*

あなたが好きやねん!オーラを出してみる

プロローグ

自己分析をしてみると 僕自身はどちらかというと職人肌の人間で、がんこで、強情で、1度言ったことをなかなか曲げないところもあったり、無口なほうだったり、だと思います。

コミュニケーション力や協調性も少ない方の人です。

 

しかしお店をしている以上、それじゃいけません!
モノを作るのだけなら、覚えてしまえば誰でもできます。それを販売するのがむずかしいんです。

 

美味しいモノを作って販売したら、自動的に売れると思っていました。
13年前岡町本店をオープンしたその時は。

 

でも、当たり前ですね。美味しいだけでは売れませんでした。
そこでいろいろ考えて、どうしたらお店として続けて行けるんだろう紆余曲折してきた1部を書いてみようと思います。仕事だけでなく、人と話すときにほんの少し役に立つと思います。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

IMG_4200

 

職人肌だけではあかんと思った

大好きなコーヒー豆を販売し、好きな仕事を続けていくにはどうしたらいいのか?
もちろん無理矢理売りつけるのではなく、自然に「しまちゃんから買うてみよ」って思ってもらえるように。

 

職人肌で無口とはいいましたが、お店に来てくれた上での対面販売は得意なほうだったので、それを深化さすためにあれこれ考えた結果 一つの方法にたどり着きました。

 

ほんの一瞬だけ目の前のお客様に恋をしてみる

誤解の無いように言いますが、本気過ぎたらいけません。あくまでも準本気です。笑 ほんまに恋してしまったらえらいことなんで。

 

自分に暗示をかけます。「今この目の前にいる人が大好きだ!」老若男女関わらずです。
気分の優れないマイナスな時も、この自己暗示はプラスのオーラを発すると思います。
とにかく「そんなアホな」と思わず、やるんです。

 

病は気からと同じように、思いも気からです。言葉にしなくてもオーラで感じるはずです。好きだ好きだオーラをだします。そして自分がええ感じテンションに上がってきたら、すかさず笑顔になりましょう。笑顔は伝播します。
むつーっとしたおじさんでも、ニヤっと笑います。

 

これで相手の気分は良くなるんですね。

 

エピローグ

それでたくさんの買い物をしてもらおうと下心をもって望んでいるわけではありません。あくまでも気持ち良く買い物をして頂き、気持ち良く帰って頂くことにあります。あの店に来たら、なんか気持ち良いよねーって、また行きたくなるよねー、と、また会いたくなるような気分にすることなんですね。

 

これは何もお商売だけでなく、日常でここ一番な会話が必要な時にも役立つと思います。

 

僕も自分の体調や良いとき悪いとき、気分が良いとき芳しくない時、コントロールがまだまだできていないことが多いですが、そこのところはお許しを

だって人間だもの 笑

 

まだまだ人生は修行です。

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

出陣じゃ

 ぼぉ~ぉ ぼぉ~ぉ (←ほら貝の音) というわけで 明日朝一番の飛行機にのり 熊本へ行っ

記事を読む

なぜ僕が「ありがとうございました」と言わないのか

今日は2歳の娘の保育園デビューの日です 笑 周りに子供が少ないので 子供同士の交わりが 少なく 

記事を読む

no image

おしごと

 カフェBeで使う コーヒー豆を販売するときにいれる豆袋 これに店名や住所が印字されたスタ

記事を読む

no image

負けたらあかん

 クーラーに負けてしまいました・・・ 倒れても倒れても何度となく立つ あしたのジョーのごと

記事を読む

高槻 天神町はいい街だ

島珈琲高槻店がある 高槻市天神町(てんじんまち)こちらにお店をだして1年と2ヶ月ちょいになりますご近

記事を読む

若きパワー

 昨日と本日 高槻第2中学校の2年生の美女3名が カフェBeで体験学習として カフェで勤務

記事を読む

no image

こんどいつやるの?

 と 何度なくお客様から問われました 「私このへんの近くのものでないのですが イベントする

記事を読む

no image

しまさん おはよう!

 高槻 カフェBeは施設のレストランを利用し 空き時間はカフェを ランチタイムは併用して施

記事を読む

no image

借りをつくること

 読売新聞の編集手帳に書いてありました 生きているということは 誰かに借りをつくること 生

記事を読む

no image

熱いコンサートでした!

  昨日の素晴らしいコンサートでした 出演者の皆さん スタッフ そしてお客様 ほんとうにあ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

カップとスプーンの置き方に決まり事はあるのか

最近、嬉しいことに娘が「お店」に興味を持っているようで、しきりに「大き

ブラックコーヒーを飲むきっかけは何か

僕がコーヒーに興味を持ったのは、高校生の時。 チェーン店であった珈琲

なぜコーヒーは身体に悪いとされたのか

初めてコーヒーを飲んだ記憶、皆さんは覚えておられますか? &nb

→もっと見る

PAGE TOP ↑