*

ハンドボールじゃないよ ハンドピックだよ

プロローグ

コーヒーはコーヒーノキの種子で、つまり農産物です。当然収穫の時には、未成熟の豆や、異物の混入、それから虫食いなどの豆、などなど様々なモノが混ざっています。

 

大農園では電子選別機を常備しているところが多くあり、サイズ分けや異物などの選別などは機械でします。
では機械のないところではどうしているのかというと、写真のように人海戦術でとっていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とっても大変な作業です。

 

日本では手選別のことをハンドピックといいますが、ハワイ島のコーヒー農園で働いているときに「ほんとはハンドソーティング」って言うんだよって教えてもらいました。

 

でも日本ではハンドピックで通っているので、今回の記事ではハンドピックで統一してお話していきますね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

ハンドピック

不良豆を手選別していく作業を「ハンドピック」とコーヒー業界では呼ばれています。それは2段階あって、一つ目は生豆つまり焙煎する前の豆ですね。その時と、焙煎後のコーヒーブラウンになったコーヒー豆の時と2回です。 不良豆=美味しくない豆、持ち味をちゃんと発揮できない豆

 

で、いわゆる特級クラスのコーヒー(マイクロロットとかスペシャルティコーヒーとか呼ばれています)では、ほとんど機械なり、人であり、ハンドピックを完了させていることがほとんどです。(僕の手元に来るのは)

ですから、生豆での段階ではハンドピックは必要ありません。

 

蛇足ですが、人件費と作業時間のことを考えると、先進国の日本より生産地で選別をすましたモノを少々高くても購入する方が、対費用効率で考えると結果リーズナブルになる、というのが僕の考えです。

作業はどうしているのか

僕の場合、焙煎している間にハンドピックをすましています。1回の焙煎時間はインターバルも含めて17,8分ですので、その間に前回に焙煎したコーヒー豆をハンドピックします。

 

プラスチックの黒の1辺40cmの長方形の盆栽用受け皿に、目に優しい色である薄茶色の紙を貼り付けています。その上に焙煎豆をダァーと広げます。

IMG_4559
ここでコツは 全体を見るときは一瞬で判断する ということです。

 

全体を見てちゃんと焙煎色になっていないコーヒー豆を見抜き、素早く取り除いて行くわけですが、ゆっくりじっと見ているとだんだん迷いがでてきます。迷わないために全体を見て、一瞬の判断ですすめて行く方が少々仕上がりは荒くなるかもしれませんが短時間で決着がつきます。

 

これはいろんな事にも応用できますので、要チェックです。「全体を判断するときは一瞬の判断を大事にする。」

 

先ほども書きましたように 焙煎後のハンドピックの対象は焙煎色していないコーヒー豆。正常な成長をしていないものはきちんと色が着かず、周りと違う淡い色をしています。美味しくないので取り除きます。
後は石やコーンなども(ほんとに稀ですが)入っていて粉砕する機械、コーヒーミルの歯を痛めてしまうので、これもきちんと除去します。

 

エピローグ

コーヒー屋さんでビンやショーケースに、コーヒー豆があまりにもマンダラな色になっている場合は明らかに手選別、ハンドピックをしていないことの証左でありそれは手抜きなので、コーヒー豆を買うときはこの記事を参考にし、よく見て購入してくださいね。

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ハンドドリップの時のお湯の温度は計る必要はあるの?

このドリップするときのお湯の温度、のこともお客さんからよく聞かれる質問の一つです。 皆さんはどうさ

記事を読む

コーヒー豆を購入する量は1回でどれくらいがいいのか?

プロローグ コーヒー豆の販売を専門にして島珈琲を立ち上げ、もうすぐ14周年を迎えようとしています。

記事を読む

アイスコーヒーはなぜ深焙煎のコーヒーを使うのか?

プロローグ アイスコーヒーはなぜテカテカに光る深焙煎の苦めのコーヒー豆がいいのか? 深焙煎でない

記事を読む

コーヒーの焙煎っていう言葉は浸透してるのか

プロローグ 僕がコーヒーの焙煎に興味を持ち始めた頃は2000年代に入る少し前、1990年の中盤でし

記事を読む

豆乳ラテ ぬる燗

  ぷれいすBeを利用するHさん 障害特性からなんでもイッキで飲んでしまうため あったかす

記事を読む

何を信用していいのか、わからない

プロローグ コーヒー屋はお山の大将である。これが僕のひとつの持論なのですが、何でそんなことを唐突に

記事を読む

焙煎機の排気力を10%アップさせる簡単な方法

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です たまにはプロらしく(いつもプロでないのかっ!

記事を読む

コーヒーにはどんな水がいいのか?コーヒーと水の関係

プロローグ セミナーを開催するといいことがあります。さて、なんでしょう? そうです!いろんな質問

記事を読む

道具はいつもピカピカに 道具は職人の魂ですからね

プロローグ お客さまや機械関係の方によく言われます。「島さん、いつもマシンをピカピカにしてはるね~

記事を読む

コーヒーミルの価格 高い、安いは差はなんだろう?

プロローグ コーヒーの味わいって、コーヒーミルの性能もかなり左右するのは事実です。 &nbs

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
お店をするのに大切なことは何?

久々に飲み過ぎました。 昨晩、飲み会がありました。  

島珈琲のコーヒーが飲めるカフェ 芦屋編 ~ブックカフェ三日月と太陽~

先日、お休みを利用して芦屋に行って来ました。 芦屋には僕の友達が経営

コーヒーの味わいにおける「からい」ってなんですか?

昨日はお休みでした。 娘の幼稚園も振替休日でお休み。 &nbs

お店が閑古鳥の時、僕はどんなことを考えているのか

お商売を長くしていると、季節によって流れがあるのを知り、この月は繁忙期

コーヒーの実の収穫って大変なんです!のお話

昨日ツイッターに、このツィートをしたところ興味を持ってくださった方がお

→もっと見る

PAGE TOP ↑