*

どんどん上がるコーヒー豆 どうする島珈琲?

プロローグ

今日はどんどん上がるコーヒー豆の価格について、今後僕はどう考えているのか。
どうしたら、お客様に喜んでもらえるのか?の考えを記事にしたいと思います。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

今日は午前中、雨でヒマだなぁ~と余裕かまして仕事して、ブログを書く時間もたっぷりあったのに、フェイスブックとかツイッターとかじっくり見ていたら、天気が少し良くなったと同時にバタバタしだして、夕方に焦って書いている僕です あははって関係ないですね。

 

どんどん上がるコーヒーの価格

あんまりお客様を不安にさせたくないので、書きたくないことの一つですが、「値上げしないの?大丈夫?」と聞かれるので記事にしようと思いました。ご心配して頂きありがとうございます、島はとっても嬉しいです。

さて円安、それからコーヒーの不作、そして今年は裏作にあたる年なのでかなり動向が気になる所です。加えて発展途上国でのコーヒーの需要の増加。ますますコーヒーは世界で飲まれるようになってきています。

 

そして世界的なスペシャルティコーヒー(似たような意味合いでマイクロロットとも最近呼ばれている)のブームがあり原材料であるコーヒー生豆の値上がりは、右肩あがりです。
ちなみにスペシャルティコーヒーとは、高品質コーヒーで更にかみ砕いたいい方をすると、上等なコーヒーというところでしょうか。

IMG_4997

 

10年前の仕入れの価格表を見ると、この10年の値の上がり方にびっくりしています。

 

で、値上げはするのか?というと、この先ある時点では考えないといけないかなぁと思ってはいますが、今のところは現状のままでいきます。
ある程度予測していたので、包材や(コーヒー豆(粉)を入れて持って帰ってもらう袋など)その他もろもろのコストダウンを先行してやっておきました。ですから、とりあえず今のところは大丈夫です。

 

今後はどうするのか

クオリティを下げないで価格を上げるのか?
クオリティを下げて、価格を維持するのか?

お客様的には クオリティを下げずに価格も維持する ところで落ち着いてもらいたいはずです。笑
僕もできれば同じように思っています。

 

コーヒーは嗜好品、高級品ともとられることがありますが、美味しいコーヒーを家で日常的に飲まれる方のコーヒー豆は日常品なので、日常で楽しめる価格を維持したい、そう考えています。

 

ジワリじわりと動く相場。常用と供給のバランス。円安。いろいろ不安材料はありますが、とにかく努力しますね!

 

エピローグ

コーヒー豆だけに関わらず、ほんとにいろいろなものが値上がりしています。
コーヒー豆を安売りすることは島珈琲では決してありませんが、お客様が島さんのコーヒー美味しいねって沢山言ってもらえて、沢山飲んでもらえるように、現状のままで営業できるように、引き続き努力したいと思います。

 

いつもありがとうございます

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

カラダがあたたかくなるコーヒーをください

プロローグ 先日、喫茶をご利用のお客様にオーダーを取りに行った時に、こう言われました。 「身体が

記事を読む

冷めた顔

大阪は一気にぐっと冷え込んできました今年季節の移り変わりは段階がなく 急に移行するのでびっくらこきま

記事を読む

ハート

 昔から 人より不器用で まず頭で理解しないと体に入っていかなく とにかく出来るようになる

記事を読む

あなたのコーヒーの好みの味を探してみましょう!

プロローグ 飲み物の味わいの違いは分かりにくい、特にコーヒーはそうですよね。 僕らでも目隠しして

記事を読む

コーヒーメーカーを置く場所がない!そんな時のコーヒー器具は?

プロローグ クリーニングのことを聞いたらなんでも知ってる、大阪吹田のクリーニングISEYAのクリー

記事を読む

コーヒーに流行りはあるの?

昨日はお休みでした。 日曜日は岡町本店で、他の日は高槻店に居てますーと言うと、あらお休みなくて大変

記事を読む

おまたせいたしました

島珈琲オリジナル コーヒーシロップ 無糖タイプ 明日早朝 此花区にある工場へ 生豆48キロ相当のコー

記事を読む

ハンドドリップの「蒸らし」は何のため?

家族旅行から帰ってから、待っていてくれたかのように通販のご注文が相次ぎ、てんやわんやの僕です。 あ

記事を読む

焙煎カーブをえがく

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   僕は「人生とはなんぞや」というの

記事を読む

経時変化

僕は毎晩 ご飯のあとに家族でコーヒーメーカーでたてたコーヒーを飲んでいるのですが先日 あれっと思うこ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今まで一番臭かったものは何?

今までで、あなたの中で「一番臭い!」と思った経験はどんなものでしたか。

あの芸能人の、あのコーヒーが再販決定しました!

あっというまのことで、息をつく間がなかったというか、再販するかどうかの

ブレンドコーヒーはいつも同じ味になるのですか?

あの芸能人の、あのコーヒーが再販されるかも?  

コーヒー豆を贈り物にするときに僕が気をつかっていること

どうでもいいことですが、今週から休肝デーを設けることにしました。 実

ドリップする時に端までお湯をかけるのをオススメしない理由

さて、昨日こんなツィートをすると沢山の方が見てくださりました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑