*

ちょっと知っていると便利 コーヒーギフトを選ぶときに役立つ簡単なこと

プロローグ

島珈琲を開業してからもうすぐ13年になります
最初の頃はギフトはあまり力をいれておらず 力を入れられなかったのは実はギフトを考えたり 包装したりすることが苦手だったからです

IMG_4066

でも お客様から島さんのコーヒーを贈りたい と言われれば僕のハートに火がつきますよね
僕が渾身こめて作り上げた手作りコーヒー 贈る人も贈られた人もハッピーになるように 試行錯誤しながら今の場所に来ています

 

そんな中 贈るのに何を選べばいいのか?がよく分からない とご質問をよく受けますので 今回はギフトを贈る際ちょっと知っていると便利な知識を書きたいと思います
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

 

男女性別年齢別のざっくりした味覚の傾向がある

これは僕が経験して感じたものなので すべてに当てはまるのかどうかは自信ありませんが コーヒーでいうと

・男性は濃い味・苦味があるコーヒーが好きが多い
・女性はさっぱりしている味わいが好き
・男女ともに歳を重ねていくと だんだん薄味が好みになる
・したがってご年配の方はあっさりしたライトな味わいのコーヒーが好き
・男女問わず タバコを吸う方はだいたい濃い味が好きな傾向があります

 

あと男性と女性の決定的な味覚の差があります
基本的に苦味と酸味は食物における危険信号の味ですよね コーヒーは別ですが食物に苦味や酸味があるということは腐敗しているものとし普段は警戒しますね

 

女性は子供を育てる役割から 子供を危険な食物から守るために危険信号である酸味や苦味において 男性よりも鋭くキャッチする味覚を持っています 遺伝子的なモノですね ですから女性の方が酸味や苦味においての味覚は敏感です
酸味や苦味も優しい方が好き という女性が圧倒的に多いです

 

ギフトを選ぶとき

上記のことを参考にして 濃い目のコーヒーかあっさりマイルドなコーヒーを中心にするかを選んでください
贈る人が家族や夫婦の場合がありますよね そんなときは僕の経験から言うと 旦那さんが濃い味が好みの場合 濃い味のコーヒーを作って 奥様は牛乳をいれて飲むという「旦那さんの濃い味にあわす」というのが最も多かったです
ですから 濃い味が70%くらいマイルド30%くらいの比率でギフトの内容を作ってもらうとよいと思います

 

エピローグ

お店によっていろいろ選択できるところもあれば あらかじめ決まってしまっていて選べないところもありますが 「若い夫婦でしっかりした味わいで苦味のあるコーヒーが好みで 3000円くらいのギフトがほしいんですが」と店員さんに言えば スムースに会話が進むかなぁ なんて思います
分からないときは僕に相談してみてください 笑

 

今日はギフトの選び方について書いてみました 参考になれば嬉しいです

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

明日おいしくなーれ

昨日は焙煎機の掃除をしました 技術やテクニックや知識も焙煎には必要ですが 何より一番大事なのは掃除メ

記事を読む

コーヒーを抽出したあとのカス、二次利用はどんなのがいい?

プロローグ 今までブログを書いていて分かったこと、コーヒーの事で知りたい事の上位入る記事は、ドリッ

記事を読む

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。   というのも島珈

記事を読む

コーヒーというものは

コーヒー豆屋をしていると 年齢によって 性別によって 味覚の違いがあり それぞれの大まかな傾向が

記事を読む

牛のよだれ

最近 ありがたいことに フェイスブックやSNSなど経由して たくさんの方にこのブログを見て頂く機会が

記事を読む

コインは投げられた

 裏とでるか 表とでるか 晴れになるか 雨になるか 明日はありがとう祭りの準備が夜遅くまで

記事を読む

コーヒーギフトのパック詰めは、出荷当日行います!!

プロローグ 僕にしたら当たり前のことなんですけど、ひょっとしたらあまりご存じないかもしれないと思っ

記事を読む

想定外!想定外!

 最近 遠方より島珈琲にご来店くださるお客様が増えまして 今日は岡山から わざわざ岡町本店

記事を読む

「島さんのコーヒーは手挽きミルで挽くとすごく軽いですね。」の謎にせまる

プロローグ 別名ゴリゴリと呼ばれている手挽きミル。手挽きの良いところは、手作り感があるとこ。1杯1

記事を読む

お商売は水物 でも心は水物にしないために

プロローグ 「水」は「勝負は水物だ」と言われるような、運次第で大きな利益を得たり、逆に損失をこうむ

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
中煎りと深煎りのコーヒー豆 どっちが人気があるの?

昨日は休日でしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボしているカフェBe

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェ

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。 &n

島さんは、コーヒーの味わいはどこで決まると思ってますか?

今日は娘の保育園の卒園式です。 その後は、奥さんが娘と一緒に幼稚園の

昔のコーヒーは美味しかった!は、ほんとうなのか?

本日はこんなツィートをしました。    

→もっと見る

PAGE TOP ↑