*

最初から道具なんて揃えなくていい!

プロローグ

高槻は桜が咲きとっても綺麗な季節になりました。
道ばたには花がところどころで顔をだし、暖かな陽気に心も温かくなるこの頃、春ですね。
いかがお過ごしでしょうか?

 

焙煎アーティスト 島 規之です。

 

何かと新しいことをはじめるには区切りのよい季節。皆さんは何か新しいことをはじめますか?
僕は休眠しているマラソン(ジョギング)を再開させたいなぁ なんて思っております。

 

そんな中お客様から最近ドリップコーヒーをはじめました、というお声をたくさん頂きます。
今日はコーヒーをご家庭ではじめた方に対して、少しアドバイスをしたいと思います。

IMG_4147

 

最初から道具を揃えてなくていい

特に男性、僕もそうですがまずカタチから入ってしまいがちですよね、どんなことも。
まずドリップコーヒーをはじめるには、コーヒーポットそれからコーヒーミル揃えないとーと思いますが、ちょっと待ってください!

 

確かに道具があれば便利です。でも、あえて言わせてもらうなら道具が揃ってないないところからはじめたほうが、だんだんに美味しくなっていくコーヒーの過程を楽しめるんです。

 

下を知るから上のありがたみがわかる

例えば、コーヒーミルがない場合、コーヒーショップで粉に挽いたものを買わないといけません。鮮度を比べるとはやり豆のままの方が鮮度を保持します。粉の場合挽くことによって表面積が増え、空気にあたる面が増えるので、劣化は豆よりも早くなります。

 

コーヒーミルがあれば豆を挽くときの香り、ドリップしたときに膨らむ粉、その時に部屋中に香るコーヒーの香り、格別です。

しかし、最初から自宅でコーヒーミルで挽く場合、粉で買って来た時のそれとは差があることが比べられないのですね。

 

これは何においても同じです。不便さを知っているから、便利を知る と同じ理屈だと思うんです。
ですから、慌てないで今の状況でもうちょっと愉しんでから、次のステップに行く方が、より愉しみが深くなると思うんです。

 

エピローグ

道具があった方が雰囲気もでるしいいですよね。コーヒーポットじゃなくても、やりにくいですがティファールから直接ドリップすることもできます。コーヒーミルがなくても粉を買って来てドリップしても島珈琲なら美味しさは保証します!笑

 

そろそろ次のステッかなぁと思われた時は、どんな事でもお気軽にご質問ください!器具は島珈琲よりインターネットの方が安いところがいくらでもあるのでお教えします!
だから、急がずにちょっと今の状況を愉しんでくださいね♪

 

いつもありがとうございます

焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

焙煎機 焙煎人

コーヒー屋をやっているのは コーヒーの焙煎が楽しいから他ならない 仕事であり 楽しみであり 喜びであ

記事を読む

世界各国にあるコーヒーの産地、味の違いはどうしたらわかるの?

昨日は、あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんがブログで島珈琲のことをめちゃくちゃ素敵に書いてくだ

記事を読む

道具はいつもピカピカに 道具は職人の魂ですからね

プロローグ お客さまや機械関係の方によく言われます。「島さん、いつもマシンをピカピカにしてはるね~

記事を読む

コーヒーの香りや美味しさはどこで決まるの?

昨日はバレンタインデーでした。 なんと娘が保育園でクッキーを僕に作ってくれたみたいで、「父ちゃ

記事を読む

冷めた時にも「美味しい」と感じるコーヒーは正解!

前号では短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPAN COFFEE のことを書きました。

記事を読む

知っておくと便利、水だしコーヒーのあれこれ

プロローグ コーヒーブームなのかな、最近よく店頭で水だしコーヒーについて聞かれることが多くなりまし

記事を読む

焙煎前のコーヒー豆、どうやって美味しさを見分けるの?

プロローグ コーヒー豆の焙煎。 焙煎とは熱の力を使い化学変化を起こすことです。 コーヒー生豆と

記事を読む

ペーパーフィルターとお湯の接触時間と美味しいの三角関係

今月19日月曜日は定休日、そして20日火曜日、21日水曜日、高槻店は臨時休業しますね。 &nb

記事を読む

やっぱりコーヒーは楽しいよ 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が僕には流れている

こんにちは 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が流れている 焙煎アーティスト 島規之です!

記事を読む

島珈琲 シンプルに経営を考えていく

島珈琲高槻店を開店する前から考えていたことなんですが、そろそろそれを実行に移そうとおもっております。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハワイ島でコーヒーの素材を「見抜くの目」が育ったというお話

先日、奥さんにある相談をしました。   島珈琲社

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが

考えよう、障がい者の働くを

昨日は久しぶりの島珈琲社会貢献部の活動でした。  

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前

美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

→もっと見る

PAGE TOP ↑