*

初めてのコーヒー豆屋で困らないようにくふうしていまーす

プロローグ

コーヒー豆屋というのは「何となく敷居が高い」ように思っちゃいますよね。
島珈琲を開業して13年。コーヒー豆屋を営んできて、お客様からよくそう言われていました。

ですから、僕の中で敷居を下げずに敷居をまたぎやすくする方法はなんだろうか?
と思い、考えたときにポップの大事さでした。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

敷居が高いといわれるコーヒー豆屋で、どうやって「またぎやすく」したのかを書いてみようと思います。

 

ポップは信用の入り口になる

敷居が高くなってしまう理由はいろいろあるのですが、そのひとつに「私、通(コーヒー通)じゃないねんけど、難しいこと言われたらどないしよー。」という不安からくるように思います。

その不安を和らげるのが、ポップなのです。島珈琲の場合は入り口付近に二つの黒板を置いています。
1つはメッセージ。もう1つは価格表を書いたモノ。

 

価格が分からないって怖いですよね 笑。ネットで調べることもできますが、お客様に一手間かけてもらうよろ、一目でわかるようにしました。

IMG_4379

そして入店されます。僕は「いらっしゃいませ」と言わず、「こんにちは」とお声かけします。
それは「いらっしいませ」によそよそしさを感じていたからなんですね。いらっしゃいませと声かけられるよりも、こんにちは の方がスゥーッと胸に入っていきませんか?

商品にもポップを書いてご案内。

 

僕が気をつけていること

特に初めてのお客様は、コーヒー豆の何をどう選んで良いのかわからない、のが入店後一番の不安だと思います。この不安に対してまず、「はじめまセット」という島珈琲の1番2番の売れ筋をセットにしたものを作り、ポップにしました。「とりあえずこれ」と、迷わず選んで頂けるように。

IMG_4772

 

あと会話では、お客様がどの程度知りたいのか、話して欲しいのかを、会話の中でお客様をキャッチしながら話を進めていきます。

 

プロ用語を粉々にくだいて、わかりやすく。そこを特に気をつけながら、お話の中で身近のモノの例えを出して、コーヒーの味であったり、コーヒーのイロハな事をお伝えしています。

 

エピローグ

コーヒーの味の違いってほんとに分かりにくいモンなんです。
右と左で飲み比べてその違いを知るのがベストですが、それはプロの話であってお客様に求めることでもありません。

 

例えば極論ですが、近江米と秋田米の違いわかりますか?と言われても、たぶん大多数の方がその違いについてよくわからないと思います。グァテマラとブラジルだってそうなんです。僕らは何年も飲み比べをしているから知っているんです。それは僕にとっては当たり前ですが、皆様にとっては当たり前でありません。

その辺を十分承知した上で、いろいろ工夫しました。

 

プロとしてどれだけかみ砕いてお話しできるかが、プロとしての力量だと思っています。

コーヒーのことなんでも聞いてくださいね。

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

儲かるから?なぜ僕は喫茶店ではなくコーヒー豆屋を選んだのか

プロローグ 日曜日は、日曜日だけが営業のお店、岡町本店で営業です。 こちらのお店はコーヒー豆の量

記事を読む

中煎りとか深煎りは つまり 焙煎時間の差

プロローグ 「人生はチャンスだ!」この言葉好きです 人生そのものがチャンスなんですよね 限られた時

記事を読む

まころ企画の牧田さん

  まころ企画 代表の牧田さん そうです ご存じの方もおられますが 島珈琲のホームページを

記事を読む

コーヒーの焙煎っていう言葉は浸透してるのか

プロローグ 僕がコーヒーの焙煎に興味を持ち始めた頃は2000年代に入る少し前、1990年の中盤でし

記事を読む

コーヒーの価格高騰に対して、ブレンド力をつけて解決することにした

プロローグ おりしも、コーヒーブームである。と、なんだか偉そうなくだりで入ってみた。笑 サードウ

記事を読む

焙煎度合いによって粉の挽き目を変えるの?

昨晩、奥さんと映画の話をしていて、タイトルがでてこない。 あるでしょ、そういこうと。 &nb

記事を読む

夜と霧

昨日 島珈琲営業企画部が誕生しました! AMMの岡田先生を顧問に迎えまして 島珈琲の楽しい企画を考え

記事を読む

写真入りメニュー

今日もめちゃくちゃ忙しくさせていただきました ありがとうございます 今月の課題は写真入メニューをつく

記事を読む

もう、カフェインレスが美味しくない!なんて言わせない。美味しいカフェインレス・アイスコーヒーが出来上がりました!

プロローグ 昨日、高槻店に来られ喫茶をご利用されたお客様が、メニューにしてから初めてカフェインレス

記事を読む

コラボカフェ

 福祉施設とのコラボカフェ   福祉施設の名前が ぷれいすBeと言います

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
障がい者支援施設とコラボカフェ カフェBeってどんなカフェ?

カフェBeを運営する社会福祉法人 北摂杉の子会さんから、このカフェを手

いつもの豆が切れた!プロはどんなふうに同じ味わいを作るのか

コーヒー豆はご存じの通り、植物のタネです。  

島珈琲のネット通販でクレジット・コンビニ決済ができるようになりました!

通販に力が入り出したのは、2年程前から。   そ

旨いコーヒーを作りたい

料理などを作ったとき、それを食べた人が美味しいそうに食べ、そして笑顔を

ペーパーを濡らす派?濡らさない派?僕は濡らす派

  水掛け論とは、お互いに自説にこだわって、また自分に

→もっと見る

PAGE TOP ↑