*

初めてのコーヒー豆屋で困らないようにくふうしていまーす

プロローグ

コーヒー豆屋というのは「何となく敷居が高い」ように思っちゃいますよね。
島珈琲を開業して13年。コーヒー豆屋を営んできて、お客様からよくそう言われていました。

ですから、僕の中で敷居を下げずに敷居をまたぎやすくする方法はなんだろうか?
と思い、考えたときにポップの大事さでした。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

敷居が高いといわれるコーヒー豆屋で、どうやって「またぎやすく」したのかを書いてみようと思います。

 

ポップは信用の入り口になる

敷居が高くなってしまう理由はいろいろあるのですが、そのひとつに「私、通(コーヒー通)じゃないねんけど、難しいこと言われたらどないしよー。」という不安からくるように思います。

その不安を和らげるのが、ポップなのです。島珈琲の場合は入り口付近に二つの黒板を置いています。
1つはメッセージ。もう1つは価格表を書いたモノ。

 

価格が分からないって怖いですよね 笑。ネットで調べることもできますが、お客様に一手間かけてもらうよろ、一目でわかるようにしました。

IMG_4379

そして入店されます。僕は「いらっしゃいませ」と言わず、「こんにちは」とお声かけします。
それは「いらっしいませ」によそよそしさを感じていたからなんですね。いらっしゃいませと声かけられるよりも、こんにちは の方がスゥーッと胸に入っていきませんか?

商品にもポップを書いてご案内。

 

僕が気をつけていること

特に初めてのお客様は、コーヒー豆の何をどう選んで良いのかわからない、のが入店後一番の不安だと思います。この不安に対してまず、「はじめまセット」という島珈琲の1番2番の売れ筋をセットにしたものを作り、ポップにしました。「とりあえずこれ」と、迷わず選んで頂けるように。

IMG_4772

 

あと会話では、お客様がどの程度知りたいのか、話して欲しいのかを、会話の中でお客様をキャッチしながら話を進めていきます。

 

プロ用語を粉々にくだいて、わかりやすく。そこを特に気をつけながら、お話の中で身近のモノの例えを出して、コーヒーの味であったり、コーヒーのイロハな事をお伝えしています。

 

エピローグ

コーヒーの味の違いってほんとに分かりにくいモンなんです。
右と左で飲み比べてその違いを知るのがベストですが、それはプロの話であってお客様に求めることでもありません。

 

例えば極論ですが、近江米と秋田米の違いわかりますか?と言われても、たぶん大多数の方がその違いについてよくわからないと思います。グァテマラとブラジルだってそうなんです。僕らは何年も飲み比べをしているから知っているんです。それは僕にとっては当たり前ですが、皆様にとっては当たり前でありません。

その辺を十分承知した上で、いろいろ工夫しました。

 

プロとしてどれだけかみ砕いてお話しできるかが、プロとしての力量だと思っています。

コーヒーのことなんでも聞いてくださいね。

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ブレンドコーヒーとストレートコーヒー 何がどう違うの?

野球のピッチャーの球種で例えると、ブレンドコーヒーは変化球、ストレートコーヒーはまさしく直球ストレー

記事を読む

自分らしく生きるって何?

プロローグ 昨晩、お風呂の中でまた考えてしまった。 「自分らしく生きるってなんだろ?」これは禅問

記事を読む

家庭で使うコーヒー器具、何が一番よく使われているの?

家電量販店やデパート、それからショッピングモールなど、家族ででかけると必ず見に行くのが家庭用品売り場

記事を読む

「いい加減」じゃなく 「良い加減」のいい加減

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 島珈琲の高槻店で近々「チー

記事を読む

向上しようと思う気持ちが まず大事

プロローグ   先日 セミナーに行ってきまして随分と刺激を受けてきた こん

記事を読む

夏場のコーヒー豆屋の流れはこんなんだ!~夏場の島珈琲の流れ~

今日はブログのネタが思いつかず、いいえ、ネタあるのですが、技術的・お役立ち系なコーヒーに関するネタが

記事を読む

コーヒー豆にはフラットビーンとピーベリーという種類があるんです

プロローグ コーヒー豆というのは、コーヒーの実の種でして、似ているもので例えるとサクランボのタネの

記事を読む

ハンドピックとは1杯のコーヒーへの愛

通販のご注文が沢山あり、ドタバタな島珈琲です。 いやでもほんと、ありがたいです。  

記事を読む

no image

冬の味覚

人間の味覚は夏と冬と つまり気温の差で 感じる味覚がちゃうらしい 夏は酸味を感じやすく 冬は苦味を感

記事を読む

教えて!ドリップのお湯の温度は何℃がいいのでしょうか?

プロローグ 自転車で風を切って走っていると、春から初夏に移り変わっていきそうな新緑の薫りが所々で感

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆を贈り物にするときに僕が気をつかっていること

どうでもいいことですが、今週から休肝デーを設けることにしました。 実

ドリップする時に端までお湯をかけるのをオススメしない理由

さて、昨日こんなツィートをすると沢山の方が見てくださりました。

今更ですが、水だしコーヒーポットの美味しい作り方を調べます

昨日は休日でして、家族で市民プールに行ってきました。 9時半から12

コーヒー豆は焙煎すると2倍の大きさになる、なんで?のお話

コーヒー生豆を焙煎すると、だいたい2倍くらいの大きさになります。 詳

今も残る高校卒業したときの担任の言葉

先日、高槻・川添にある、障がい者支援サービス よつば放課後デイサービス

→もっと見る

PAGE TOP ↑