*

コーヒーのことを迷わない1つのすすめ

プロローグ

コーヒー屋はお山の大将である ←島規之の名言 迷言?笑

野に咲く花のように~♪
時にはつらい人生も 晴れのち曇りで また晴れる~♪
ルルルルル~♪

 

って、それは裸の大将や!

IMG_4937

 

お山の大将とは 調べるとこう書いてありました。

狭い範囲の中で自分が一番だと得意になっている人のこと。

はい、僕もそのうちの一人と言えるでしょう。こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

迷わないためにどうするべきか

現在はほんとうに情報過多であると言えます。情報を取ろうと思えば、インターネットを使えば知りたくない情報まで閲覧できることが可能な世の中になりました。

僕がコーヒーのこと興味を持った時、インターネットで仕入れる情報はそれほどなく、難波のジュンク堂書店に赴いては、コーヒーの本を探しまくっていました。

 

ですから、情報自体が少なかったので振り回されることはあまりなかったように思います。

今はどうでしょうか?

SNSも含めていろんなところから滝のように流れてきますよね。

お客様もいろんなコーヒー屋さんでいろんな事を聞いて情報をや知識を蓄積されていると思います。

 

前置きが長くなりましたが

情報を絞る ということです。迷わないためには。
これはコーヒーだけに関わらず、どんなことでもそうですよね。情報源を多く持っていたとしても、ええとこどりしてそれらをくっつけたとしても、全体のバランスを見たときに良くない時があります。

野球で言えば、4番バッターが1番から9番までいても、強い野球ができないのと同じです。

 

昔、京大でコーヒー屋さんの講習会があって出席したんですが、質疑応答でこんな事がありました。

「蒸らしの時間は何秒が適切なんですか?」と先生が30秒くらいかなぁ
といったら火を噴いたように 「いや25秒だ」とか「20秒だとか」水掛け論がはじまったんです。

※蒸らしとはドリップコーヒーを作るときに1番初めにお湯で粉をしめらせる行程のことです。

 

僕はお客さんが混乱しないように30秒くらいですと言い切りますが、ほんとはコーヒーの蒸らしの状態を見て、次の動作に入らないといけないのが本当です。ですから「秒」で決めつけることは本来できないのです。
でも、30秒って言ったほうが理解が早いでしょ。そこはお客様への愛なんですよ 笑。

 

で、最初に話を戻しますが、コーヒー屋さんは各々の作るコーヒーに信念を持っているので、自分のコーヒーが美味しくなる条件をお客様にお伝えします。ですから、条件(コーヒー屋さんの個の考え)が違えば伝えることも違うということです。
だから、コーヒー屋は僕も含め「お山の大将」なんです。

 

エピローグ

つまり情報を絞るということは、教えてもらう人を1人決める それが結局迷わない1番の上達の早道なんだと思います。

これはコーヒーだけでなくいろんな事にも言えることだと、書きながら自分に言い聞かせていたりします。笑

 

いろんなところに行っていろいろ聞いて、コーヒーのことで悩んでいる方を見て そんなことを思ったりしていました。

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

40代

 今の言葉で言うと アラフォーか このフォーという文字をみると どうしても吉本新喜劇で「フ

記事を読む

ちょっと知ってるとコーヒーが面白くなる!焙煎のお話

昨日は定休日で、家族でキッズランドに行き娘とひたすら遊んできました。 汗だくになって遊ぶ娘。

記事を読む

知ってますか?焙煎したてのコーヒー豆は100%の力でないことを

プロローグ 先日、ブログを見てくれたギャラクシーブックの担当者さんが商業出版で本を出しませんか?と

記事を読む

止まりたいとき

休みなく働いていて 今日は身体がゆうこときかないなぁ と思うこと 多々あります 休みをとらないと・・

記事を読む

マグカップ1杯分に使うのコーヒーの粉の量を教えてください

よくそんなに毎日ブログのネタがあるね、と時々言われます。 僕もびっくりしてます(笑) &nb

記事を読む

週1回の営業で宣伝もせずお客さんが増える理由

島珈琲の開業は2002年3月29日。 スタートは岡町本店からでした。   開

記事を読む

焙煎アーティスト流 フレンチプレスの美味しい使い方

プロローグ たまに自分のコーヒーを淹れるのに、ハンドドリップするのが面倒くさいなぁと思う僕です。笑

記事を読む

なぜシェフは食材にこだわるのに、コーヒーにはこだわらないのか

プロローグ さて昨夜、毎月発行しているニュースレターの印刷に行って来ました。 スマートフォンの充

記事を読む

やっぱ新しいほうが美味しいねん

プロローグ 今朝 上宮天満宮にお詣りし 神棚にあった去年のお札をお返しし新しいお札を頂きに行き

記事を読む

ペーパードリップは何分で終わらすのが正解なのか?

プロローグ 使う器具によって違うのですが、今回はペーパードリップは何分で終わらすのが良いか、このこ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
焙煎は焙烙(ほうろく)でもできるんですよ

僕は滅多にコーヒー教室をしないのですね。 なんで?と言われるとあまり

コーヒーと健康とダイエットのお話

昨晩、娘が耳が痛いと泣き出す。 奥さんが救急の病院に電話をかけてみる

今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

→もっと見る

PAGE TOP ↑