*

実はアイスコーヒーにも色々種類があるんです

プロローグ

今日はアイスコーヒーもいろいろな種類があって、それぞれに個がある味について書いていこうと思います。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

今度 5月に行うセミナーでも飲み比べをするんですが、ほんとにおもしろいくらい味の違いがあるので、これを読んだ方はちょっと意識してもらえると、アイスコーヒーを楽しめる幅が増えると思います。

では行ってみましょう♪

 

アイスコーヒーの種類

まずはじめにアイスコーヒーというのは確か発祥地は日本からだったはずです。(たぶん)
欧米からではなく、日本からだんだんと広まっていったようなことを記憶しています。

 

余談でしたが、まずドリップして冷却する方法のアイスコーヒー。
ペーパー、ネルなどで濾して抽出し、それを冷却して飲むアイスコーヒー、これが一般的です。
加工品でも大抵このやり方だと思います。

 

次に水だしアイスコーヒー。
これもいろいろ種類があるのですが、島珈琲では水出しコーヒー用のパックをつくり、お水にチャポンと入れて一晩冷蔵庫で寝かすと、アイスコーヒーができるというものです。

IMG_4926

 

エスプレッソの冷水割り これはエスプレッソのダブル(60ml)を氷の入ったグラスに注ぎ、そして冷水をいれてアイスコーヒーを作るモノです。アイスアメリカーノと呼ばれています。

 

最後にこれは趣味的なものですが、アイスコーヒー用に適さないと言われる、中焙煎のコーヒー豆を使いアイスコーヒーをペーパーで抽出し冷却するアイスコーヒー。
一般的には中焙煎のコーヒーは酸味があるコーヒーなので、冷やすとその酸味がさらに顔を出すことになります。冷えたときは苦味の方が清涼感があってよいとされますが、酸味のあるアイスコーヒーもそれはそれで美味しかったりします。

 

それぞれの特徴

ドリップで急冷するアイスコーヒーはできるだけ、手早く急冷するほうが味にキレと香りが残るように思います。湯引きの料理を氷水で急冷すると味が締まる、そんな感じと同じように手早くするのが美味しさのコツです。

 

水出しコーヒーはお湯を使わず、水に浸けて抽出するので他にない、あまり味わえない味になっています。
これは初めて飲んだ方は美味しさに大抵びっくりするので 是非一度飲んで頂きたいです。
トロンとして澄み切った味わい、水だしコーヒーパックでつくる独特の味わいです。

 

エスプレッソの冷水割。見た目の液体は濁っているので上の2つとでは、見栄えの差がありますが、このアイスコーヒーにもこれにしかない味わいがあります。重量感のある味わいでミルクと砂糖を入れるとより、うま味がでる、そんなアイスコーヒーがエスプレッソの冷水割だと思います。

 

エピローグ

味を知りたい!と思う方は是非、5月に行うセミナーに来てください!
(あっ売り込んじゃってる?笑)
詳細はこちらでーす♪ ↓↓

お待たせしました!【夏に先駆け 魁!アイスコーヒー塾!】を開催しまーす♪

 

では、また明日。

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

こうしたら香りが広がる!テイクアウトのコーヒーカップにフタは本当に必要?

昨日は僕の携帯 iPhoneの機種変更に行って来ました。 僕ね、こう見えて(どう見えるが知らないけ

記事を読む

島珈琲のコーヒー豆のラインナップはどのクラスか

前回のブログでは、TANPAN COFFEEのスペックをお伝えしました。 高品質コーヒーでも選ばれ

記事を読む

そうだったのか!喫茶店ででてくるお冷やの役割とは

プロローグ カフェや喫茶店に行くとお冷や、お水ですね、出てきますよね。 その役割について今日は記

記事を読む

味の変化

高槻店の焙煎機を使い始めて10ヶ月あまりが経ちました僕の焙煎機のシリンダーは従来の鉄製でなくステンレ

記事を読む

ご存じですか?コーヒーにも裏作・表作があることを

さて、あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんのオリジナルコーヒー、TANPAN COFFEEの試飲

記事を読む

暑い時に欲しくなる、あまーいコーヒーのレシピ教えちゃう

プロローグ 実は僕、昔バーテンダーになりたいと夢見た時期がありました。シェーカーを振りグラスに注ぐ

記事を読む

ご存じですか?焙煎機は掃除しないといけないことを!

プロローグ そんなんしらんやん!と突っ込みを入れられるお題ですね。今日は焙煎機ってこんな感じで掃除

記事を読む

僕がブログを始めた理由は○○だった

朝、目覚めると僕は黒い虫になっていた。   昨晩は奥様も娘もお疲れの様子、早く

記事を読む

試運転

 今日は新型焙煎機の試運転をし 微調整をかねて 冨士珈機さんがあるナンバまで行ってきました

記事を読む

コーヒーにおける 「えぐみ」について考えた

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 写真は本文と関係ありませんが 生産国でコーヒー生豆の

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ただ ただ 感謝 ただ ただ ありがとう

    おかげ様で 島珈琲は開

中煎りと深煎りのコーヒー豆 どっちが人気があるの?

昨日は休日でしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボしているカフェBe

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェ

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。 &n

島さんは、コーヒーの味わいはどこで決まると思ってますか?

今日は娘の保育園の卒園式です。 その後は、奥さんが娘と一緒に幼稚園の

→もっと見る

PAGE TOP ↑