*

いつもコーヒーの味が違うんだけど、いれ方が悪いのかなぁと思うあなたへ

プロローグ

今年はほんとに気候が不安定ですね。
お身体の調子、崩されていませんか?朝晩まだまだ肌寒い日も多いようですのでどうぞご自愛を。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。
IMG_4934
さて、よくお店で会話しているとこのブログのタイトルのようなことをお話になります。
「同じようにコーヒーをいれるんだけど、いつも味が違うのよねー 下手くそなんかなぁ。。。」と
いえいえ
そんなことはありません。

 

なぜ、毎日同じ味にならないのか、その理由をいくつかあげていきたいと思います。

 

毎日同じではないワケは、何?

僕たちプロでも毎日同じ味に感じることはないです。(と僕は思ってます)
なぜなら、毎日体調が違うからです。

 

必ず昨日と同じ体調とはいえませんよね。味覚は体調によって変化します。ですからひとつは体調が理由になります。特に繊細な味覚になればなるほど、体調の変化によって違うものです。

 

次に直前に食べたものによる変化。コーヒーは食後であったり、お菓子と一緒にだったり、朝食と一緒だったり、あまりピンで飲むということは少ないのではないでしょうか?
そうすると食べるものの組み合わせによっては、味が全然違うように感じる時があります。

 

油料理のあとに飲むコーヒーは口の中がすっきりしてとても美味しく感じますが、口に残る料理の余韻の味があれば、コーヒーの味はそれに影響されるわけですので、同じ味になることは、同じ料理を食べた後でない限りなりえないことになると思います。

 

それともう一つ

歯磨きやハッカ系のものを口にした後のコーヒーは、コーヒーの味覚をキャッチできません。
食後歯磨きをしてからコーヒーが欲しくなるときありませんか?

歯磨きをした後に、コーヒーを飲むと僕は何かを当てることすらできないくらい味覚が狂います。
ですから、重要なテイスティングなどの時はその前に(歯磨き粉を使った)歯磨きをしないことは、注意事項にはいっています。

 

美味しいコーヒーを飲みたいときは、その前にガムを噛むこともオススメはできません。(特にハッカ系のガム)

 

エピローグ

もしその飲んだコーヒーがブレンドである場合。
例えば島珈琲のブレンドの花の場合、ブラジル50%:コロンビア25%:タンザニア25%という割合で配合しています。仮にスプーンで一杯すくったとして、必ずその配合通りにスプーンの中はなっているでしょうか?

 

すくうスプーンの中の配合は必ずしも同じとは言えませんよね。そこにも味の違いがあります。

 

このように、いろーーーんな条件で味は変わります。
それと最後の一つ 日本には四季があります。その四季によっても感じる味覚は変化しています。
季節の変わり目は特に味覚が不安定になるように思います。

 

というような理由がまだまだあるのですが、じゃあどうしたらこの事を解決できるのかというと、

味が違うことを「楽しんじゃえ」となります。だって愉しむコーヒーがいっちばん美味しいんだもの、ね。

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

パートナーシップ を考えてみた

これは仕事だけに関わらず 私生活面でもいえることかなぁ なんて思っています パートナーシップ この言

記事を読む

コーヒー豆を挽いてから、何日までに飲んだらいいの?

プロローグ 前回の記事に続いて、今回も保存方法や鮮度の話を書きたいと思います。 コーヒーのたてか

記事を読む

コーヒーをドリップするときに大切な1つのこと

プロローグ     テクニックって練習すれば上手くなります

記事を読む

ペーパードリップでペーパーを濡らす理由はなぜか?

プロローグ ハンドドリップでペーパーの濾紙を使い、コーヒーを抽出する時ペーパーを濡らす人がいたり、

記事を読む

no image

お手軽に♪

 http://shima-coffee.com/quick_coffee.html 皆様

記事を読む

ご存じでしたか?コーヒー豆にも旬があることを

プロローグ コーヒー豆にも旬があると「えっそうなんだ?」と思われる方も多いかと。 そうなんです、

記事を読む

研ぐ

 いつも思う事は コーヒーの味覚だけを研磨するのでなく 美味しいといわれる料理店の料理やお

記事を読む

焙煎を数字で説明した!中焙煎・深焙煎はつまりコーヒー豆の温度差

プロローグ 先日、お客様に中焙煎と深焙煎は温度でいうと10℃の差なんです、とお話をしていたら「知ら

記事を読む

ニューヨークのカフェ事情から見る流れ

まるで、さも自分が行ってきて見てきたようなタイトルですが、僕は行っておりません。(笑) &nb

記事を読む

コーヒーの未来はどうなる!?これからのコーヒーのこと

プロローグ 最近、お客様とこれからのコーヒーついてのお話をすることが多い僕です。 こんにちは 焙

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
焙煎は焙烙(ほうろく)でもできるんですよ

僕は滅多にコーヒー教室をしないのですね。 なんで?と言われるとあまり

コーヒーと健康とダイエットのお話

昨晩、娘が耳が痛いと泣き出す。 奥さんが救急の病院に電話をかけてみる

今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

→もっと見る

PAGE TOP ↑