*

コーヒーのことを迷わない1つのすすめ

プロローグ

コーヒー屋はお山の大将である ←島規之の名言 迷言?笑

野に咲く花のように~♪
時にはつらい人生も 晴れのち曇りで また晴れる~♪
ルルルルル~♪

 

って、それは裸の大将や!

IMG_4937

 

お山の大将とは 調べるとこう書いてありました。

狭い範囲の中で自分が一番だと得意になっている人のこと。

はい、僕もそのうちの一人と言えるでしょう。こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

迷わないためにどうするべきか

現在はほんとうに情報過多であると言えます。情報を取ろうと思えば、インターネットを使えば知りたくない情報まで閲覧できることが可能な世の中になりました。

僕がコーヒーのこと興味を持った時、インターネットで仕入れる情報はそれほどなく、難波のジュンク堂書店に赴いては、コーヒーの本を探しまくっていました。

 

ですから、情報自体が少なかったので振り回されることはあまりなかったように思います。

今はどうでしょうか?

SNSも含めていろんなところから滝のように流れてきますよね。

お客様もいろんなコーヒー屋さんでいろんな事を聞いて情報をや知識を蓄積されていると思います。

 

前置きが長くなりましたが

情報を絞る ということです。迷わないためには。
これはコーヒーだけに関わらず、どんなことでもそうですよね。情報源を多く持っていたとしても、ええとこどりしてそれらをくっつけたとしても、全体のバランスを見たときに良くない時があります。

野球で言えば、4番バッターが1番から9番までいても、強い野球ができないのと同じです。

 

昔、京大でコーヒー屋さんの講習会があって出席したんですが、質疑応答でこんな事がありました。

「蒸らしの時間は何秒が適切なんですか?」と先生が30秒くらいかなぁ
といったら火を噴いたように 「いや25秒だ」とか「20秒だとか」水掛け論がはじまったんです。

※蒸らしとはドリップコーヒーを作るときに1番初めにお湯で粉をしめらせる行程のことです。

 

僕はお客さんが混乱しないように30秒くらいですと言い切りますが、ほんとはコーヒーの蒸らしの状態を見て、次の動作に入らないといけないのが本当です。ですから「秒」で決めつけることは本来できないのです。
でも、30秒って言ったほうが理解が早いでしょ。そこはお客様への愛なんですよ 笑。

 

で、最初に話を戻しますが、コーヒー屋さんは各々の作るコーヒーに信念を持っているので、自分のコーヒーが美味しくなる条件をお客様にお伝えします。ですから、条件(コーヒー屋さんの個の考え)が違えば伝えることも違うということです。
だから、コーヒー屋は僕も含め「お山の大将」なんです。

 

エピローグ

つまり情報を絞るということは、教えてもらう人を1人決める それが結局迷わない1番の上達の早道なんだと思います。

これはコーヒーだけでなくいろんな事にも言えることだと、書きながら自分に言い聞かせていたりします。笑

 

いろんなところに行っていろいろ聞いて、コーヒーのことで悩んでいる方を見て そんなことを思ったりしていました。

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

実はアイスコーヒーにも色々種類があるんです

プロローグ 今日はアイスコーヒーもいろいろな種類があって、それぞれに個がある味について書いていこう

記事を読む

焙煎すると目方が減る話から、アメリカンコーヒーの「なぜ?」を説いてみた

プロローグ 今日は焙煎をすると目方が減るという話から、アメリカンコーヒーがなぜ浅焙煎のコーヒーなの

記事を読む

ブログを書き続けることは 何かメリットあるのか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 嫁さんとカフェをしながら表

記事を読む

決戦は金曜日

 新しい物件の情報を頂きまして 今週の金曜日に物件の中を見せて 頂く予定になっております

記事を読む

no image

時代おくれ

 河島英伍さんの歌う 「時代おくれ」の詩の中で 男の嘆きは酒場の隅においてゆく とある 嘆

記事を読む

no image

これからは

 日記のネタに困ったら  今日のカフェBeのランチはこんなんでしたって 写真はって 万事オ

記事を読む

タンザニア ニティン農園

  今月から登場の タンザニア ニティン農園 中焙煎と深焙煎の2つティストでご用意しお待ち

記事を読む

どどどーん

 と コーヒーシロップ&カフェラテ小町のご注文を頂いております ほんとにありがたい

記事を読む

ナチュラル と ウオッシュ コーヒーの精製法

プロローグ コーヒー生豆が日本に届くまで ほんとにいろんな行程があり 様々な人の手がかかっています

記事を読む

職人としての大切な心

 焙煎を論議すると百人いたら百人の考えがある けども 焙煎機がどうだ とか ダンパーの使い

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
お店をするのに大切なことは何?

久々に飲み過ぎました。 昨晩、飲み会がありました。  

島珈琲のコーヒーが飲めるカフェ 芦屋編 ~ブックカフェ三日月と太陽~

先日、お休みを利用して芦屋に行って来ました。 芦屋には僕の友達が経営

コーヒーの味わいにおける「からい」ってなんですか?

昨日はお休みでした。 娘の幼稚園も振替休日でお休み。 &nbs

お店が閑古鳥の時、僕はどんなことを考えているのか

お商売を長くしていると、季節によって流れがあるのを知り、この月は繁忙期

コーヒーの実の収穫って大変なんです!のお話

昨日ツイッターに、このツィートをしたところ興味を持ってくださった方がお

→もっと見る

PAGE TOP ↑