだすモノである ということで 12

記事を読む

たぶん僕は豊臣秀長と気があうと思う

先日 体調不良で一日布団で過ごしたとき 本棚から豊臣秀長の歴史小説を読み直した  

記事を読む

最初から道具なんて揃えなくていい!

プロローグ 高槻は桜が咲きとっても綺麗な季節になりました。 道ばたには花がところどころで顔をだし

記事を読む

僕を癒すのはあなた

  島珈琲オリジナルの コーヒーシロップの加糖 ものすごい勢いで売れてしまい 欠品してしま

記事を読む

コンビニ100円コーヒーの存在は、どんな影響を与えたのか

コンビニのコーヒー、皆さんはよく飲まれますか? 僕は時々ですね、買い物や家族でドライブに出かけたと

記事を読む

薄味が好きな人が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいのか?

プロローグ 前回のブログでは、濃い味が好み方が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいか?を記事にしました。

記事を読む

ゴリゴリを考える

コーヒー屋 焙煎屋なので当然 コーヒーのグラインダーにはこだわってますコーヒーの味において焙煎も大事

記事を読む

センス抜群!

  手前味噌ですみません めっちゃいいラベルができました! じゃあねピース

記事を読む

no image

焙煎はアートだ!

焙煎はテクニックだけではなく 感性が命のアートだと思ってますつくり手の感情 経験 想い いろんなもの

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
焙煎は焙烙(ほうろく)でもできるんですよ

僕は滅多にコーヒー教室をしないのですね。 なんで?と言われるとあまり

コーヒーと健康とダイエットのお話

昨晩、娘が耳が痛いと泣き出す。 奥さんが救急の病院に電話をかけてみる

今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

→もっと見る

PAGE TOP ↑