*

ナチュラル と ウオッシュ コーヒーの精製法

プロローグ

コーヒー生豆が日本に届くまで ほんとにいろんな行程があり 様々な人の手がかかっています
たった1杯の薫り高いコーヒーを作るのに いったいどれだけの人の数が必要なのか?知れば知るほど感謝の気持ちになってしまいます

 

コーヒー豆を栽培し管理し育て 収穫し 精製する 袋詰め 船積み 日本にやってきて倉庫に到着し それぞれのオーナーさんの手に渡り 焙煎され 粉にして ドリップされる そしてようやくカップにそそがられるわけです

 

こうして書いただけでも多くの行程があり もっと細分化して説明していけば えぇーというくらいいろんな事があるんですね どの行程も事故や間違ったりすると 当然最後のカップに入れたコーヒーの味に影響がでます

 

コーヒーってデリケートでしょ

 

さて そんな中で今日は精製法の違いによる味の違いを簡単に説明したいと思います こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

sk76

 

ナチュラルとウオッシュ 天日式と水洗式の違い

コーヒー豆というのは サクランボのようなにコーヒーチェリーと呼ばれる果実の種なんです サクランボの種と同じように思ってください ただコーヒーチェリーにはサクランボのように果実はあまりついていません
歯で果実を削るように食べたのを記憶しております

 

その種を精製してコーヒー生豆にするのですが 豆を取り出すには皮と実を排除しなければいけません
その時に水を使うか否か それがこの天日式=ナチュラルと水洗式=ウォッシュ(ウォッシュド)の精製の違いになります

 

ブラジルのように水があまり豊富でない国は天日式のほうが盛んですし 水が豊富な国は水洗式の方が盛んです
他にパルプドナチュラルやハニーやスマトラ式というのがありますが ややこしくなるのでここでは説明しません

 

メリット デメリット

天日式はコーヒーチェリーをそのまま乾燥させていきます ちょっと違いますが干し柿のような感じです
コーヒーチェリーのままシートの上で乾燥させていきます デメリットはゴミが混入しやすいことで 石やトウモロコシなどよく混ざっています

 

水洗式は水を使い皮をむいて 約1日くらい発酵させて水洗いしそれを天日で乾燥させます 場合によったら巨大なドライヤーを使って(温風がふくドラムでぐるんぐるん回して乾燥させる)乾燥させているところもあります
こちらは手間暇がかかりますが ゴミなどの混入物は少ないです

この2つはお客様が選べる味の選択ではないので結果あんまり参考にはなりませんが 知識でもっているとコーヒーの世界も広がって楽しいと思いますので 説明を続けますが 味わいの違いとして

 

天日式は水洗式よりも 甘みがあると思います
水洗式は味がクリヤーです

ちょっと見にくいですが ハワイ島で農園で働いていたときの写真です 水を使ってコーヒーの果肉除去の作業している様子です

shishou

 

エピローグ

今日はお買い物にはあまり役に立たない知識ですが(汗) この二つの精製法によって味も違うんだよー
っていうお話でした

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ハンドドリップを上達させるために

プロローグ 8月の終わりを迎え、朝が少し過ごしやすくなっている高槻です。 焙煎が少し楽になってき

記事を読む

焙煎じゃないよ冷却だよ!

   冷却機でぐるぐるしているところを よく焙煎していると思われている方が多

記事を読む

何を信用していいのか、わからない

プロローグ コーヒー屋はお山の大将である。これが僕のひとつの持論なのですが、何でそんなことを唐突に

記事を読む

エキサイト!ボクシングでマンデリンの味わいを表現する

セコナウト セコナウト (セコンドアウト セコンドアウト) ラウンード・エイト。  

記事を読む

コーヒーの美味しい順番は?

プロローグ コーヒーの淹れ方は難しいと言われ、美味しいコーヒーの淹れ方がクローズアップされています

記事を読む

結婚をお手伝いした、ちょっとイイ話

プロローグ 「先日はありがとうございました。おかげ様で上手くいくことができました!」 満面の笑み

記事を読む

焙煎カーブをえがく

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   僕は「人生とはなんぞや」というの

記事を読む

no image

お手軽に♪

 http://shima-coffee.com/quick_coffee.html 皆様

記事を読む

焙煎機の排気力を10%アップさせる簡単な方法

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です たまにはプロらしく(いつもプロでないのかっ!

記事を読む

ブレンド

 昨日 四季菜フレンチ ソレイユのシェフとお話ししていまして シェフが「コーヒーはごまかし

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
焙煎は焙烙(ほうろく)でもできるんですよ

僕は滅多にコーヒー教室をしないのですね。 なんで?と言われるとあまり

コーヒーと健康とダイエットのお話

昨晩、娘が耳が痛いと泣き出す。 奥さんが救急の病院に電話をかけてみる

今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

→もっと見る

PAGE TOP ↑