*

焦げた苦味は本来持つ コーヒーの苦味ではないのだ

プロローグ

先日、お客様に「コクはあって欲しいけど、苦味はあまりいらないんです。そんなコーヒーありますか?」と店頭で僕に聞かれました。
いろいろお話を聞いて、どんな苦味が好きでないのかを聞きまして、ブレンドのコーヒー豆をオススメしました。

 

そのお話の中で、「苦味は好きなんですけど、焦げたようなあんな苦味は嫌いなんです。」とおしゃってました。ということで、今日は深煎り(深焙煎)にある焦げた苦味とコーヒーの持つ苦味は違うものなのか、を記事にしたいと思います。

IMG_5048

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

コーヒーの苦味とは「焦げ」なのか?

とりあえず、島珈琲の話からで言うと、コーヒー豆を焦がさないように焙煎しています。
焦げた苦味、焦げた味は僕の焙煎するコーヒーにはあってほしくないので、焦がさないように気をつけて火加減を調整します。

 

コーヒー豆も焙煎の仕方によって焦がすこともできます。ですから焦げた味というのはあるんですね。
苦味の味は2種類あるということになります。焦がさずにコーヒーが本来もつ苦味。そして焦げたような苦味。

 

どちらが良いとか悪いとかは好みになるので、なんともいえませんが焦げた苦味は舌や口に刺激を残すようで、好きでない方も多いように思います。「焦げた」苦味なので本来の苦味とは違う、と僕は判断しています。

 

目に見えないコーヒーの焦げ

コーヒー豆はそのものが茶色なので焦げているのかどうかがわかりません。目で判断ができません。ですから、飲んでからじゃないとわからないですし、「焦げている味」というのを記憶してから飲まないとわかりにくいかと思います。

 

だいたい皆さんは「なんだか違うよなぁ~」となんとなくの違和感をもちながら、何かのきっかけで話をし、実はコーヒー豆も焦げた味があることを知る、そんふうに僕の経験から思います。

 

焼き魚で言えば、焦げた部分は目に見えて分かりますし、食べてもその部分の苦味はわかるかと思います。
コーヒーは焦げた苦味か、良質な苦味かが判断しにくいというのが、この飲み物を難しくしている一つの理由かと思っています。

 

エピローグ

最後にその「苦味」はどう判断して買えばいいのか?
お店の人に聞くしかありません 笑

聞く内容としては、まずコーヒーに「焦げる」ことを知っているかどうか。苦味と焦げの関係を説明できるかどうか、なんですが、ちょっと聞くのが勇気いるかなぁ 笑

 

僕は焦げた苦味は基本的にいらないと思っており、焦げた苦味は少し刺激があるように感じます。
なんとなく受け入れられない味だとか、マイナスの意味での気になる味は、そもそも負の反応です。
コーヒーをよく知っている人に聞いてみるのが一番だと思います。

 

いつもありがとうございます

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

どどどーん

 と コーヒーシロップ&カフェラテ小町のご注文を頂いております ほんとにありがたい

記事を読む

コーヒー豆を粉にして購入した時、開封しなくても冷凍庫に保存すること!

プロローグ 僕はツイッターをしておりまして、日に4回くらいツィートをしています。 決めないと出来

記事を読む

伝家宝刀

 そうです 伝家宝刀の技を使うときがやってきたのです 島珈琲流紅葉落とし焙煎 というのは冗

記事を読む

no image

焙煎

 明日は平日の仕事が休みです といっても社会福祉法人「北摂杉の子会」の契約が3月16日から

記事を読む

ブログを書き続けることは 何かメリットあるのか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 嫁さんとカフェをしながら表

記事を読む

なるほどがいっぱい カンカンセミナーに行って来ました!

TANPAN COFFEEがいよいよ昨日スタートしました。 受付のスタートを聞いてなかったので(笑

記事を読む

そもそも深煎りとか中煎りとか、なんなのか?

プロローグ 僕たち職人が当たり前に使ってしまう言葉ほど、案外お客さまには理解されていないと思います

記事を読む

なぜシェフは食材にこだわるのに、コーヒーにはこだわらないのか

プロローグ さて昨夜、毎月発行しているニュースレターの印刷に行って来ました。 スマートフォンの充

記事を読む

コーヒーの産地によって違う、味わいとは?

プロローグ 今回の記事は、みんなが知りたい、コーヒー産地によって違う味わいについて。 ブラジル、

記事を読む

コーヒー器具の手入れの仕方 あれこれのお話

以前にも書きましたが、昨日ふとツィートすると沢山の方に見て頂けたようですので、また改めて新しく器具の

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
マグカップに直接ドリップして美味しく飲むコツ

今4歳の娘がいるのですが、最近なんというか気遣いができるようになってき

ただ ただ 感謝 ただ ただ ありがとう

    おかげ様で 島珈琲は開

中煎りと深煎りのコーヒー豆 どっちが人気があるの?

昨日は休日でしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボしているカフェBe

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェ

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。 &n

→もっと見る

PAGE TOP ↑